ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    カテゴリ: SSD

    • カテゴリ:

    (画像クリックでAmazonへ)

    Amazonサイバーマンデーセール2018にて、先日はSamsung SSD 860 EVO 1TBが15,480円で登場しましたが、本日はCrucial SSD MX500 1TBも15,520円の特価にて登場しました。こちらも安い!

    セール期間は2018年12月9日PM23:59までのため、下記リンクよりお早めにどうぞ!
     

    • カテゴリ:

    (画像クリックでAmazonへ)

    Amazonサイバーマンデーセール2018にて、Samsung SSD 860 EVO 1TBが15,480円にて登場しています! ついに大容量SSDはここまでお手頃価格になりました。現在、Amazonが出品・発送するものは在庫切れのためマーケットプレイスが表示されますが、



    『新品の出品』もしくは右下よりまだ注文が可能です! 2018年12月8日時点での次回入荷予定日は



    12月21日とのことです。売れ行きや注文タイミングによってはさらに伸びるかもしれませんので、早めに欲しい方は下記リンクよりお急ぎくださいませ!
    セール期間は2018年12月11日AM01:59までとなりますので、ご検討はお早めに!

    • カテゴリ:


    各所でQLC NANDを採用した『Samsung SSD 860 QVO』のレビューが一斉に公開されました。詳細は下記のレビューリンクへどうぞ!
    で、ここで気になってくるのが書き込み速度。TLCから書き込み途中で減速する現象が顕著に現れており、CrystalDiskMarkはあまり参考にならなくなっています。詳細は下記の関連記事をご覧くださいませ。
    ということでQLCの書き込み速度はどんなもんなのでしょうか。結果がこちら!
    ▼ 続きを読む

    • カテゴリ:

    (画像クリックでAmazonへ)

    ここしばらく45,000円前後を保ってきた『WD Blue 3D 2TB』ですが、少し前からついに、



    4万円切りとなりました。値下がりを待っていた人はそろそろ狙い目かもしれませんね!

    『WD Blue 3D 2TB』はTLCで問題となっている大きなファイルの書き込みで減速せず、


    (Source:Tom's Hardware / CDRLabs.com)
    左: WD Blue 3D / 右: SanDisk Extreme PRO

    MLCの名機『Extreme Pro』とタメを張れる高速書き込み性能を有しており、ストレスフリーな最高クラスのSATA SSDが欲しい人には間違いなくおすすめの一品です。自分も『WD Blue 3D 2TB』を使用していますが非常に快適です。

    ちなみに自分が購入した1年前は6万円台中盤でした\(^o^)/ 安くなりましたのぅ……。

    Amazon
    WD 内蔵SSD 2.5インチ / 2TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS200T2B0A

    • カテゴリ:



    (Source:AINEX)

    AINEXは2018年9月26日より、小型ファン付きM.2 SSD用クーラー『CB-7010M2』を発売することを発表しました。あわせて取り付け方法の動画も公開しました。



    AINEXは以下の点を製品の特徴として挙げています。
      特徴
      ・M.2 SSDの温度改善、サーマルスロットリングによる速度低下対策に最適!
      ・ファン付きのM.2ヒートシンクです。エアフローが良くないところでもしっかり冷えます。
      ・高い熱伝導性と電気絶縁性を両立させた超低硬度放熱シリコーンパッドが付属します。
      ・付属のシリコーンゴムリングでM.2 SSDとヒートシンクを固定します。
      ・両面テープではなくシリコーンパッドを使用することで、SSDのラベルが損傷するのを低減します。
    『CB-7010M2』の予約はすでに始まっており、Amazonでの販売価格は税込2,180円。M.2用ヒートシンクはファンレスが主流のため、しっかりと冷却したい人にはうってつけのアイテムとなりそうです。

    Amazon
    アイネックス M.2 SSD用クーラー CB-7010M2

    • カテゴリ:


    Intelの3D NANDを採用したサードパーティSSDに疑問が浮上しました。下記のツイートおよび画像をご覧ください。


    この方が直接Intelに問い合わせたところ、IntelはサードパーティSSDメーカーに3D NANDの販売を行っていないという回答を得ました。

    では、Intelの3D NANDを採用したサードパーティSSDはいったいどこからNANDチップを得ているのか。色々と想像できることはありますが、この回答に誤りでもないかぎりIntelから直接入手していないということだけは確かなようです。

    Intelの3D NANDを採用したサードパーティSSDメーカーは、どういったルートで入手したのか、また、品質については問題ないのか、それらを証明できる資料とあわせて発表をして、ユーザーを安心させていただきたく思います。

    • カテゴリ:
    ドスパラオリジナルブランドのSSD『Z1』シリーズが、Micronを偽装したチップではないかと話題になっています。まず、ドスパラのツイートをご覧ください。



    (Source:@dospara_parts)

    NANDチップにはしっかりとMicronの刻印があります。しかし、このチップにはコーティングが施されていました。コーティングを剥がした方のツイートがこちら。是非とも画像を1枚ずつご覧ください。
    ▼ 続きを読む
     

    このページのトップヘ