PB075729
と言うわけで、新年一発目の更新はパナライカ15mm F1.7のレビューです。

まずは、ご挨拶を。
旧年中はたくさんの方にご訪問頂き、本当にありがとうございました。
本年もしょーもない記事を懲りずに更新していくつもりなので、よろしくお付き合い頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします<(_ _)>

でわ、本編の方へと行ってみたいと思います。
実はこのレンズ、去年の夏の終わりくらいに手に入れていて、すでに色んな所を撮り歩いたりしているのですが、使い勝手が本当に素晴らしいです。
画角15mmというと、m4/3で換算値30mmとなるのですが、普通はあまり意識して使わない画角ですよね^^;
よく単焦点でラインナップされる画角では28mmが一番近いので、その画角をイメージしてもらえばわかりやすいかと思います。

ただ、この30mmという画角。
使ってみて分かったのですが、本当に、何とも言えない絶妙万能画角なのです。

広くも撮れるけどちょっと狭いような・・・。
標準っぽく撮れるけど、ちょっと広いような・・・。

と、一見中途半端にも感じますが、ちょろーと足使って撮る場所を移動するだけで、風景もいけるしスナップもいける、人を撮ったり、車撮ったりするにもなかなか良いじゃないですかーと「標準ズームなんてもう要らない」と、豪語できるくらいの絶妙さです。

スマホなんかにも採用されている画角みたいなのですが、考えてみればスマホって単焦点なのに、どんなシーンでもそれなりに撮影出来てしまいますよね。
その辺りを思い出して頂けると、30mmの使い勝手の良さを実感できるかと思います。

と、ちょっと長めの前口上となってしまいましたが、レビューの方へ行ってみたいと思います。
でわ、どぞ~。


PB075732
レンズ全景。

LEICAやSUMMILUXの文字が、ミーハーな自分にはちょっと嬉しい。
本家はとてもじゃないけど、手が出るようお値段でないですからね^^;


PB075737
フードを付けるとこんな感じ。


PB075745
GM1に取り付けると、実にコンパクトなライカの誕生となります(言いすぎ

ただフード付けてるとかなりかさばるし、金属製なので重さも増して、ちょっと前寄りの重心となってしまうので、外して使用することに。


PB075747
絞りリングが搭載されているのがポイントですね。

GM1は本体側のダイヤルが一つしかないので、絞り優先で撮影する時、いちいち絞りと露出補正で切り替えしながら使用しなければならないのですが、この絞りリングがある事で、本体側は露出補正に固定することが出来、めちゃ便利。

最初、今どきレンズ側に絞りリングとか別にいらないんじゃ・・・とか思ってたのですが、GMに取り付ける分には本当に使い勝手がよろしいです。
そもそもサイズ自体もGMにぴったりだし、その辺考慮してリング搭載したんでしょうかね。

ただ、オリンパスのカメラに装着すると動作しないのが残念。
せっかくの互換マウントなので、この辺もしっかり互換してくれると嬉しいのですが^^;

でわ、実写の方へ行ってみたいと思います。
とりあえずは、いつも通りにフィギュアを撮影してみました。


F1.7
PB075916


F2
PB075917


F4
PB075918


F5.6
PB075919


F8
PB075920


F11
PB075921
この通りかなり寄れる(これでも最短距離ではないです)ので、フィギュアのような小さい被写体も撮れてしまったりします。
ただ解像感に限って言うと、全体的には甘めの描写のような。

まあ、このレンズでわざわざ近接撮影を行うのもナンセンスなので、あくまでご参考までにと言ったところです。


P9780025

P9780027
こちらは去年開かれたモーターショーにて撮影した写真。
なかなかどうしてよい写りをしてくれます。
なんというか車の質感・・・、ガラスのつや感とか塗装のしっとり感、そんなものまでしっかり伝わってきますよね?

正直、フィギュアを撮った時、基本オリンパスの解像番長レンズばかり使ってきたので、ひょっとしてこいつ、いまいちなんじゃない?
とか思いましたが、この車の写真を見て、自分の中で一気にお気に入りレンズへと昇華しました。

でわ、最後にスナップ試し撮りーと秩父をフラフラ撮影してきた写真を掲載していきたいと思います。


P9780064

P9780068
長瀞にある宝登山ロープエイ駅にて発見した鉄道むすめ。
このシリーズあんまり知らないのですが、色々な駅でみかけたりして、結構可愛いので毎回撮ってしまいます。


P9780078
ロープウェイの駅って、基本ちょっとひなびた雰囲気が漂っていて好きです。
昭和のにおいがプンプンしますw

さすがにアルプスとか八ヶ岳に伸びてるロープウェイは、利用者も多いので綺麗に整備されているところが多いですが。


P9780087

P9780095

P9780097

P9780101
登った先はあんまり見どころなかったので残念^^;
しかし、風景写真もばっちりこなしてくれるなぁ。

ちなみに上の写真かなり彩度を高めているように見えますが、コントラストや彩度はほとんどいじってません。
こういう写りをするレンズは大好き。
ただちょっとパーフリはキツめ。


P9780124

P9780131
こちらは麓にある宝登山神社の本殿です。


P9780133

P9780148

P9780152

P9780156
うーむ艶っぽい写り・・・。
最高です(^q^)


P9780162

P9780174

P9780178

P9780186

P9780192
神社自体はなかなか趣あってよかった。


P9780201
そしてここからは秩父です。


P9780202

P9780207

P9780225

P9780236

P9780239
このアンバランスな建物はなんだ?
秩父はちょっと奥に入ると、だいぶワンダーです^^;


P9780242

P9780245


P9780259

P9780263

P9780268

P9780285

P9780290

P9780299

P9780308
街中に突然現れる豚。
本当、秩父はワンダーやでw


P9780363
秩父へ来たら外せない、秩父神社も当然お参りしましたよ。


P9780336

P9780337

P9780340

P9780361

P9780328
まさに落ち葉の絨毯。


P9780388

P9780369

P9780373

P9780375

P9780380

P9780385

P9780401

P9780402

P9780395
毎度言ってますが、秩父は撮影していて本当楽しい。

とまあこんな感じでした。

いや本当に万能レンズで、このレンズを買って以来、GMに付けっぱなしになっています。
キットの12-32が全く出番がなくなってしまい、売ってしまっても良いかなーと思う位w

ここ最近のアキバ訪問記事なんかもすべてこのレンズで撮影しているので、展示会のような場所でも使えてしまう恐ろしさ。
ちょっとしたお出かけのお供にも、小さくて軽いので全くストレスなく持ち運べ、それでいて写りはコントラスト高く、手に取れるような質感も出してくれるので、最強。
m4/3のカメラを持っていて、まだ購入されていない方がいたら、是非にとお勧めしたいレンズでした。

以上、15mm F1.7実写レビューでした。