ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    カテゴリ: レジストリ



    ファイルのプロパティを見ると『アクセス日時』というのがあります。

    t

    これは文字通り、そのファイルにアクセスした日時を示すものですが、SSDを使用している場合、アクセスしただけでむやみに更新されるとSSDの寿命を縮めることになるため、無効が望ましい設定となっています。

    この設定はWindows7以降はデフォルトで無効になっているので、基本的にはノータッチで問題ありません。
      後述しますが、SSDにWin10A2Uをインストールした人は要注意です。A2Uではデフォルトで有効になっている場合があり、アクセス日時の更新が行われてSSDが無駄に消耗されているかもしれません。ちょっと長いですが、最後までご覧いただければと思います。理屈抜きでサクッと対策をしたい場合はコマンドプロンプト(管理者)を起動して『fsutil behavior set disablelastaccess 1』と入力してください。これで無駄に消耗されることはありません。
    逆に有効にしたい場合は、レジストリエディタを開いて、



    『HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem』の『NtfsDisableLastAccessUpdate』の値を変更することで無効/有効が切り替えられます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem
    NtfsDisableLastAccessUpdate


    0 → 有効 / アクセス日時を更新する
    1 → 無効 / アクセス日時を更新しない (デフォルト値)

    Windows10 v1709 Fall Creators Updateまではこの設定方法でした。

    ここからが本題ですが、Windows10 v1803 April 2018 Update(以下、Win10A2U)ではこのレジストリ項目の値に変化がありました。
    ▼ 続きを読む
     



    Windows起動時に 「User Profile Serviceサービスによるログオン処理に失敗しました」 といったようなメッセージが表示されたりしてユーザープロファイルが吹っ飛んだとき、レジストリをちょいといじるだけで復旧できる場合があります。その手順をご紹介。

    なお、この復旧方法は対症療法です。ユーザープロファイルが吹っ飛ぶ根本的な原因をどうにかしないかぎり、再発する可能性があることをご留意ください。
    ▼ 続きを読む

    エクスプローラなどから複数のファイルを選択して、右クリックでコンテキストメニューを開くと、15ファイルまでは



    『開く』があり、普通に開くことができます。しかし、16ファイル以上になると、



    コンテキストメニューからは開けません。『開く』が消えてしまいます。なぜ、このようなことになっているのか。仕様です。

    マウス操作だけで多くのファイルを一気に開こうとした際に、この15ファイル制限が不便に感じる場合があるかもしれません。この制限が不便と感じた人は、制限を解除してしまいましょう。
    ▼ 続きを読む



    Windows7 ⇔ Windows10間でUSBメモリや外付けSSDなどを使ってファイルのやりとりをすると、使用したUSBメモリやストレージが読み込めなくなる場合があります。Windows7とWindows10ではNTFSが使用するLFS(ログファイルシステム)のバージョンが違うため、このような問題が生じます。

    打開方法は、Windows10の高速スタートアップを無効にするか、Windows10側の下記のレジストリを編集することで対処可能となっています。
    ▼ 続きを読む

    a

    ↑一番左の240 240 240が各インターフェイスで使われるデフォルトの灰色になります。で、古いTNだったり白っぽいTNモニタだと灰色が見づらいことありませんか。あります。では濃くしましょう。変更方法は簡単です。
    ▼ 続きを読む



    上記ファイルの並び順、左右でどちらが見やすいでしょうか。

    左がXP以降のデフォルトで、右がWindows2000以前になります。どちらが良し悪しというのはありません。古くからWindowsを使っている人には右は懐かしいのではないでしょうか。

    以下、ファイル表示の並び順を右側に変更したい人向けの内容になります。
    ▼ 続きを読む



    前回のあらすじ。パフォーマンスモニタのスタートアップイベントトレースを全無効する方法と、wfpdiag.etlへのログ記録を停止する方法

    実際にログ取りを停止して運用したらどうなるのか、どういった弊害が出てくるのか、記事を書いた日から運用して、かれこれ2ヶ月ちょいが経ちました。

    おもしろおかしい変な挙動が発生することもなく、至って平常運転しております。終了。

    うん、まぁ、そりゃね、ログを止めただけですしね、うん…

    スタートアップイベントトレースの全無効で、イベントビューアーが無事死亡するのは前にも書いた通りですが、それ以外の部分で何か問題が出てくるといったことはありませんでした。

    ただ、たまたまログ取り停止の逆鱗に触れない使い方だった、という可能性は十分にあります。前回からの繰り返しになりますが、変更をオススメするものではありません。

    ログ取りを停止する実用的なメリットなんてものはまったくありませんが、あえてメリットとデメリットをまとめます。

    <メリット>
    ・自分にとって不要な動作が停止出来て「やってやったぜ感」を得られる。
    ・CPUからストレージまで色々と遅い10年以上前のPCだと、もしかしたら微妙にパフォーマンスアップ(というか不意な引っかかりが減ったり)があるかもしれない。 (Ivyマシンでは体感ゼロです)
    ・書き込みが減ってSSDの寿命が1秒だか1分だか10分だか1時間だか延びる可能性が無きにしも非ずなものの、検証と証明をするためには人類の寿命はあまりにも短すぎた。

    <デメリット>
    ・イベントビューアーが無事死亡。
    ・何かしらのOSログを見たくなったときに見ることが出来なくなる。
    ・もしかしたらどこかで影響が出てくるかもしれず、何かあった際に自分でなんとか出来ないなら不安材料にしかならない。

    結論、イベントトレースとwfpdiag.etlのログ取り停止は、改造好きっ子による「OS遊び」以上でも以下でもないと思います。

    wfpdiag.etlの停止は大量のディスクI/Oが生成されなくなるそうで、サーバ運用者にはメリットがあるかもしれませんが…個人の使用では何も体感出来ませんでした。

    関連記事
    【Win7】 wfpdiag.etlへのログ記録を停止する方法
    【Win7】 パフォーマンスモニタのスタートアップイベントトレースを全無効



    マウスをドラッグしてウィンドウを移動させる日常のOS操作ですが、移動が開始されるまでのドットの「遊び」はデフォルトで4ドットが指定されております(Win7は。他は不明)。

    この4ドット、使いにくいと感じたことはありませんか。例えば、マウスの感度が高くて4ドットだとダブルクリックにならないことがあるとか、遊び幅をもっと狭くして細かい位置調整をしたいとか。

    この遊び幅はレジストリから簡単に変更することが出来ます。


    HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop

    横のドット
    DragHeight 4(デフォルト)

    縦のドット
    DragWidth 4(デフォルト)



    上記の数値を変更するだけでございます。

    もしかしたら他の数値が自分のフィーリングにピッタリだった、なんてことがあるかもしれません。管理人も1-5ドットまで試してみました。が、自分の場合、結局デフォルトの4で落ち着きました…
     

    このページのトップヘ