ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    カテゴリ: RADEON



    『Shadow of the Tomb Raider』、『Star Control: Origins』、『F1 2018』、『Fortnite』に最適化されたRadeon Software Adrenalin Edition 18.9.2ドライバが公開されました。リリースノートによると、下記の不具合が修正されています。


    [ 修正された不具合 ]
    ・Star Control: Originsで表示が乱れる問題

    ダウンロードは下記サイトからどうぞ。



    『Shadow of the Tomb Raider』、『Star Control: Origins』に最適化されたRadeon Software Adrenalin Edition 18.9.1ドライバが公開されました。リリースノートによると、下記の不具合が修正されています。


    [ 修正された不具合 ]
    ・Monster Hunter:WorldでRadeon FreeSyncが有効にならない問題
    ・Radeon Softwareをインストール後、デスクトップを右クリックしたときに表示されるコンテキステメニューにRadeon Settingsが表示されない問題
    ・Android Pieデバイスだと認証に失敗してAMD Linkに接続ができない問題
    ・Radeon Settingsとドライバのバージョンが一致せずエラーメッセージが表示される問題
    ・マルチモニタ環境で内1台のモニタ電源がオフだと、マウスカーソルやシステムにラグが発生する問題
    ・R9 290 / R9 390環境でRadeon ReLiveを使用してDirectX 12ゲームを録画すると、ゲームが不安定になる問題

    ダウンロードは下記サイトからどうぞ。



    Raven Ridge Ryzen 5 2400G / 2400GE / Ryzen 3 2200G / 2200GE用となるRadeon Software Adrenalin Edition Hotfixドライバ18.30.10 Aug29が公開されました。リリースノートによると、下記の不具合が修正されています。


    [ 修正された不具合 ]
    ・一部のモニタで緑色に点滅する問題


    ダウンロードは下記サイトからどうぞ。



    更新履歴
    ① AMDが公開しているこっちのリリースノートこっちのリリースノートとで情報が異なるためまとめなおし。どっちも18.8.2なのになぜこんなにも内容が違うのか疑問ですが、前者が『Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.8.2-Aug20.exe』、後者が『Win10-64Bit-Radeon-Software-Adrenalin-Edition-18.8.2-Aug27.exe』で、ファイル名から察するに同じ18.8.2でもリリース日違いで内容も異なっているようです。


    『Strange Brigade』、『F1 2018』に最適化されたRadeon Software Adrenalin Edition 18.8.2ドライバが公開されました。リリースノートによると、下記の不具合が修正されています。


    [ 修正された不具合 ]
    ・FRTCとInstant Replayが有効だと、一部のゲームで不安定になったりスタッターが発生する問題
    ・Radeon SettingsのGame ManagerにUpgrade Adviserが表示されない問題
    ・HDR10が有効な環境だとファークライ5の表示がグレーになる問題
    ・ファークライ5の画質設定時にゲームがハングする問題
    ・マルチGPU環境だとRadeon Chillの設定が正常に反映されない問題
    ・Call of Duty: Black Ops 4でFreeSuncが有効にならない問題

    ダウンロードは下記サイトからどうぞ。



    『Monster Hunter: World』、『World of Warcraft: Battle for Azeroth』、『We Happy Few』、『Madden NFL 19』に最適化されたRadeon Software Adrenalin Edition 18.8.1ドライバが公開されました。リリースノートによると、下記の不具合が修正されています。


    [ 修正された不具合 ]
    ・Windows7でFortniteを起動するとゲームがクラッシュする問題
    ・マルチGPU環境で解像度を変更するとゲームがクラッシュしたりハングアップする問題
    ・ゲームをしながら動画再生をしていると、GPUとVRAMのクロックが高くなったり、高くなったまま下がらなくなる問題
    ・DirectX12でCivilization VIの起動時やマップ読み込み時にゲームがクラッシュする問題
    ・RX Vega + Samsung HMD Odyssey環境だと断続的なブラックスクリーンや点滅が発生する問題

    ダウンロードは下記サイトからどうぞ。


    (Source:UserBenchmark)

    2017年9月にリークされたAMDのロードマップに、次期APUのコードネームは『Picasso』になるとの噂がありました。その噂を裏づけするかのように、UserBenchmarkにて早くも15D8のデバイスIDでPicassoが登録されました。残念ながらベンチマークスコアはまだ上がってきていません。

    このデータベースに誤りがなければ、今後のリーク情報等で15D8のデバイスIDをまた目にすることもありそうです。なお、Picassoの登場時期は2019年と言われています。



    『Earthfall』に最適化されたRadeon Software Adrenalin Edition 18.7.1ドライバが公開されました。リリースノートによると、下記の不具合が修正されています。


    [ 修正された不具合 ]
    ・Fortnite Season 5でハングする問題
    ・Hellblade: Senua's Sacrificeでちらつきが発生したり表示がおかしくなる問題
    ・ディスプレイの解像度やリフレッシュレートを設定するとき、ディスプレイモードが表示されない問題
    ・CorelDrawのパフォーマンスが異常に低い問題
    ・解像度やリフレッシュレートを変更後、メモリクロックが高いままになる問題
    ・DisplayPortを使用すると、一部のモニタでブート時にデスクトップで黒い画面がちらつく問題

    また、今回のドライバから悲しいことにテレメトリが実装されました。



    せめてもの救いはインストール段階で有効/無効のチェックボックスがあることと、チェックを外し忘れてもインストール後に環境設定から無効にできます。テレメトリはノーセンキューという人はチェックを外してインストールしましょう。収集される情報についてはこちらをご覧くださいませ。

    ダウンロードは下記サイトからどうぞ。

    このページのトップヘ