2019年10月9日に配信されたWindows10各バージョン用更新プログラムの修正内容に以下の一文が含まれています。
  • 印刷ジョブの処理にJavsScriptエンジン(jscript.dll)を使用するアプリケーションおよびプリンタドライバの問題に対処します。
2019年9月24日の更新プログラムより印刷が正常に行えなくなる不具合が発生し、10月4日の更新プログラムで直したとされていましたが、その後も印刷が正常に行えないという不具合報告は続いていました。そして今回の更新プログラムにこの一文。どうやらと言いますか、やはりと言いますか、10月4日の更新プログラムは不完全だった模様です。

10月9日分の更新プログラム公開から約18時間経過時点では、10月9日分の更新プログラムを適用して印刷の不具合は発生しなくなったとの報告がチラホラ出ています。印刷の不具合は無事修正された模様です。

以下、各バージョン用KB等、情報のまとめになります。

Win10
バージョン
不具合発生KB 修正KBその2 不具合内容
v1903 KB4524147
(2019年10月4日修正KBとして公開)
KB4517211
(2019年9月27日公開)
KB4522016
(2019年9月24日公開)
KB4517389
(2019年10月9日公開)
【不具合概要】
印刷が失敗したりキャンセルされる場合があります。その際、一部のアプリケーションが閉じたりエラーが発生する場合があります。印刷ユーティリティによってはリモートプロシージャコールエラー(RPCエラー)が表示される場合もあります。

2019年10月4日公開の修正KBを適用しても印刷に失敗する。

【回避策】
左記の10月9日公開分の修正内容に 「印刷ジョブの処理にJavsScriptエンジン(jscript.dll)を使用するアプリケーションおよびプリンタドライバの問題に対処します」 の一文あり。

10月9日公開分を適用すれば直る模様です。
v1809
KB4524148
(2019年10月4日修正KBとして公開)
KB4516077
(2019年9月25日公開)
KB4522015
(2019年9月24日公開)
KB4519338
(2019年10月9日公開)
v1803

KB4524149
(2019年10月4日公開修正KBとして公開)
KB4516045
(2019年9月25日公開)
KB4522014
(2019年9月24日公開)
KB4520008
(2019年10月9日公開)
v1709

KB4524150
(2019年10月4日修正KBとして公開)
KB4516071
(2019年9月25日公開)
KB4522012
(2019年9月24日公開)
KB4520004
(2019年10月9日公開)
v1703

KB4524151
(2019年10月4日修正KBとして公開)
KB4516059
(2019年9月25日公開)
KB4522011
(2019年9月24日公開)
KB4520010
(2019年10月9日公開)
v1607

KB4524152
(2019年10月4日修正KBとして公開)
KB4516061
(2019年9月25日公開)
KB4522010
(2019年9月24日公開)
KB4519998
(2019年10月9日公開)
v1507
KB4524153
(2019年10月4日修正KBとして公開)
KB4522209
(2019年9月24日公開)
KB4520011
(2019年10月9日公開)

更新履歴
① KB公開から18時間経過しましたが、今のところ印刷による不具合報告は見かけません。10月9日公開分適用で印刷の不具合は発生しなくなったとの報告がチラホラ出ています。今回ので直った模様です。それに伴い、記事内容を修正。