ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    カテゴリ: ハードウェア全般



    Surface Pro 4の液晶の欠陥について覚えているでしょうか。

    上記動画を再生していただければわかりますが、Surface Pro 4は液晶の表示が乱れるという欠陥を抱えており、冷凍庫に入れると表示の乱れがピタリと収まることから、Surface Pro 4内のチップの過熱が乱れの原因と考えられています。

    これまでの経緯は下記の記事を時系列順にご覧くださいませ。
    この欠陥は2017年1月にMSフォーラムに報告されて以降、『同じことが知りたい』数は2018年5月12日時点で2878件にもなっており、非常に多くの被害者がいることが窺えます。Microsoftはこの欠陥をずっと放置していましたが、ついに欠陥を認め、対応することをやっと発表しました。
    ▼ 続きを読む


    (画像クリックでAmazonへ)

    Amazonタイムセール祭りにて、各社のゲーミングPCが多数登場しています。例えば上記画像左下、97,980円の『ASUS M80CJ-I5G1060/A』だと、



    通常価格は113,200円なので、15,220円お安くなっています。ゲーミングPCを検討されている方はこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。セール期間は4月25日23時59分までのため、下記リンクよりお早めにどうぞ!


    (画像クリックでAmazonへ)

    Amazonタイムセール祭りにて、Ankerの超大容量モバイルバッテリー『PowerCore Elite 20000』が25%引きの3,749円で登場しています。スマホヘビーユーザーの方や、モバイル機器のバッテリー残量が気になる方はこの機会にいかがでしょうか。

    セール期間は4月24日23時59分までのため、下記リンクよりお早めにチェックをどうぞ!



    DRAMeXchangeによると、2018年3月20日にMicronの台湾工場で異常が発生し、稼動が停止されたという。設備の復旧は終えているものの、全面稼動は4月上旬になり、この影響から、2018年Q2(4-6月)のDRAM価格は3%上昇すると予想されています。

    なお、2018年Q1(1-3月)のDDR4 4GBモジュールの価格は、2017年Q4(10-12月)から5%上昇しているとのことです。

    Amazonタイムセール祭り最終日となる本日の特選タイムセールに、Samsungの大容量microSDカードが登場しました。


    (画像クリックでAmazonへ)

    64GBモデルとなる『MB-MC64GA/ECO』は700円ほどの値引きですが、大容量の256GBモデル『MB-MC256GA/ECO』は5,000円引きと非常にお買い得になっています。期限は3月25日23時59分までのため、下記リンクよりお早めにチェックをどうぞ!


    (Source:DigiTimes / MarketWatch)

    2018年2月のDDR4チップの平均単価は1月から1.1%上昇し、第1四半期(1~3月)の上昇率は3~5%になることが予想される。1月中旬に300ドルで販売されていた32GBのサーバモジュールは、現在310~315ドルにて販売されている。

    上記内容がDigiTimesおよびMarketWatchにて報じられました。2017年10月時点で2018年も値下げの気配は無いと言われていましたが、その予想どおりに現在も値上げが続いているようです。


    (画像クリックでAmazonへ)

    Amazonタイムセール祭りにて、Logicoolのキーボード・マウス各種が特選タイムセールに登場しています。例えば、左上のワイヤレスキーボードK270だと、通常時は



    このお値段なので25%お得になっています。その他のラインナップは下記のリンクからどうぞ! セール期限は3月2日23時59分までになります。


    (Source:ASRock)

    ASRockはMicro STXの小型ベアボーンキット『DeskMini GTX/RX (Z370)』シリーズを発表しました。チップセットはZ370を採用し、GPUはMXMフォームファクタのGTX 1080またはGTX 1060を搭載しています。

    GTX 1080 / 1060を搭載しながらもそのサイズは他社製品と比べて小型となっています。



    メモリはDDR4-2666 SO-DIMMに対応し最大32GB、ストレージ周りはSATA3.0 x2、M.2スロット x3。CPUに関してはTDP65Wまでとされているためチョイスには注意が必要です。

    なるべく小型でパワフルなゲーミングマシンを作りたいという人には良い選択肢になりそうですね! なお、各ラインナップの発売時期と価格はまだ明らかになっていません。


    Advertisements


    このページのトップヘ