ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    お知らせ: 4月5日頃からWin7/10でユーザープロファイルの突然死、4月度のWUではWin10でPhotoshop+Wacomでブラシ死亡、Win7で再起動ループの不具合が出ています。お気をつけくださいませ。

    カテゴリ: Linux奮闘記



    ペアリング済のレシーバーをdebian8.6KDE機に繋げたら何もせずとも動きました完。


    …………。


    これだけではアレなので、debian8.6KDE機のみでペアリングさせる方法も載せておきます。方法はめちゃめちゃ簡単です。

    まず、M570tの電源をオフ状態にしておいて、Solaarというソフトをインストールします。
    ▼ 続きを読む



    そうだ、debianにSteamクライアントをインストールしよう。ということで、インストール作業を始めたらコケまくりィ!以下、コケないようにするための手順になります。

    前提として、rootでGUIログインはNGです。Steamはrootでは動かせまてん。まずはsudoの有効化から。
    ▼ 続きを読む



    VLCはrootでは起動できません。rootで起動するためにはターミナルで下記の呪文を入力する必要があります。

    sed -i 's/geteuid/getppid/' /usr/bin/vlc


    一度この呪文を入力すると、以降はrootでGUIログインしていてもVLCが起動するようになります。この呪文が何をしているかと申しますと、知らん。うん、はい、わかりまてん…ごめんなさい…

    海外の優しいお兄さんが


    (ソース:http://unix.stackexchange.com/questions/125546/how-to-run-vlc-player-in-root)

    「ラズパイ+VLC2.0.3はこれで起動したよ!」と書いており、debian8.5KDE+VLC2.2.4で試してみたら無事起動しました。他のディストリでもたぶんイケるような気がします。無理だったらごめんなさい…

    関連記事
    【Linux奮闘記】 debian8.5KDEの「最近使ったもの」の文書履歴を残さないようにする方法
    【Linux奮闘記】 debian8.5KDEでスタートメニューの表示を早くする方法
    【Linux奮闘記】 debian8.5KDEにrootでGUIログインする方法



    最近使ったもの(意味深)

    この履歴を残さないようにしましょう。方法は簡単です。まずは



    文書をクリアします。その後、ターミナルを起動して

    chmod -w ~/.kde/share/apps/RecentDocuments/

    と打ち込んでエンターを押すだけでございます。元に戻したくなったら

    chmod +w ~/.kde/share/apps/RecentDocuments/

    と打ち込めばまた履歴が残るようになります。お疲れ様でした。

    以下、個人的未解決メモ。
    ・rootでのGUIログインだとこの方法では履歴を残さないようにできない。ぐぬぬ…
    ・アプリケーションの履歴を残さないようにする方法は謎

    関連記事
    【Linux奮闘記】 debian8.5KDEでスタートメニューの表示を早くする方法
    【Linux奮闘記】 debian8.5KDEにrootでGUIログインする方法

    この記事はdebian8.5KDEでスタートメニューをWindowsでいうところの「Classic Shell」なスタイルに変更して、尚且つスタートメニュー内でマウスカーソルをホバーした際に、



    ↑赤枠の部分が表示されるまでの時間を最速にしたい人向けの内容になります。

    上記のようなスタートメニューへの変更方法は、スタートボタンで右クリックを押せばメニューが出てくるので「従来のメニューに切り替え」を選択するとクラシックなスタイルになります。

    それではまずはGUIでの設定から。
    ▼ 続きを読む



    最初に。この記事はrootでのログインをオススメするものではありません。やんごとなき事情や宗教上の理由等で、どうしてもrootでグラフィックログインしたい場合の参考にどうぞ。

    /////////////////
    デスクトップ上で適当に右クリックして「コマンドを実行」

    kdesu dolphin

    と入力してrootでファイルマネージャを開く

    /etc/kde4/kdm/kdmrc

    をダボォクリック

    AllowRootLogin=false

    の部分を

    AllowRootLogin=true

    に書き換えて上書き保存

    再起動 ⇒ ユーザ名:root パスワード:ほにゃらら

    ミッションコンプリート
    /////////////////



    Linuxには「.run」というファイルがあり、Windowsみたいにダボォクリックしただけでは実行できません。ゲーマー勢に代表的なものだとTeamSpeak3のクライアントが.run形式になります。

    .runファイルをインストールするにはターミナルからコマンド入力をする必要があります。毎回、忘れていて「ど、どうやってインストールするんや…」とその都度ぐぐっている人がいるらしいです私です。ということで以下、.runファイルのインストール方法になります。

    <.runファイルのインストール方法>
    仮に「/home/ユーザ名/app/落としてきた.run」があった場合。

    ターミナルを起動して

    cd /home/ユーザ名/app
    chmod +x 落としてきた.run
    sudo ./落としてきた.run

    これでインスコ完了です。


    <オマケという名の自分用メモ: TeamSpeak3のインストール後から起動まで>
    上記の手順を実行後、TeamSpeak3はまだインストールが完了しません。Englishが表示されるので

    ENTER ⇒ Q ⇒ Y ⇒ ENTER

    の順番でキーボードを叩けばインスコ完了、実行は

    /home/ユーザ名/app/TeamSpeak3-Client-linux_amd64/ts3client_runscript.sh

    をファイルマネージャからダボォクリックなり、ショトカを作るなり。

    (注:Lubuntu16.04では起動できたものの、Vine Linux6.3では起動しませんでした)


    Advertisements


    このページのトップヘ