ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    カテゴリ: GeForce



    海外のGeForce公式フォーラムに投稿された不具合情報です。目に付いた不具合書き込みをざっくり意訳。真偽のほどは定かではありません。ご覧いただいた方の判断にお任せします。同様の不具合をお持ちの方の参考になりましたら幸いです。

    更新履歴
    初版

    ▼ 続きを読む
     



    『FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION』DLSSベータ版をサポートしたGeForce 417.35ドライバが公開されました。リリースノートによると下記の不具合が修正されています。


    [ 修正された不具合 ]
    ・TITAN XpのSLI環境だとドライバインストール後にSLIがデフォルトで無効になる問題
    ・TITAN V環境でNVIDIAコントロールパネルを開くとGPU使用率のページが開かない問題
    ・Rocket Leagueがホワイトスクリーンで起動してクラッシュする問題
    ・バトルフィールドVでAnselが正常に動作しない問題
    ・HITMAN 2でテクスチャがちらついたり表示がおかしくなる問題
    ・ノート環境で3Dゲームのフレームレートが30fps以下に低下する問題

    ドライバのダウンロードは下記のサイトからどうぞ。

    417.35 WHQL Windows7 / 8.1 64bit版
    https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/141175/jp
    417.35 WHQL Windows10専用 64bit版
    https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/141211/jp

    2018/12/14追記
    不具合情報を書きました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。
    関連記事
    【GPU】 GeForce 375.70 ドライバ以降に導入されたテレメトリの無効化方法



    (Source:VideoCardz)

    海外メディアのVideoCardzによりGigabyte GeForce RTX 2060 OCモデルの写真とスペックがリークされました。判明しているスペックはCUDA数が1,920で、VRAMが6GB GDDR6。このOCモデルでは電源コネクタが8pinになっていますが、リファレンス仕様では6pinになるものと予想されています。

    RTX 2060 RTX 2070 RTX 2080 RTX 2080 Ti
    CUDA 1,920 2,304 2,944 4,352
    VRAM 6GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 11GB GDDR6
    電源コネクタ
    (リファレンス仕様)
    6pin x1 (推定) 8pin x1 8pin x1 + 6pin x1 8pin x2

    RTX 2060はFF15ベンチマークにてGTX 1070に近い性能を見せており、OCモデルではGTX 1070と並ぶ性能が期待されています。


    (画像クリックでAmazonへ)

    Amazonサイバーマンデーセール2018にて、ゲーミングモニタや電源、グラフィックスカードにゲーミングデバイスなど、ゲーミング関連商品がお買い得価格で多数登場しています。各商品、非常にお安くなっていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか!

    セール期間は12月8日(土)23時59分までのため、下記リンクよりお早めにどうぞ!



    海外のGeForce公式フォーラムに投稿された不具合情報です。目に付いた不具合書き込みをざっくり意訳。真偽のほどは定かではありません。ご覧いただいた方の判断にお任せします。同様の不具合をお持ちの方の参考になりましたら幸いです。

    更新履歴
    初版

    ▼ 続きを読む



    NVIDIAはTuringアーキテクチャを採用した『TITAN RTX』を発表しました。スペックは以下になります。

      TITAN RTX RTX 2080 Ti
    (Reference & Founders Edition)
    CUDA Cores
    (single precision)
    4,608 4,352
    Graphics Processing Clusters 6 6
    Texture Processing Clusters 36 34
    Streaming Multiprocessors 72 68
    Tensor Cores 576 544
    RT Cores 72 68
    Base Clock 1,350 MHz 1,350 MHz
    Boost Clock 1,770 MHz 1,545 MHz
    (Reference)
    1,635 MHz
    (Founders Edition)
    Memory Clock 7,000MHz 7,000MHz
    VRAM 24 GB GDDR6 11 GB GDDR6
    TDP 280W 250W
    (Reference)
    260W
    (Founders Edition)
    価格 2,499ドル 999ドル
    (Reference)
    1,199ドル
    (Founders Edition)
    発売日 未定 2018年9月

    全体的にRTX 2080 Tiのひとまわり上のスペックとなっており、お値段は2,499ドルNVIDIAの直販サイトで予告されています。ドル価格でこのお値段ということから、国内価格はとんでもないことになることが予想されます。



    『Battlefield V Tides of War Chapter 1: Overture』に最適化されたGeForce 417.22ドライバが公開されました。リリースノートによると下記の不具合が修正されています。


    [ 修正された不具合 ]
    ・スリープモードから復帰後、モニタのリフレッシュレートを高くすると表示がおかしくなる問題
    ・NVIDIAコントロールパネルに表示されるオーバークロックされたメモリクロックが誤った数値を示す問題
    ・RTX 2080 Ti環境でHellblade: Senua's Sacrificeがクラッシュする問題
    ・BenQ ZOWIE XL2730でリフレッシュレートを144Hzに設定するとブラックスクリーンになる問題
    ・NVIDIAコントロールパネルに表示されるメモリデータレートが異常な数値を示す問題 (417.21 Hotfixで修正分)
    ・Microsoft Edgeで動画再生をするとMicrosoft Edgeがフリーズする問題 (417.21 Hotfixで修正分)
    ・417.01適用後、カラーフォーマットがおかしくなる問題 (417.21 Hotfixで修正分)

    ドライバのダウンロードは下記のサイトからどうぞ。

    417.22 WHQL Windows7 / 8.1 64bit版
    https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/140571/jp
    417.22 WHQL Windows10専用 64bit版
    https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/140607/jp

    2018/12/5追記
    不具合情報を書きました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。
    関連記事
    【GPU】 GeForce 375.70 ドライバ以降に導入されたテレメトリの無効化方法



    NVIDIAはTITAN RTXを準備しており、各方面の著名人に配布し、動画やSNS等でさりげなく(非常にわざとらしく)チラ見せを行うというマーケティングを展開しています。



    (Source:Linus Tech Tips / @GavinFree / @AndrewYNg)

    これらは所謂『リーク』ではなく、NVIDIA主導によるマーケティングのため、そう遠くないうちにスペック等の詳細が発表されるでしょう。

    2018/12/4追記
    NVIDIAがTITAN RTXを発表しました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。
     

    このページのトップヘ