ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    カテゴリ: Win10チューニング



    MicrosoftはWindows10 v1809 October 2018 Updateと『iCloud for Windows』(v7.7.0.27)に互換性がないことを発表しました。v1809 October 2018 Updateを適用すると、iCloud for Windowsが正常に動作しなくなる場合があるとのこと。

    そのため、問題が解決するまでiCloud for Windowsをインストールしている環境にはv1809 October 2018 Updateの配信が停止されており、また、ISOファイルやMedia Creation Toolなどを使用した手動インストールも推奨されていません。

    現在、MicrosoftはAppleと協力して問題解決にあたっているとのことです。

    関連記事
    【Win10】 Windows10 v1809 October 2018 Updateの不具合情報等の記事一覧



    Windows10 v1809 October 2018 Updateを適用後、エクスプローラからネットワークドライブにアクセスができなくなるなど、ネットワークドライブが機能しなくなるという不具合が発生しています。この不具合に遭った場合、下記ページに書かれている方法で対処するようMicrosoftは案内しています。
    驚くことにMicrosoftはこの不具合の修正を2019年に行うアナウンスしています。2018年内の修正を既に諦めています。また、2019年の『いつ』とも言及されておらず、長期にわたって不具合が残り続ける可能性があります。

    この不具合にお困りの方で、上記ページを見て対処不能と感じた場合は、v1803に戻すのが手っ取り早いかもしれません。


    < Update 1: 11月中に修正予定 >
    当初は 「2019年に修正を行う」 というやる気のないアナウンスしていましたが、2018年11月17日付けで 「2018年11月末までに解決策を提供する」 とアナウンスが変更されました。

    関連記事
    【Win10】 Windows10 v1809 October 2018 Updateの不具合情報等の記事一覧



    Windows10 v1809 October 2018 Update適用後、タッチキーボードに多数の不具合が発生しています。現在確認されている不具合は以下となります。
    不具合①は詳細のリンク先にて回避策が案内されていますが、2018年11月18日時点で不具合②および③の回避策はありません。Microsoftはこれらの不具合を調査しており、進展があり次第、上記リンク先にて案内を予定しています。

    関連記事
    【Win10】 Windows10 v1809 October 2018 Updateの不具合情報等の記事一覧



    2018年11月14日に配信されたWindows10 v1809 October 2018 Update用更新プログラムKB4467708(およびKB4464455ISOファイル)にて、問題になっていた以下の不具合が修正されました。
    他にも修正された不具合が判明しましたら記事を随時更新いたします。

    備考: KB4467708をインストールすると最終的には適用されるものの、なぜか1回失敗するという現象が発生中です。原因は不明です。

    関連記事
    【Win10】 Windows10 v1809 October 2018 Updateの不具合情報等の記事一覧



    勝手にファイル削除バグが原因で公開・配信を停止していたWindows10 v1809 October 2018 Updateですが、2018年11月14日よりISOファイルが再公開されました。再公開されたISOファイル(および2018年11月度WUのKB4467708KB4464455)にて修正された不具合は下記の記事をご覧くださいませ。
    試したい方は下記よりダウンロードをどうぞ。

    Windows10 64bit用 v1809 October 2018 Update
    https://software-download.microsoft.com/pr/Win10_1809Oct_Japanese_x64.iso?t=a3d55afa-48eb-4746-9712-4eff54e847e9&e=1542304346&h=8abf106dea83fb090abdde3dcd276c31

    Windows10 32bit用 v1809 October 2018 Update
    https://software-download.microsoft.com/pr/Win10_1809Oct_Japanese_x32.iso?t=a3d55afa-48eb-4746-9712-4eff54e847e9&e=1542304346&h=c6a5b317e9db11b4fce30990a55a3a2a

    この直リンクは2018年11月16日AM02:52まで有効です。

    それ以降はMS公式ページからどうぞ。Windowsからアクセスすると直接ISOのダウンロードはできず、Media Creation Toolのダウンロードを案内されますが、ブラウザのユーザーエージェントをMAC等にすれば直接ISOのダウンロードができます。
      MACのユーザーエージェント
      Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_6) AppleWebKit/604.1.38 (KHTML. like Gecko) Version/11.0 Safari/604.1.38
    関連記事
    【Win10】 Windows10 v1809 October 2018 Updateの不具合情報等の記事一覧



    Windows10用2018年10月度の更新プログラムを適用後、一部の環境で既定のアプリを設定できなくなるという不具合が発生しています。対象となるOSバージョンおよび更新プログラムは以下です。

    OSバージョン 2018年10月10日配信分 2018年10月25日配信分
    Windows10 v1809
    October 2018 Update
    KB4464330 配信なし
    Windows10 v1803
    April 2018 Update
    KB4462919 KB4462933

    Microsoftはこの不具合を認識しており、2018年11月下旬のWindowsUpdateで修正を予定しています。

    Microsoftによると、何回か設定すると上手くいく場合もあるかもしれないとのことですが、確実な回避策は案内されていません。おそらく、該当KBをアンインストールすることで直るものと思われますので、お困りの方はアンインストールをお試しください。 (注: ただし、次回WUまで2018年10月度のセキュリティアップデートで塞がった穴は開いたままになります)

    上手くいったら該当KBが再度入ってこないよう非表示入りにしましょう。非表示入りにはMicrosoft公式ツールの『wushowhide.diagcab』でもできますが、サードパーティ製の『Windows Update MiniTool』の方が直感的にわかりやすく高機能で便利です。



    2018年11月8日からWindows10 Proで、ライセンス認証エラー(エラーコード:0xC004C003)になったり、ProエディションなのにHomeと誤認されたりする不具合が日本やアメリカなど多くの国で発生しています。

    原因はMicrosoftのアクティベーションサーバーに問題が発生しているためです。現在、Microsoftはサーバーの復旧にあたっており、1~2日中には問題が解決される見込みとのことです。

    < Update 2: 復旧 >
    サーバーが復旧しました。Microsoftによると放っておいても24時間以内に自動でライセンスの認証が行われるとのことです。以下の手順を行うことで、手動で即座に認証させることも可能です。
      認証手順:
      [設定] → [更新とセキュリティ] → [ライセンス認証] → [トラブルシューティング]

    このページのトップヘ