ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    タグ:WindowsUpdate



    2018年3月に報告されたメモリに不正アクセスが可能な脆弱性(通称、Total Meltdown)を利用したエクスプロイトコードがGitHubに掲載されました。コード作者は自身のブログで詳しく解説もしています。

    コードの内容がどういったものかは自分にはわかりませんが、GitHubのコメント欄では 「すごく簡単なコードだね」 と言われています。見る人が見れば扱いやすいコードなのかもしれません。

    この脆弱性はMSの誤ったMeltdown対策によって生じたもので、2018年1~3月度の『ロールアップ』および『セキュリティのみ』の更新プログラムを適用しているWindows7 / Server 2008環境が影響を受けます。悪用が心配されますが、下記の更新プログラムにて既に修正済みです。
    • 2018年3月末に公開された緊急アップデートKB4100480
    • 2018年4月度のロールアップKB4093118、もしくはそれ以降のロールアップ
    • 2018年4月度のセキュリティのみKB4093108
    これらのいずれかを適用していればこの脆弱性の影響は受けません。逆に言うなら、まだ未適用の場合はご注意くださいませ。



    2018年4月5日、Windows7および10のユーザープロファイルが突然死する現象が発生しているようです。 「ユーザープロファイル」 でツイッター検索をしたところ、4月3日は0件、4月4日は4件でしたが、4月5日は十数件、4月6日は二十数件ヒットしました。

    件数的に阿鼻叫喚というほどではなさそうですが、4月5日以降から急に増えているのが気になるところです。現在のところ原因は判明していません。情報が入り次第、随時記事を更新いたします。

      [ ユーザープロファイルの突然死に関する情報 暫定版 ]
    • 「User Profile Serviceサービスによるログオン処理に失敗しました」 と表示される。
    • 再起動だけで直る場合あり。この現象に遭遇したらまずは再起動をお試しください。
    • 直っても再発する場合あり。
    • 再起動しても直らない場合、レジストリの編集で直ります。編集方法は下記の記事をご覧くださいませ。


      ただし、これは対症療法です。根本的な原因をどうにかしないかぎり、再発する可能性は残ります。 (なお、根本的な原因は不明……)
    • システムの復元でも直るらしい。おそらくこちらも再発する可能性は残ります。
    • 海外記事によるとログオン時にアンチウイルスソフトがコンピュータをスキャンしているなどの理由により、ユーザープロファイルが正しく読み取れないことがあるらしい。
    • 依然としてはっきりとした原因は特定されていませんが、2018年4月4日にWindows DefenderやMicrosoft Security Essentialsなどに含まれるMicrosoft Malware Protection Engineのアップデートがあったのでこのへんが怪しいかも?
    ▼ 続きを読む



    2018年4月11日に配信されたWindows7 / 8.1用KBのザックリまとめです。この記事は足りないKBや不具合等が見つかった場合に随時更新いたします。

    < Update 2 >
    4月12日時点でWindows7用ロールアップKB4093118のチェックが外れて配信されています。 (環境によっては表示されない場合もある模様) 何かあったのかと思えば、既知の不具合が追加されていました。3月に続いてネットワーク関連の不具合再びです。KB4093118を適用すると、環境によってはネットワークの設定が消えてしまい、再設定が必要になるかもしれません。急にインターネットやネットワーク機器に繋がらないなどの現象が発生したら犯人はWindowsUpdateです。

    既にKB4093118を適用済みで症状が出ている場合は、ネットワークの設定が消えていないかご確認ください。消えていた場合は手動で元の設定に戻すと繋がるようになると思います。

    詳細は記事のKB4093118の項目をご覧くださいませ。MSさん、ちょっと学習しなさすぎじゃないですかね……。

    < Update 3 >
    また、KB4093118適用後、主に32bit環境で再起動ループが発生する場合があるようです。この症状が出たら、セーフモード(PC起動時にF8キー連打)で起動して、KB4093118をアンインストールすれば起動できるようになります。32bit勢はお気をつけくださいませ。

    < Update 4-2 >
    4月13日に上記Update 2の不具合を修正したKB4093118第2版がリリースされました。WindowsUpdateやMicrosoft Updateカタログで公開されている4月12日付けのものが第2版となります。第2版ではUpdate 2に書かれているネットワークの不具合が解消しているとのことです。Update 3の再起動ループについては、4月17日現在も未だに報告が出ているため直っていない模様です。32bit勢は引き続きをお気をつけくださいませ。

    以下、2018年4月11日配信分のザックリ説明&ファイルの直リンクになります。(OfficeやSkype等のMS製品類は割愛しています)

    /////////////////////
    更新履歴
    ① KB2952664(Win7用テレメトリパッチ) / KB2976978(Win8.1用テレメトリパッチ)を加筆。
    ② KB4093108とKB4093118に、SMBサーバーでメモリリークが発生する不具合の詳細を追記。KB4093118に
    ネットワーク関連の不具合を加筆。
    ③ KB4093118に再起動ループの不具合を加筆。
    ④ KB4093118第2版について加筆。
    [4-2] 再起動ループは直っていない旨加筆。
    ⑤ KB4093118に備考を加筆。30KBくらいのKB4093118が降ってくる場合がある模様。
    ⑥ KB4093118の備考に加筆。30KBくらいのKB4093118、ゾンビ化する模様。
    ⑦ KB4093108とKB4093118に不具合を加筆。一部環境でUSB3.0外付けストレージを接続したままPCを起動すると、Windows起動画面がブラックアウトしたままになる場合がある模様。

    /////////////////////
    ▼ 続きを読む



    2018年4月18日、Windows7 / 8.1のWindowsUpdateに非セキュリティアップデートの『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』、Microsoft Updateカタログにタイムゾーンの変更パッチKB4093753が配信されました。

    2018年1月度2月度3月度と続けて遅刻をしていましたが、今月は予定日どおりに配信されてきました。以下、Windows7 / 8.1向けのザックリ説明になります。

    /////////////////////
    更新履歴
    ① KB4093113に備考を加筆。
    /////////////////////
    ▼ 続きを読む



    2018年3月31日、MicrosoftはWindows7用更新プログラムKB4099950を公開しました。

    2018年3月度のWindows7用更新プログラムKB4088878 (セキュリティのみの品質更新プログラム) / KB4088875 (セキュリティマンスリー品質ロールアップ) / KB4088881 (マンスリー品質ロールアップのプレビュー)は、適用後に既存のネットワークカードの設定が消えて新しいネットワークカードの設定が作られたり、IPアドレスの設定が消えるなどといった不具合を抱えています。

    これらの更新プログラムの適用前に、先にKB4099950を適用しておくことでこの問題が発生しなくなります。KB4088878 / KB4088875 / KB4088881の適用後に入れても効果はないためご注意ください。

    KB4099950の適用はWindowsUpdateから、もしくは下記のMicrosoft Updateカタログ(ファイル直リンク)からどうぞ。
    余談ですが、KB4099950の中身を展開してみたところ、テレメトリらしきファイルは見当たりませんでした(KB4099950自体には含まれていませんが、2018年3月度の『セキュリティのみ』および『ロールアップ』にはテレメトリが含まれます。詳しくは3月度の記事をご覧くださいませ)。ファイルサイズは200KBと小さく、この問題の修正のみのパッチのようです。
      備考: 環境によっては2018年4月6日にKB4099950が再配信されている場合があります。再配信される条件は不明です。また、以前のものと何が違うのかもKBの説明ページでは特に案内されていません。


    3月度の更新プログラムの適用順序が複雑になっているのでまとめておきます。

    ① KB4099950 (ネットワーク関連の不具合発生を予防するパッチ。本パッチ)

    ② KB4088878 (セキュリティのみの品質更新プログラム) or KB4088875 (セキュリティマンスリー品質ロールアップ) / KB4088881 (マンスリー品質ロールアップのプレビュー。オプション。人柱パッチにつきインストール非推奨)

    ③ KB4100480 (メモリアクセスの脆弱性修正パッチ。64bit版専用)
    (備考:③はどのタイミングで入れても大丈夫です。①→③→②でも③→①→②でも最終的に③のファイルが優先されます。①は②に対する予防なので、②より前に入れる必要があります)

    3月度を適用する場合、この順番でどうぞ。

    < Update 5: インストール手順について追記 >
    ▼ 続きを読む



    2018年4月11日に配信されたWindows10 v1709 Fall Creators Update用更新プログラムKB4093112を適用すると、WacomのペンタブレットとPhotoshopという組み合わせでブラシが動作しなくなるという報告が国内外で出ています。



    他にもCLIP STUDIOや、HUION製の液タブでも挙動がおかしくなるとの報告も出ています。


    絵描きさんはお気をつけくださいませ。これら以外にも、ペンタブやペイントソフトによっては同様の不具合が発生するかもしれません。この不具合に遭った際は、KB4093112のアンインストール&非表示入りで解消します。

    非表示入りにはMicrosoft公式ツールの『wushowhide.diagcab』でもできますが、サードパーティ製の『Windows Update MiniTool』の方が直感的にわかりやすく高機能で便利です。

    < Update 1: Wacomが公式発表 >
    ▼ 続きを読む



    Windows10でMicrosoft公式ツール『wushowhide.diagcab』を使って、WindowsUpdateの更新プログラムを非表示にする方法をご紹介。非表示にすると、その更新プログラムは降ってこなくなります。特定の更新プログラムのインストールを阻止したい場合にご活用ください。ただし、非表示にした更新プログラムにアップデートがあった場合は再度降ってくるかもしれません。
      前提条件として、非表示にしたい更新プログラムがまだインストールされていないか、あるいはアンインストール済みである必要があります。非表示にしたい更新プログラムがインストール済みの場合、まずはアンインストールを行ってください。
    まず、下記直リンクからwushowhide.diagcabをダウンロードします。
    ダウンロードしたら、wushowhide.diagcabを起動して、
    ▼ 続きを読む



    2018年4月4日、テレメトリパッチのKB2952664(Win7用) / KB2976978(Win8.1用)がWindowsUpdateに配信されました。2015~2016年はWin10化ウイルスのひとつとして機能し、現在では純然たるテレメトリとして機能しています。

    この糞パッチは2018年度は2月9日2月14日2月28日に配信されており、今年に入って早くも4回目となります。MSは大規模な組織再編をするとか言っていましたが、ユーザの情報をぶっこ抜こうとする姿勢は何も変わらないご様子。以下、いつも通りの注意喚起なコピペになります。

    KB2952664(Win7) / KB2976978(Win8.1)を入れても何も良いことはありません。非表示推奨の紛うことなき糞パッチです。このパッチでシステムの互換診断なんてしても、CPUの無駄遣いで電力を消費されるだけです。 「MSに協力したい!」 って人はご自由にどうぞ。

    注意事項として、KB2952664(Win7用)は何回アンインストールしても消えない場合があります。この症状に陥ってしまった場合、数回から多くて数十回、繰り返しアンインストールしないと消えません。アンインストールするには

    アンインストール ⇒ 再起動せずにリストを確認 ⇒ あったらまたアンインストール、無くなるまでやる、無くなったら再起動

    この手順でお試しくださいませ。あるいはBATファイルで処理するのも手です。

    KB2976978(Win8.1用)はアンインストールをしても最終的に残る場合があります。これはMSのサイトで公開されている『最初からKB2976978入りのWindows8.1 ISO』を使ってWindows8.1をインストールした場合に起こります。

    関連記事
    【Win】 KB2952664絶対殺すマン
    【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト


    Advertisements


    このページのトップヘ