ミスコン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2020/07/08(水) 18:56:21.91 ID:INdOVovB0.
no title

同じような顔にしか見えんがええやんけ

>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2020/03/26(木) 13:41:12.01 ID:+55OkjZU9.
全国のミスキャンパスから“日本一美しい女子大生”を決めるミスコンテスト「MISS OF MISS CAMPUS QUEEN CONTEST 2020」の表彰式が26日、
東京・赤坂BLITZにて開催され、日本大学・西脇萌さんがグランプリに輝いた。


https://mainichikirei.jp/article/20200326dog00m100001000c.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

    このエントリーをはてなブックマークに追加
158224279811
>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2020/01/20(月) 15:29:00.64 ID:uC60cCFA9.
「第52回ミス日本コンテスト2020」(スポーツニッポン新聞社後援)が20日、東京・新宿の京王プラザホテルで開催され、最終選考に残った13人から、小田安珠さん(21=慶大文学部人文社会学科3年)さんが52代目のミス日本グランプリに輝いた。

グランプリの名前が呼ばれると驚きと感激の表情を浮かべた小田さんは「感謝の気持ちでいっぱいです。素晴らしい賞をくださった方に感謝の気持ちを伝えたいです」と笑顔。
「番号を呼ばれたときからまだ少し夢見心地なんですが、喜びと同時に、たすきをいただいた時に責任感を感じました。私だけでなく、ここにいる13人で令和の時代を引っ張っていける女性になれるように努力してまいります。応援してくださった皆さん、ありがとうございます」と感謝を繰り返した。

今後については「自己PRで伝えるということを頑張っていきたいと申しました。ですから、今まで磨いてきたことでしたり、たくさんの方にこれから教えていただくことを役割を魅力的に伝える役割を担っていると思っています」と意気込み。
一番伝えたい人は「会場に来てくれている母です」と小田さん。
「ずっと探していたんですけど、見つからずどこにいるかわからないんですけど」とキュートに笑いつつ「私の思い付きの人生だったり、やりたいことをすべていいよ!と背中を押してくれた母に『ありがとう』といいたいです」と声を震わせた。

小田さんは、3歳から始めたクラシックバレエはキャリア18年。
昨年は学生キャスターや旅番組のリポーターを経験した。
映画「インディ・ジョーンズ」の影響を受け、大学では考古学を専攻。
古墳時代の埴輪(はにわ)を研究中で、「優しく、凜(りん)とした雰囲気を持つ」アナウンサーを目指している。

ミス日本「水の天使」には中村真優さん(21=独協大法学部総合政策学科2年)、ミス日本「みどりの女神」には井戸川百花さん(19=中大経済学部経済学科2年)、ミス日本「海の日」には森谷美雲(みう)さん(20=山形大人文学部社会学3年)、ミス日本「ミススポーツ」には田中絵梨果さん(22=慶大環境情報学部環境情報学科3年)、ミス日本「ミス着物」には青木胡杜音(ことね)さん(19=日本工学院専門学校蒲田校)が、それぞれ選ばれた。

女優の山本富士子(88)藤原紀香(48)らを輩出した伝統ある、日本最高峰の美のコンテスト「ミス日本コンテスト」。
今回の応募者は2525人で、決定コンテストには全国4地区から選ばれた13人が参加。
水着審査、ドレスなどに加え、自己PR、質疑応答などを経て、「利他の心で行動する健康美人」をテーマにミス日本にふさわしい女性が選出された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000146-spnannex-ent

20200120s00041000216000p_view

20200120s00041000139000p_view

20200120-00000146-spnannex-000-15-view

5221GP522020-890x500

>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2019/12/30(月) 14:47:06.31 ID:WZpyqriw9.
今年で開催5年目を迎えた美ボディコンテスト『サマースタイルアワード(以下SSA)』の令和元年最後となる大会『SSA×NOVICE』が先ごろ、東京・ TFTホール1000で開催された。当日は、総勢約200名の美ボディ自慢が集結。男女別に目標とするシルエットや筋量、年齢などに応じて10部門16クラスに分かれグランプリの座を競い合った。中でも会場の声援を集めた3人の美女に話しを聞いた。

■「何事にも没頭しちゃう」大学2年生 ボディビル部に入部

 16名の美筋美女がエントリーした「ベティ」部門のファイナリストとなった赤坂優花さん(20歳)は現役の女子大生だ。

「トレーニング歴は1年半くらい。もともとスポーツが好きで山岳部に所属していたのですが、体力づくりのためにやる筋トレの方が好きになっちゃって。今では大学のボディビル部に所属しています」

 自身の性格を「没頭しちゃうタイプ」と分析する赤坂さん。今では大学のジムで週5~6回、多い日には1日4時間トレーニングに励むこともあるのだとか。

「腹筋を『縦に割りたい』っていう最初の目標が、いつのまにか『横に割りたい』になって、どんどん筋トレにハマっていきました。そこから、ただ筋トレしているだけじゃ意味ないなと思い始めて…。ありきたりな大学生活から、『何か目標を立てて頑張ってみたい』『自分がどれだけ挑戦できるか確認したい』という気持ちになり、大会出場を目指すようになりました」

 今、大学2年生。社会人になってもトレーニングは続けていきたいと話す赤坂さん。「将来は、ジムのあるオフィスで働くのが夢です(笑)」

■抜群のスタイルを披露した不動産会社の美人OL

 適度な筋肉でバランスのとれたスタイルに加えて、女性らしさや優雅さ、セクシーさなども求められる「ベティ」部門には、28歳の有吉啓乃さんが出場。不動産会社に勤める美人OLだ。

 有吉さんは、先月開催されたコンテスト「SSAルーキーチャレンジカップ」で大会デビューし、「ビキニモデル」のトールクラスで5位に入賞。今回の「NOVICE」大会では、さらなる筋肉量が求められる「ベティ」部門に挑戦した。

「今回カテゴリーを変えたので、『絞り』を頑張りました。大会前の食事は、1日1000キロカロリー未満にするように抑えたり。あとは、毎日会社まで往復10キロ歩いていましたね。スニーカーで行き、デスクでヒールに履き替えて、帰りはまたスニーカーで帰るようにしていました(笑)」

 そんな有吉さんの自慢のパーツは、“背中”だ。「まだまだ道半ばですが…。『背中』はトレーニングで一番大きくなった部分なんです。逆に『お尻』と『腹筋』は厚みがつきにくくて。だから今後は、“腹筋の山”がもっと大きくなるように頑張りたいです」

■周囲の「痩せすぎ」の一言からトレーニング決意したアラサーOL

「ビューティーフィットネスモデル」部門のショートクラスに出場した花崎智代さんは現在28歳で、OLとして勤務している。トレーニング歴は2~3年。周囲からの「痩せすぎ」という一言から始めたと、花崎さんは振り返る。

「20代になったばかりの頃は太っていたのですが、23歳くらいから急に痩せ始めちゃって。当時はそれが『健康美』だと思っていたら、周りから『痩せすぎ』と言われるようになってしまい…。自分でも『顔色がよくない』『健康的じゃない』と感じるようになり、鍛えることにしました」

 24時間のフィットネスジムやパーソナルジムに通い始め、健康美を手に入れた花崎さん。自信のあるパーツは「お尻」と「腹筋」だが、トレーニングを始めて最も変わったのは「意識」だと、花崎さんは語る。

「意識が変わりましたね。内面から明るく元気になり、笑うときも“作り笑顔”じゃない自然な笑顔が出るようになったんです。また大会出場を目指すようになってからは、ふとした瞬間の所作を意識するようになりましたね。『これができたらきれいだな』って思うことがたくさん見つかりました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000304-oric-ent

no title

no title

no title

>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2019/12/06(金) 12:03:46.37 ID:LdnOeu9/9.
https://news.livedoor.com/article/detail/17484292/

年齢を感じさせない美しさを持つ女性を選ぶ「国民的美魔女コンテスト」が、5日の都内で行われ、栃木県出身の坂村かおるさん(52歳)がグランプリを勝ち取った。

同コンテストの応募資格は35歳で、外見と内面から輝く女性を審査。アラフォー世代の女性をターゲットにした雑誌『美ST』(光文社刊)が主催しており、10回目となる今大会は、予選を勝ち抜いた5名に加え、第1回から9回目の代表9名が"レジェンド美魔女"枠で参戦、合計14名で競い合った。

坂村さんは独身だそうで、モデル、ミスユニバース栃木大会の審査員などを通し、トータルビューティーアドバイザーとして活躍しているという。

no title

no title

no title


右は準グランプリ・川端歩さん39歳
no title

no title

no title

no title

>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2019/11/14(木) 09:02:25.64 ID:C6FRDCuJ9.
“モッツァレラボディ”と称される色白でもっちりした健康ボディで話題のタレント・井口綾子が、14日発売の「週刊ヤングジャンプ」50号の巻末グラビアに登場する。

井口綾子、色白もち肌の水着姿で笑顔
「モッツァレラボディ」の独自スタイルで、グラビア界の話題をさらった“いのあや”こと井口の同誌掲載は8ヶ月ぶりの出演。磨きがかかった美しさと愛されボディを存分に披露する

なお、表紙&巻頭グラビアは、ヤングジャンプが誇る美少女の登竜門「制コレ」で最新グランプリを受賞した、アイドルグループ26時のマスカレイドの来栖りんが務める。

2019.11.14 00:00
https://mdpr.jp/news/detail/1894089

写真
no title

>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2019/09/14(土) 23:42:20.62 0.
ミス慶應2019 No.5 浦田直佳 @misskeio_2019_5
#リゼクリニック さんとのコラボ企画第1弾
ミスリゼクリニック賞をかけてRT数を競っています??
#拡●希望 #RTお願いします

ドバイに行った時の写真です???
夏といえば、海??水着??????

#夏の思い出 #美肌が似合う夏
#ミスリゼクリニック
@rizeclinic
no title

no title

no title

>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

このページのトップヘ