P4130655
というわけで今回は、グッスマさんより発売された月火のフィギュアレビューです。

ここのところのグッスマさんから発売されるフィギュアは、手の込んだものが多く、当然ながら価格も高沸しているのですが、もちろんクオリティを裏切るようなものでは無いですし、雰囲気も素晴らしいので本当に撮影していて楽しいです。

今回の月火に関しても、ジャングルジムやらお面やら風車などなど、なかなかセッティングするのに苦労をさせられますが、やはりギミックが多いと撮影の幅が広がる感じで面白いですね~。
これだけギミックに凝った元絵をフィギュアにしようとする心意気には惚れてまいそうです(*´∀`*)

いくらシリーズ物のパケ絵をずっとフィギュア化してきたとはいえ、前回の火憐といい、そろそろやめても良いですか?
と音を上げるレベルに到達しそうな勢いですが、ここまで忠実に再現し量産品として市販するとか、なんて凄いメーカーなんだw

グッスマさんは、この化物語シリーズ以外のフィギュアについても、ギミックやポージングに凝ったモノが多く、フィギュア業界のリーディングカンパニーであることを思い知らされる作品が多々あります。
ねんどろいどなどユーザー側に工夫をさせる、させたくなるギミックを持ったフィギュアも早くから手掛けていましたし、本当に撮影する楽しみを広げてくれるメーカーですね~。

撮る側としても、その心意気に負けないように腕を上げなくてはなりませんが、全く追いついてなくて本当にすみません・・・orz
もっと頑張ろう^^;

でわ、いつも通り八方向からいったみたいと思います。
どぞ~。


P4130602

P4130603

P4130604

P4130605

P4130606

P4130607

P4130608

P4130609
いや、これ本当に良くフィギュア化してやろうと思いましたねw
パケ絵の方もパケ絵の方で、これはフィギュア化できまい・・・とデザインしているような気がしないでもないですが、もはや意地のぶつかりあいだったり?


P4130610

P4130613

P4130615

P4130616
視線はパケ絵の方はあおって撮った感じなので下方に向けられていますが、フィギュアの方は真横、地面と平行な位置くらいに向けられています。

まあフィギュアを飾る場合、一般的に自分の視線と平行、もしくは下方の位置に飾るのが普通でしょうし、それもあってここは改変されたのかもしれません。

ただローアングルで抜群の表情を見せるフィギュアと言うのも、実に趣深く興奮するので、個人的にはアニメ版着物色ver.とかでは無く、パケ絵忠実再現ローアングルからの撮影バッチリ!「やだ! おにいちゃん何撮ってるの!?」ver.とかを発売してほしかった (*´Д`)ハァハァ(しねばいい


P4130667

P4140736
月火ってこんなにボリューミだったっけ?
着物は小さい方が似合うと言いますが、大きい方は大きい方でこれは良き事なり。


P4130669
たなびく帯が立体感を演出してくれます。


P4130668
しかし、なんともまあ扇情的なポージングですなぁ。
しっかりと再現された下着のラインと言い、なんだかもうね・・・。


P4140729
これはアップで撮らざるを得ないw


P4140696

P4130690

P4130687
ジャングルジムにひっかけられたお面も一つ一つ手抜きの無いクオリティです。


P4130660

P4130664

P4130665
表情は少しあどけない感じですが、角度によってはドキッとする視線を投げかけてくるのでビックリします。


P4140761

P4140780
俯瞰、後方から撮るとやや冷たい視線となり、平行位置から見た時とは違う色気が・・・。
すげぇ。


P4140714

P4140754

P4140699

P4140710
それにしても可愛い。


P4130679
俯瞰で撮っても、やはりお尻に目が行ってしまいますw


P4130689
パケ絵くらいのローアングルになると、ちょっとほっぺたがプニッとし過ぎな印象に。


P4140732
設置状態では見ることはできません。


P4140695
さんざんラインで魅せられてきた下着は白でした。


P4130634

P4130646

P4130623

P4130653

P4130649
最後は適当に。

今回は最後の5枚+トップ画もそうですが、一部カットを障子越しにディフューズされた太陽光、つまり自然光を使って撮影してみました。
やってみて思ったのは、自然光はそれがフィギュアであっても、肌の色を実に自然かつ綺麗に再現してくれます。

普段は電球型蛍光灯をディフューズした光で撮影しているのですが、どんなに現像でいじくっても綺麗に肌の色が出ないなぁ・・・と思ってましたが、さすがの自然光は一発ですねw

照明機材が発展していなかった昔の写真館なんかは大きい擦りガラスの窓を設置して、その光で撮影していたようですが、(江戸東京たてもの園に常盤台写真場という古い写真館が残っているので、見ることが出来ます。)自然な印象を重視する場合、この方法が一番いいかもしれませんね~。
なかなか気に入ったので、これからもちょいちょいと使って行きたいと思います。

いやーそれにしても今回の撮影は楽しかった。
グッスマさんの化物語シリーズは本当に撮り甲斐ありますね。

この勢いで、是非偽物語5巻のパケ絵。
二人が制服姿でだらけてる奴もフィギュア化してください、おながいします。
二人セットだし2万・・・いや3万でも買うから!
火憐のスカート姿は、歯磨きか制服くらいだから貴重なんだよぉぉ。
あっ、もちろん3巻の忍ドーナツ風呂も絶賛渇望中ですよ(๑´ڡ`๑)テヘッ

以上、グッスマ月火フィギュアレビューでした。


偽物語 阿良々木月火 レビューリンク
・アキバフォトグラフィさん
フィギュア撮影 グッドスマイルカンパニー 阿良々木月火

・Hobby Holicさん
[グッドスマイルカンパニー]偽物語 阿良々木月火 製品レビュー



記事紹介の御礼
つーおんつさんに、いなり、こんこん聖地訪問の記事を紹介していただきました。
いつもありがとうございます~。