ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    タグ:Windows10



    更新履歴
    初版 2018年8月1日、v1607用修正プログラム公開。
    ① v1607以外は2018年8月15日の月例まで放置してやっと修正されました。MSさんやる気なさすぎでしょう。それに伴い記事内容も修正いたしました。

    Windows10に2018年7月度のWindowsUpdateを適用すると、一部の.NETアプリケーションでエラーが発生する不具合が出ていました。Microsoftはこの不具合の修正を含む累積更新プログラムを公開・配信しました。以下の累積更新プログラムを適用することでこの不具合は解消します。
    • v1803 April 2018 Update
    • KB4343909 (2018年8月15日配信のセキュリティを含む累積更新プログラム)
    • v1709 Fall Creators Update
    • KB4343897 (2018年8月15日配信のセキュリティを含む累積更新プログラム)
    • v1703 Creators Update
    • KB4343885 (2018年8月15日配信のセキュリティを含む累積更新プログラム)
    • v1607 Anniversary Update
    • KB4346877 (2018年8月1日、Microsoft Updateカタログでのみ公開分)
      KB4343887 (2018年8月15日配信のセキュリティを含む累積更新プログラム)
      (※Win10の更新プログラムは累積されるため、KB4343887(またはそれ以降の最新のもの)をインストールすれば古いKB4346877を入れる必要はありません)
    • v1507 TH1
    • KB4343892 (2018年8月15日配信のセキュリティを含む累積更新プログラム)



    Windows10 v1803 April 2018 Update(A2U)を適用後、Outlookで文字入力をしていると、文字が勝手に確定したり、重複して入力される不具合が発生しています。

    現在、Microsoftからこの不具合の回避策はアナウンスされておらず、OSを前のバージョンに戻すくらいしか回避策はありません。Outlookをお使いの方はお気をつけくださいませ。

    Microsoftはこの不具合を調査しており、進展があり次第下記の公式ブログにて案内を予定しています。
    < Update 1: やっと修正 >
    2018年5月1日のA2U公開からずっと放置されてきたこの不具合ですが、2018年7月25日配信の非セキュリティアップデートKB4340917でやっと修正されました。KB4340917(またはそれ以降の更新プログラム)を適用することでこの不具合は解消します。なお、非セキュリティアップデートは半期チャネル(旧:CBB)に設定していると自動配信されません。

    関連記事
    【Win10】 Windows10 v1803 April 2018 Updateの不具合情報等の記事一覧



    Windows10全バージョンにて、2018年7月度のWindowsUpdateを適用後、.NETアプリケーションで0x80070005エラーなどの各種エラーが発生する場合がある不具合が見つかりました。現在、Microsoftは修正に取り組んでいるとのことです。

    この不具合はWindows7 / 8.1環境でも発生しています。7 / 8.1については下記の記事をご覧くださいませ。
    以下、影響を受けるKBリストになります。

    < Update 1: 未だ修正されず >
    2018年7月25日に機能修正のみの非セキュリティアップデートが配信されましたが、まだ修正されていません。2018年7月25日配信分の非セキュリティアップデートをリストに追加しました。この不具合にお悩みの方は適用しないようお気をつけくださいませ。なお、非セキュリティアップデートは半期チャネル(旧:CBB)に設定していると自動配信されません。 ▼ 続きを読む



    Surface Book 2でdGPUのGeForce GTX 1050が検出されなくなるという不具合が発生しています。この不具合はMicrosoftコミュニティで2018年1月26日に報告されて以降、『同じことが知りたい』数は2018年7月25日時点で473件にもなっており、多くの人がこの不具合に悩まされていることが窺えます。
    ▼ 続きを読む



    Windows10全バージョンにて、2018年7月度のWindowsUpdateを適用後、ネットワークのモニタリング処理が行われると一部環境でBSoDを起こす場合があります。この不具合の回避策はありません。Microsoftは7月中旬に修正を予定しているとのことです。

    この不具合はWindows7 / 8.1環境でも発生しています。7 / 8.1については下記の記事をご覧くださいませ。
    以下、影響を受けるKBリストになります。
    ▼ 続きを読む


    (Source:Reddit 1 / 2)

    GWX、覚えているでしょうか。かつてWindows7 / 8.1ユーザに対して望む・望まないに関わらず、勝手にWindows10にアップグレードして多く人や企業に迷惑をかけた悪名高きMicrosoft公式ウイルスです。
    そんなGWXウイルスが再活動しているという報告がRedditで話題に出ています。といっても報告数は2件と非常に少ないため、今のところ大きな心配はないものと思われます。ただ、どちらもほぼ同時期(2018年7月6日~7日)に発生しているため、少々気になるところではあります。
    ▼ 続きを読む



    Adobe Flash Player 27番台からInternet Explorer(IE)向けにClick-to-Play機能が実装されているのでご紹介。

    IE環境でFlashを有効にしていると、通常なら自動でFlashが実行されますが、クリックするまでFlashを実行しないということができるようになりました。Firefox等には既にこういった機能がありますが、IEにはこれまでありませんでした。

    例えば、IEで適当なFlashゲームのページを開くと、
    ▼ 続きを読む



    Windows10 v1703 Creators Update以降、固定ユーザープロファイルを使用するとスタートメニューが正常に動作しなくなる場合があるという不具合が出ています。

    固定ユーザープロファイルとは、変更した設定などが保存されず再起動すると初期状態に戻るユーザープロファイルで、一般的なユーザーであればあまり使用することはありません。

    もし、使用を考えていてこの不具合を回避したい場合は、固定ユーザープロファイルの作成時に、

    f

    『固定プロファイル』にチェックを入れないことで従来通りの構成内容で固定ユーザープロファイルを作成できます。 (備考: v1703 Creators Updateより前のバージョンにこのチェックボックスはありません)

    Microsoftはこの不具合を調査しており、進展があり次第下記のブログにてアナウンスを予定しています。

    このページのトップヘ