Windows10用2018年10月度の更新プログラムを適用後、一部の環境で既定のアプリを設定できなくなるという不具合が発生しています。対象となるOSバージョンおよび更新プログラムは以下です。

OSバージョン 2018年10月10日配信分 2018年10月25日配信分
Windows10 v1809
October 2018 Update
KB4464330 配信なし
Windows10 v1803
April 2018 Update
KB4462919 KB4462933

Microsoftはこの不具合を認識しており、2018年11月下旬のWindowsUpdateで修正を予定しています。

Microsoftによると、何回か設定すると上手くいく場合もあるかもしれないとのことですが、確実な回避策は案内されていません。おそらく、該当KBをアンインストールすることで直るものと思われますので、お困りの方はアンインストールをお試しください。 (注: ただし、次回WUまで2018年10月度のセキュリティアップデートで塞がった穴は開いたままになります)

上手くいったら該当KBが再度入ってこないよう非表示入りにしましょう。非表示入りにはMicrosoft公式ツールの『wushowhide.diagcab』でもできますが、サードパーティ製の『Windows Update MiniTool』の方が直感的にわかりやすく高機能で便利です。

< Update 2: 修正済み >
この不具合は以下の更新プログラムにて修正されました。これら以降の更新プログラムを適用していると、この不具合は発生しません。

OSバージョン 2018年11月28日配信分 2018年12月6日配信分
Windows10 v1809
October 2018 Update
配信なし (未修正) KB4469342
Windows10 v1803
April 2018 Update
KB4467682 -

関連記事
【Win10】 Windows10 v1809 October 2018 Updateの不具合情報等の記事一覧