ヲタにつける薬なし


主にフィギュアのレビューを掲載しているブログです。

週一での更新を目安にヲタ趣味全開の記事を、
レビュー・聖地訪問・イベントレポートなどのジャンルで紹介しています。

ヲタク街を中心とした街撮りのスナップにもドハマり中。
しょーもないブログですが、気長にお付き合い頂ければ幸いです。


ワンダーフェスティバル2016夏 フォトレポート(Fate関連)

P7240855
でわ、ワンフェスフォトレポートFate関連編です。
どぞ~。



続きを読む

ワンダーフェスティバル2016夏 フォトレポート(はいふり編)

IMG_5077
というわけで、今回も無事ワンダーフェスティバルに参加してまいりました。

年に二回のお楽しみな、このイベント。
いつもだったら全てのフィギュアを撮影しつくしてやる・・・。
と、異常な意気込みで参加するのですが、なんか空回ってる感がひどい気がしてならなくなったので、今回からは気になったフィギュアだけを撮影する、のんびりペースで参加することにしました。

結果としては大正解でしたね~。
初っ端からフラッシュがお亡くなりなるというトラブルがありながらも、ゆっくりとイベントを楽しむことができましたし。
今後はこんな感じで参加をして行くのがベストかな~。

ただ、そんなペースでの撮影だったので、いつもはブースごとで区分けしていたフォトレポートも今回からは作品ごとに掲載していきたいと思います。
ブースによっては一つしか撮影してなかったりもしますからね(^^;

でわ、まずははいふり編から行ってみたいと思います。
どぞ~。


続きを読む

人生一度はオープンカー? 衝動買いしたロードスターで伊豆をドライブ

P7111064
というわけでまたまたお久しぶりな更新となってしまいましたが、買ってしまいましたロードスター。
とは言っても、不人気がゆえに中古でとってもお安いNC1ロードスターなんですけどね(^^;

店頭価格も100万円を切るプライスも珍しくないこの車。
とは言っても100万以下となるとAT車だったり、過走行だったり、修復ありだったりと色々訳アリの物が多い中、正規ディーラー販売で走行5万の無事故車が99.8万円で転がっており、思わず飛びついてしまったというわけです(´Д`)

まあ、ホイールが傷だらけだったり、よく見るとボディに10円パンチされたような凹みがあったりもしたのですが、この程度でこの価格。
しかも安心のディーラー販売だったら文句もないなぁ(下取りも結構頑張ってもらったし・・・)ということで、ハンコを押してしまいました。
なかなか良い買い物だったと思いますよ。


続きを読む

色気とは、ボリュームだけでなし。グッドスマイルカンパニー「冴えない彼女の育てかた」澤村・スペンサー・英梨々 フィギュアレビュー

P5240765
というわけで今回は、グッスマ英梨々のフィギュアレビューです。

ほんっとうに久しぶりのブログ更新となりましてすみません。
なんか色々と写真に対する気力、根気とかやる気とか失いまして(´Д`)

なんなんですかねこの倦怠期?w
まあ長く趣味のことをやってると、結構自分的にはよくある事だったりするのです。
とはいっても写真もブログもやめる気はないので、ペースはかなり落ちると思いますが、のんびり更新していきたいと思いますので、たまにでも覗きに来ていただければ幸いです。

で、英梨々なわけですが、そんな中でも「撮りたい!」と思わせてくれるほどの素晴らしい出来。
やっぱり出来の良いフィギュアというのは、それだけで本当に撮るのが楽しいですね~。
しかもちょいエロな感じがまた・・・(*´Д`)

でわ、レビューのほうへ行ってみたいと思います。
どぞ~。


続きを読む

吹奏楽? 青春? ミステリー? 謎が謎を呼ぶアニメ ハルチカ原画展へ行ってきた 

P9790306
というわけで今回は、ハルチカ展へと行ってまいりました。

場所はいつもの東京アニメセンター。
○○展の名の付く、アニメ関連の展示会を隔週くらいで催してくれいて、最近足しげく通っていたりする場所です。
なにげに毎回楽しみなんですよね~。

で、ハルチカなわけですが、P.A works制作なこともあり、楽しみに見始めた初っ端は、正直なところ一体何がやりたいのかさっぱりわからん謎アニメで、危うく見続けるのを挫折しそうになりかけたアニメだったりもするのです(^^;

一話目にしてイキナリ、ハルタのアレな発言で困惑し。
二話目でアレな発言はどこへやら、なんか謎解きを始め混沌し。
吹奏楽とは一体何だったのか? というような置いてけぼりぶりに混迷に至るという感じだったですし(´Д`)

まあ、それでも三話、四話と見続けているうちに、要するにこれは一話完結型のミステリー作品なんだなぁと理解できたところで、そういう視点で見れば、かなり楽しめる作品だと気が付いたわけです。

吹奏楽と青春の部分は、あくまでおまけのスパイス的な要素(現8話まで見た段階では)と考えたほうが良さそうですが、よくよく見るとそのスパイス的な部分にも一切手を抜かず、丁寧に作られていることを感じることができます。

特に青春?の部分なのか、ハルタとチカのやりとりなんかはすごく好きなんですよね~。
願わくはハルタが正道に帰り、チカちゃんを少しずつ意識し始めたりしてくれれば、自分的にはより好みな作品になるのですが・・・。
そこは今後の展開を楽しみにしていきたいと思います。

でわ、そんな謎なアニメなハルチカの、原画展をレポしていきたいと思います。
どぞ~。


続きを読む
記事検索
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • ワンダーフェスティバル2016夏 フォトレポート(Fate関連)
  • ワンダーフェスティバル2016夏 フォトレポート(Fate関連)
  • ワンダーフェスティバル2016夏 フォトレポート(Fate関連)
  • ワンダーフェスティバル2016夏 フォトレポート(Fate関連)
  • ワンダーフェスティバル2016夏 フォトレポート(Fate関連)
  • ワンダーフェスティバル2016夏 フォトレポート(Fate関連)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ