ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    お知らせ: Win10 v1809 October 2018 Updateで勝手にファイルが削除される凶悪バグが発生しています。詳細はこちら。 | 不具合情報等の記事一覧はこちら

    カテゴリ: GPU

    • カテゴリ:


    つい先日、偽物カード検出機能を目玉にGPU-Z 2.12.0が公開されたばかりですが、早くもGPU-Z 2.13.0が公開されました。今回のアップデートでは起動時にクラッシュする場合がある不具合や、Turingカードでのファン速度センサーの不具合など、細かなバグ修正がメインとなっています。

    ダウンロードは下記のリンク先からどうぞ。

    • カテゴリ:


    GPU-Z 2.12.0が公開されました。今回のアップデートでは各種バグ修正、Turing GPUのBIOS保存機能・ファン速度監視機能の追加などが含まれています。

    また、今回の目玉機能の一つに偽物のカードを検出する機能が新たに追加されました。どういうことかと申しますと、例えばFermiのGF116ダイが使用されているにも関わらず、BIOSを書き換えて『GTX 1050 Ti』と表示させているような偽物のカードの場合、



    [FAKE] と付け加えられて、アイコンには『!』が表示されるようになりました。怪しい業者が中古販売している偽者カードの抑止につながりそうですね。

    ダウンロードは下記のリンク先からどうぞ。


    (Source:Reddit)

    Dylan522p「2015年のIntel Developer Forum (IDF)でIntelのGPUがいつかAdaptive-Syncに対応するって言ってたけど、これは今も変わりない?」

    Chris Hook「ええ。私はAdaptive-Syncの大ファンさ」

    Dylan522p「これ、Redditに投稿してもいい?」

    Chris Hook「いいよ」

    RedditユーザーのDylan522p氏と、IntelでdGPUとヴィジュアルテクノロジーのマーケティング担当を務めるChris Hook氏との会話がRedditに投稿されました。その内容が上記になります。

    Intelは2015年のIDFでAdaptive-Sync (FreeSync)への対応に言及しており、今回の発言はその再確認となります。ただ、対応時期や、iGPU / dGPUどれに対応するのかまでは言及されていません。

    もし、iGPUが対応してくれれば、GeForceでFreeSyncを使用する裏技がかなりお手軽にできるようになりそうです。 (それまで、NVIDIAがこの裏技を無効にするようなことをしてこなければですが……)

    • カテゴリ:

    Intelは新たに取得したツイッターアカウント@IntelGraphicsにて、開発中のグラフィックスカードのティザームービーを公開しました。IntelのdGPU市場への参入は2018年6月にもツイッター上で伝えられており、そのとき同様、2020年に登場予定であることが動画内で予告されています。



    NVIDIAはSIGGRAPH 2018にて、Turingアーキテクチャを採用した『Quadro RTX』シリーズを発表しました。ラインナップは下記になります。

    モデル アーキテクチャ CUDA VRAM 価格
    Quadro RTX 8000 Turing 4,608 48GB GDDR6 10,000 USD
    Quadro RTX 6000 Turing 4,608 24GB GDDR6 6,300 USD
    Quadro RTX 5000 Turing 3,072 16GB GDDR6 2,300 USD

    ジェンスン・ファンCEOのプレゼンテーションによると、TuringでのリアルタイムレイトレーシングはPascalの6倍高速になると言われています。



    今回はQuadroのお披露目ですが、2018年8月20日~21日にドイツで行われる『GeForce Gaming Celebration』では次世代GeForceの発表が期待されます。

    2018/8/21追記
    GeForce RTX 20シリーズが発表されました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。

    t

    SIGGRAPHのYoutubeチャンネルで、2018年8月14日に『NVIDIA Jensen Huang special event』と題されたライブストリームが準備されています。

    2018年8月20日~21日にドイツで『GeForce Gaming Celebration』が予定されているため、おそらくSIGGPRAH 2018では次世代GeForceの発表はないものと思われますが、どういった発表があるのか気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

    ライブストリームへは下記のリンクよりどうぞ!

    • カテゴリ:


    GPU-Z 2.10.0が公開されました。今回のバージョンでは最適化によるCPU使用率の低下や、不具合の修正、GTX 1050 3GBを含む各種GPUのサポートの追加、そしてSandy Bridge以降のCPU温度のモニタリング機能が新たに追加されました。

    ダウンロードは下記のリンク先からどうぞ。

    このページのトップヘ