海外のGeForce公式フォーラムに投稿された不具合情報です。目に付いた不具合書き込みをざっくり意訳。真偽のほどは定かではありません。ご覧いただいた方の判断にお任せします。同様の不具合をお持ちの方の参考になりましたら幸いです。

更新履歴
初版


NVIDIA公式: 既知の不具合 (リリースノート + フォーラム)

<Windows10>
PLXチップを搭載したマザーボードで複数のGPUを使用するとランダムにDPC watchdog violationエラー(BSoD)が発生します。一時的な対処方法としてMSI utilityを使用してMSIモードを有効にします。インストールされている各NVIDIA GPUにのみ変更を適用してください。
・FirefoxとSteamでリンクの上にマウスカーソルをホバリングすると、カーソルの表示がおかしくなります。
・HDRとSLIが有効な環境でバトルフィールド1をプレイ時、ゲーム内設定で144Hzから120Hzに変更するとディスプレイの表示がピンクになります。
・416.34以降を適用したGTX 780環境だとデスクトップなどでの動きがラグくなります。 [New]
・RTX 2080 / 2080 TiでSLIの有効/無効を切り替えたあと、PCを再起動しないとシングルGPUパフォーマンスが約10%低下します。 [New]
・GK104/GM107/GK110カードでHDMIを使用し、4K@60Hzに設定すると緑色の画面になる場合があります。4K@30Hzは問題ありません。 [New]
・Turingカード環境でFallout 4のWeapon Debrisを有効にするとゲームがクラッシュします。 [New]
・Tom Clancy's The DivisionをDirectX12モードでプレイするとフリッカーが発生したり表示がおかしくなったりします。 [New]
・Turingカード環境でCSMが無効だと、PC起動時にEventid 14エラーが発生します。 [New]
・Total War: Warhammer IIをDirectX12でプレイするとメモリリークが起こります。 [New]

<Windows7 / 8.1 / 10共通>
・ゲーム終了後にG-Syncが解除されません。


ユーザー報告

<Windows10>
・ゲームウィンドウがアクティブになっていないとRise of the Tomb Raiderがハングアップする場合があります。使用カードはGTX 1080です。399.24ではこの問題は発生しません。アクティブ/非アクティブを切り替えて実証したものが以下の動画です。


・G-Syncを有効にしていると、全ての4xxドライバで以下のちらつきが発生します。

使用カードはGTX 1080、モニタはAcer Predator Z271 144Hz G-Syncです。

・BF5でキャラクターフェイスにちらつきが発生します。DirectX12 APIを使用するとバックグラウンドで黒いちらつきが発生します。


416.81で多くの不具合が修正されましたが、新たな不具合も多めとなっています/(^o^)\ 既知の不具合がないドライバを見てみたいものです……。

関連記事
【GPU】 GeForce 416.81 WHQLドライバ公開