2011年04月02日

バカ画像MAX じゅ〜。 発売!

329471_1062857390_252large



「ゴー!ゴー!!バカ画像MAX じゅ〜。」
発売となりました。気がつけば10冊目、
お陰さまで累計120万部突破!
皆さま、宜しくお願いしま〜す。

そして今回のfeaturing芸人は、U字工事。


実は彼らの取材日は3・11、13〜16時。
そう、あの瞬間を彼らと過ごしたのでした。
余震のすきを縫って続けた取材。

そして、翌日からこころの嵐と闘いながら
書いたこの原稿。



こころに愛を、くちもとに笑みを!

nichiham56 at 03:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月24日

ベランダの花

ここ1年忙しく、土日もずっと原稿。
向こうは普通に土日休みなので、
遊んであげられなくて申し訳ないなあと。
今日、日曜も原稿書いてたら「眺めがよくなるでしょ」と、
仕事部屋から見えるベランダに花を買ってきてくれた。
そこに置かれた、3つの小さな花。
「全部、100円だったの。安い花って、なんか私好きだな」。

不満はあるだろうが、それを口にすることなく、
ただただ、与えてくれる。

今日気づいた、当たり前のようにあった、
当たり前じゃないやさしさ。

ありがとう。

nichiham56 at 02:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年11月03日

「なんなんすかね?」「知らんがな!」

午前4時半。原稿がようやく終わった。

いつも芸人さんやタレントさん、つまり
人の言った言葉ばかりをまとめることを
生業としていると、たまに自分の言葉を
吐きたくて仕方がないことがある。

プロのライター? なんなん? 書記っすか?

そんな思いを誤魔化すように、
人に気付かれないように、ちょいとずつ糞をひねり出す
ように、ツイートしてみたりするんだが、収まらない
ときがある。

友達が「おれたちはもう人生の折り返し地点だ」
といった。38歳、そんな季節だ。
ある奴は子供を3人こさえ仕事の充実を謳えば、

ある奴は「根拠のない自信だが、何だかおれは
できる人間だ。そんな人間にゴールなんてないんだから、
当然折り返し地点などない」と言い、ワハハと笑う。

何をもって人は、とりあえず満足したっぽい感を
得られるんだろう? ガキこさえてマンション買って、
プラズマだソファーだ、最後は、墓あるぜ言うて。
でも、そんなんパーツ全部揃ったら、テトリスみたいに
ファ〜ってなくなっていきそうで怖い。

正解のないところに敢えて答えを求めるから
人は悩むのであって、それが成長につながる
とかは、ダサイから言いたくない。
本当に純粋に、ただ知りたいだけ。

もう朝日がさしてきた。陽は折り返し、
月日は折り返す。いや、ただ過ぎ去るのみ。

……なんか、ここまで書いたら正気に戻った。
あー、すっきりした。

あまりにしょっぱい文章だから消そうとも思ったけど、
別にいいや。こう思ったのもホントだし。
銭にならねえ寺門自問自答ほど、見苦しいものはねえな。

ブログは便所だ。だから、オチもなし。
いや、その便所が金になる奴も
いるんだから、これはたん壺だ。

タバコの吸いすぎかな。
今日はやけに、たんが絡む。

おやすみなさい。


nichiham56 at 05:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月08日

ほくろ(織姫)とバカ(彦星)

昨日、7月7日は
ぼくとりえちゃんの
6回目の結婚記念日
でした。

お金も子供もいないけど、
楽しく仲良くなってます。

先輩や友達、後輩に
りえちゃんに支えられ、
この6年生きてこれました。

大した稼ぎはないけど、
楽しい仕事しかやってません。
マーシーの歌詞に
「♪やりたくねえこと、
やってるヒマはねえ〜」
とありますが、今それができてます。
それも、
りえちゃんのおかげです。

結婚記念日の昨日、夜、球場で
賢介の逆転打や、ヒチョリの
タイムリーヘッドスライディングを
見ながらふたりで喜び、
そんな中、

あとは
「♪ジャイアント馬場みたいに
やってやる〜」と、
爪痕を残すだけだ、と思いました。

人間生きて、たかだか70〜80年。
あの世にお金を持っていけないなら、
やりたいこと、やったもん勝ちです。

そしてそれをパートナーに認めてもらい
たいなら、結果を残すしかありません。

6年前に出会ったりえちゃんより、
今のりえちゃんの方がかわいい。

そんな風に、今のりえちゃんはぼくの
ことを思ってくれているのか?
そのために、やるべきことを、ただやるだけ。

好きな人と一緒にいたいだけ。
それは今仕事してる、好きな編集者、
好きな友達、好きな先輩、好きな後輩。

それは小学生のとき、好きな友達と一緒にいたい、
まだずっと遊んでたい、と思った感情と
まったく一緒です。

6年前、神父様に言われた言葉が忘れられません。
「神が合わせたものを、人が離してはなりません」。

薩摩「七夕」を飲みながら。




nichiham56 at 03:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月19日

いろいろ


・我がファイターズが、まさかのぶっちぎりの最下位。
 まだ開幕20試合目なのに、借金10・首位にゲーム差10。
 おかげで、週1ペースで訪れる、たまーの勝ち試合が
 ありがたいのなんの! でもまあ、考えてみれば数年前まで
 負けて当たり前、何の存在感もなかったチーム。それが
 最近では「今年、弱いねー。どうしちゃったの?」と
 多くの知人に聞かれる始末。強くなったんだなー、と
 弱くなってから気付かされた。

・iphoneを買って2週間。いじりすぎて毎日、肩こりが
 ひどい。生まれて初めての肩こりに悩まされる。

・家を買おうと思っている、と嫁が思っているらしい。
 今、住んでいる五反田界隈は、戸越銀座・武蔵小山も
 近く、すこぶる便利。一生住んでもいいかな、と思う。
 が、買うとなったら別。ここら辺、高いし。中延あたり
 まで引っ込むか? 値段より、愛すべき地域を取るか?
 人生とは? 自分の愛すべきものとは? 大きな買い物、
 決断を前に、色々なことを真剣に考えようと思う。

・嫁が入社15周年を記念した、大きな同期会を企画。
 あと何年かしたら、みんな出世して全国に散ってしまう。
 その前に会を企画したい、と。誰が手伝ってくれるの?
 と聞くと、友達の女子1、男子ゼロ、とのこと。
 男、使えねぇ! で、かわいそうに思ったオレが、
 全っ然カンケーないオレが、会をプロデュース
 することに。忙しくなるけど、色々楽しい方が
 いいからね。

・今日、戸越銀座にある某店で夕食。初めて行ったとこで、
 いい店だったけど、入口に、軽く食事というお客様は
 お断り、と黒板に。そういうことはオレたち客が
 決めることだ! そういう使われ方をされない店作りを
 目指せ! と思った。それを声に出したら嫁がめんどう
 くさがると思ったから、言わなかったけど。

・日ハム、ロッテを袖にして巨人に入団した長野が
 ルーキーながら大活躍。ムカつくわー。




nichiham56 at 02:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年04月01日

単行本「バカ7」出ました!

ゴー!ゴー!!バカ画像MAX せぶん。 (7) (BEST MOOK SERIES 69)
著者:村橋 ゴロー
販売元:ベストセラーズ
発売日:2010-03
クチコミを見る
baka7


気がつけば、もう7冊目。

「ゴー! ゴー!! バカ画像 せぶん。」が
本日、エイプリルフールに発売となりました! 

4月バカにピッタリの、バカな画像のオンパレード! 

600点もの画像にボクがキャプションをつけてます。

お値段はワンコイン、是非お買い求めを!

コンビニ(特にセブン)を中心に置いてありますが、
ソッコー売り切れるらしく、もしお買い求めいただくなら、
書店での購入をおすすめします。

特にヴィレッジバンガードにはコーナーが設けられているので、
お近くにある方は是非! 

……というのも、計6冊・累計80万部もの
大ヒットだからなんです! ということは、
「えいと。」が出る頃には100万部!? 

そう、ミリオンセラー作家っすよ!! 

まあ、何度も言うけど印税契約し損ねたんで、
何冊売れようが、じぇんじぇん関係ねえんですがね! 

ってこと書くと、また担当編集に怒られそうなんですが(笑)。

ちなみに、今回のfeatuling芸人は、
昨年のM−1王者・パンクブーブー! 

皆様、宜しくお願いしま〜っす!! 

nichiham56 at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月22日

大江戸再会温泉物語、のち反省。

日ハムは開幕連敗するわで、
なんか気分がスッキリしないので
夜、嫁さんと大江戸温泉物語に
初めて行って来た。

更衣室で浴衣に着替えたあと
待ち合わせ場所で嫁さんを
待っていると、んん??
よく知ってる顔が。

なぜこんな所に? 人違い?
と思い、もう1回見る。
「やはり、こんな“ほげ〜顔”は、
あの人以外にいない!」思い、
声をかけてみることに。



「ゴメスさん!」
「あ、がっちゃん」(オリの昔からのアダ名)。


やっぱり、我が師匠・山田ゴメスさんだった。

「何やってんのよ? いま来たの?」と
相変わらずカニみたいに、口泡飛ばす
その姿、うつろな視線はまさに、我が師匠!!

ゴメスさんは、もう来てから3時間経つとの
ことでほどなくして帰られたが、まさかの再会
でありました。


で、嫁さんは館内のエステやお食事処を満喫
したようで、帰り際に「楽しかった」を連発。

たかだか海っぺりの風呂に連れてっただけで
こんなに喜んでもらえるなんて、普段、どんだけ
デートに連れてってねえんだよ。

と、反省もした1日でした。




nichiham56 at 02:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月08日

S−1


S−1ってバカだと思う。


ケンコバ・ジュニアの「あっちむいてホイ」も
トータルの「いたずら」も、
あれで1000万て。

いや、どのネタも面白いけど
「1000万」てのが、ないわ。
それはどの月間王者も思ってると思う。
「こんなので、M−1王者と同じ
額がもらえるなんて、しのびねえ」と。

だから、芸人は悪くない。
悪いのはS−1のシステムだ。

大体、月間王者が1000万で、
年間王者が1億円じゃ振り幅がないよ。
あるけど、僕ら庶民にはピンとこない。

笑いなんて振り幅なんだから、
たとえば月間王者は賞金1円。
その代わり、年間王者1億円への
エントリーが可能になります、みたいな。

1円か1億円か。

こっちの方が断然いいと思う。
笑い的にも、絶対こっちが正解。

なんでも金やりゃ、いいってもんじゃ
ないってことですよ!

ちなみに各月間王者を列記すると

・ケンコバ&ジュニア(fromにけつっ!)
・トータルテンボス(2回受賞!!)
・次課長・河本
・タカトシ(fromフットンダ)
・カウカウ・よし
・浅越ゴエ
・ノンスタ
・TKO
・中川家
・陣内智則
・なだぎ武

人気者だらけですよ。
結局、人気者がちょっと面白い
ことをやると王者になれるんです。
その安心感をユーザーが買ってるだけで、
それゆえにM−1まで、とは言わないけれど
知名度はないが実力で勝ち抜いてきた、
という人がいないのが淋しいところ。

その11組の月間王者にくわえ、
M−1王者・パンク、
R−1王者・あべこうじ、
KOC王者・東京03、
の特別参戦が決定。


もうすぐ、年間王者を決める特番が今度あるけど、
どうなることやら。

今まで見たこともないほどの、
「感動もカタルシスもない、
1億円ゲットの瞬間」が
お茶の間に流れることだけは
間違いないでしょうね。

それは芸人、視聴者、両方にとっての。


で、誰が得するん??


nichiham56 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月05日

ブルハ

【完全初回限定生産】 ALL TIME SINGLES~SUPER PREMIUM BEST【完全初回限定生産】 ALL TIME SINGLES~SUPER PREMIUM BEST
アーティスト:THE BLUE HEARTS
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2010-02-24
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


買いました、ブルーハーツ25周年もの。
オールシングルと、ブルハ全15PVのDVDつき!

高1のとき、友達に借りて聞いた、1st。
1曲目の「未来はぼくらの手の中」で全身を貫いたイナズマ。

あれから25年。まったく色あせることもなく、
「好き」というレベルでは済まされない、
ぼくの中の「神様」。それがヒロト。

2年前、そんなヒロトとマーシーをインタビュー
したのを昨日のように思い出す。

「神」と対峙しながらも、「プロ」として
仕事をしなければいけない1時間。

序盤、聞くことすべて、彼らの言葉に対する
リアクション等すべて、ダダスベリ。
地獄のような1時間。

そんな苦い思い出も、今振り返れば夢のようだ。
今でもたまに、そのときのテレコを聞きかえす。
一生の宝物。

物知り顔で語ることを許されないアーティストが、
たまに存在する。そのひとつが、ブルハだろう。
何故なら、10代のときに強烈に焼きついた
「ブルハ」がみんなの心にいるので、それは
許されないのだ。

惨敗に終わったインタビュー帰りに
マーシーが言ってくれた「またねー」。
心に沁みた。

「君のため」





nichiham56 at 03:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月24日

R−1

今日のR−1、
あべこうじが優勝
しましたね。

フリップ芸じゃない、
1人コントでもない、
キャラ芸人でもない。
センターマイク1本の
前での漫談スタイル。
これぞピン芸人の王道。

軽妙な芸風とは裏腹に、
頑なにそのスタイルを
突き通す、芸人としての
芯の太さ。
みたいなものを感じ、
R−1の決勝に出るたびに
応援してました。

やったね、あべちゃん!


nichiham56 at 03:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)