P3200311
というわけで届かない時には届かない、でも届く時は連チャンでフィギュアが着弾したりするので、珍しく連投でのフィギュアレビューとなります

あーいなこんの記事、もたもたやっているうちにアニメが終わってしまった^^;
まあ、こちらの方もいずれきっちりと更新は致します。

で、今回は劇場版のまどかなわけですが、グッスマさんのまどマギシリーズは出来が素晴らしいですね~。
舞妓まどかとかも、筆舌し難い素晴らしい出来で、一番のお気に入りのフィギュアですし。
もちろん今回についても本当に素晴らしい出来で、買ってよかった・・・と心から思えるフィギュアでした。

いやー、晴着ほむほむも楽しみ。
まみさん舞妓ver.も発表されたようですし、こちらもとんでもなく楽しみです。

着物シリーズは、全キャラ分発売されて欲しいですね~。
順当に次は赤が来るとして、青だけは企画が立ちませんでした・・・、とかは本当にやめてあげてくださいね^^;

でわ、いつも通り八方向からいってみたいと思います。


P3200332

P3200335

P3200336

P3200337

P3200338

P3200339

P3200340

P3200341
ルーチンワークである八方向を撮っているだけでも、いつも以上に気合の入る、この素晴らしい出来っぷり。
うーん、さすがですなぁ。

ちなみにピンクのフィギュアにピンクの背景紙はどーなんだろ?
とか思ったけど、色被っても結構しっくり来ますね。
同色系って、結構ありだな。


P3200342

P3200388

P3200344

P3200348

P3200363

P3200364

P3200366
各部、ややアップにて。

背後から撮るとかなりエビ反っていて、苦しそうなポージング^^;
でもエビ反っているからか、結構胸部周辺がボリューミーに見えます。
まどかって思っていた以上にはあるんだな~、とかしみじみと思ったり(おい


P3200354

P3200351
俯瞰、広角にて。
ちょっと暗かったかな?


P3200385
更に俯瞰にすると、こんな感じに。
最近ちょっとハマっている撮影の仕方ですが、パースがつくと印象変わって面白いです。


P3200359

P3200361

P3200362
とても可愛らしい表情。
目線バッチリより、少し視線を右に向けた時の表情が好みです。


P3200405

P3200395

P3200413

P3200412

P3200400

P3200409
ローアングルにて。

ほぼ完璧なガードが施されており、頑張れば見えないことも無い・・・くらいには見えますが、感動は全く無いレベルですw


P3200424
うーん可愛い。


P3200321
ちなみに今回のトップ画は、障子を背景に撮影してます。

背後からの透過光は、天使フィギュアの時やった以来ですが、すこしファンタジックな印象に仕上がるので良いですね。
出来れば障子じゃなくて、ちゃんと透過光を使って撮影できる環境を整えたい^^;

あと背景紙も、けち臭く模造紙とか使ってないで、ちゃんとグラデーションされているものが欲しいです。
ただ結構高いんですよね。

カメラ本体や、レンズにばかりお金廻してないで、少しは撮影用品にもお金を回さないとなぁ。
ただどーしても二の次、三の次になってしまふ。
今年中には、もう少しましな撮影環境を整えてやりたいものです。

以上、劇場版まどかフィギュアレビューでした。



記事紹介の御礼
Hobby Holicさんに、アイリスフィギュアレビューの記事を紹介していただきました。
いつもありがとうございます~。