PA268224
というわけで、伊勢・高雄編ですが、閑話休題。
今回撮影させて頂いたTamTam相模原店さんで、「暁」を購入してきました。

いやーしかし、自分が店頭に並ぶ駆逐艦プラモの名前を見て、艦娘達の顔が浮かんでくると共に、なんとなくこの艦がどこでどう活躍したとか、スペックはこんなもんとかパッパッと出てくる事にびっくりしたw

そりゃ戦艦とか正規空母とかはある程度知ってますけど、駆逐艦とかは相当なマニアな方でもない限りは、普通把握していないですからね~。
艦これ恐るべし。


PA268228
実はプラモについては、ガルパンで色々買ったにも関わらず積みっぱなしになったので、自分には向かない趣味っぽい・・・という事でちょっと懲りていたのですが、これくらいなら自分でも作れそう!
頑張って第六駆逐隊を結成するぞ~。


PA268122
でわ、航空戦艦伊勢さんです。


PA268049
四航戦に所属しながらも、結局最期まで艦載機を搭載しての実戦には参加できなかった伊勢さん。

艦載機を収納するための格納庫は、結局物資を運ぶために使われ、物資不足に悩む日本への輸送任務を大成功させたという事で、航空戦艦と言うよりは輸送戦艦の方がしっくりくるかも^^;


PA268079

PA268078

PA268076
日本海軍としては、最後に火を噴いたと言う主砲。

タンクデサントならぬ、大砲デサントを強いられる位置に機銃があったりします。
これ主砲をいざ使う時には、機銃担当の人はどうするんですかね。
必死に艦内へ退避するのかな?


PA268057

PA268061
航空機作業甲板。

正直、航空戦艦と言うくらいなのだから着艦にはこの甲板を使うものだと思っていたので、こんなに凸凹してて大丈夫なのか? とか思いましたがそれは大きな勘違い^^;
実際には、ここは艦載機を置いたりするくらいで、カタパルトで発艦させた後は水上機以外は他の空母、もしくは陸上基地に帰る段取りだったようです。


PA268093

PA268099
遮蔽物という概念すらない、甲板上に設置された機銃。

「お前、今日からここの担当な!」
って言われたら、ションベンちびりながら即座に土下座して謝るレベル^^;
誰だ! ここに機銃を設置しようとか言いだした奴ヽ(‘Д´)ノ


PA268063

PA268064
扶桑姉さまのような、ゴチャゴチャ感は無くスッキリしてますが、やっぱり主砲が窮屈そうなのです^^;


PA268074

PA268071
こちらも扶桑姉さまと違って、どっしりとした安定感のある艦橋。
まあ、これが普通だと思うのですが。


PA268075
対空電探も装備されています。


PA268112
凄い数の双眼鏡も。
まあ索敵は大事ですからね。


PA268109

PA268105


PA268115

PA268118

PA268087

PA268085

PA268102
やはりこちらも素晴らしいほどの作りこみでした。
この時点で、撮影し始めて小一時間くらい経過していたのですが、それくらいのめり込む素晴らしい出来です。
ただお店の方には、長々と撮影してしまいご迷惑をおかけしました・・・^^;


PA268210
で、最後を飾るのは愛宕(これ今更気がついたんですけど、高雄の間違いです。タイトルに高雄って書いてあるのに^^;)さんです。
なんか宇宙戦艦みたいですね。


PA268142
戦艦に比べると細身のボディですが、安産型のどっしりした艦橋がグラマラスなシルエットを演出しています。
これは格好いい。


PA268146

PA268150

PA268156

PA268160

PA268164
何度も引き合いに出して申し訳ないのですが、扶桑姉さまとは違ってバランスよくまとまったゴチャゴチャ感です。


PA268195

PA268159
しかし斜めに突き出た煙突といい、本当に某宇宙戦艦のようなスタイルを持っています。

これはまんま高雄さんが主役でも良かったんじゃないですかね?
重巡が主役なんて渋すぎるわ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ほらⅣ号戦車とかM3とかが脚光を浴びる時代ですし、それも良いかとw


PA268186

PA268189
本気でしびれる艦橋周り。

高雄って写真とかまじまじと見たことないのですが、こんなにも格好いい艦船だったんですね~。
これは一気にファンになった。


PA268177
後の御姿も、美しくまとまっています。
日章旗が映えますな。


PA268180

PA268168

PA268185
第三次ソロモン海戦では霧島・愛宕と共に、アメリカ軍の秘密兵器であった謎の新型戦艦Xを大破させた高雄さん。
その後霧島は、サウスダコタ(←戦艦X)の僚艦ワシントンにより撃沈されますが、高雄さんは見事生き残りました。


PA268154
前部主砲。
面白いレイアウトです。


PA268201
後部主砲。


PA268198
4連装魚雷発射管。

前述の第三次ソロモン海戦では、ワシントンに対し雷撃を試みていますが、早漏だった九三式魚雷さんの所為で、目標手前で自爆、戦果を挙げられ無かったそうです^^;


PA268206

PA268208

PA268220
とまあこんな感じでした。

今回は撮影をしませんでしたが、もう一隻展示されていた護衛艦たかつきも含めると、現在TamTam相模原店さんには5隻の1/100モデルが展示されています。
展示期間がいつまでなのか分かりませんが、見応え抜群なこの時期を逃さないよう、実物を見たい方は、早めに訪問することをお勧めしますよ~。

ちなみに撮影するにはショーウィンドウの反射が厳しいので、PLフィルターは必須です。
フィルターを取り付けられないコンデジとかスマホのカメラとかだと、ちょっと厳しいかもしれませんね^^;

以上、伊勢・高雄編でした~。


おまけ     
P8276256
おまけ編として、以前横須賀に行った時に撮影した、1/1三笠さんを掲載します。
1/1ってつまり本物なんですけどねw


P8276278

P8276267

P8276130

P8276134

P8276141

P8276142

P8276148

P8276181

P8276210

P8276224

P8276232

P8276251

P8276211

P8276184

P8276186

P8276193

P8276124

P8276024

P8276031

P8276036

P8276039

P8276046

P8276049

P8276058

P8276065

P8276071

P8276093

P8276096

P8276102

P8276111
以上、おまけでした。



記事紹介の御礼
前回の赤城・扶桑編はたくさんの方にツイッター等のソーシャルメディアでご紹介いただきました。
おかげで、今までに無いくらいの多くのアクセスを頂くことが出来ました。
本当にありがとうございます~。