欅坂46

1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2019/01/15(火) 21:09:35.09 ID:O7DTbRO69.
欅坂46の関連グループ、けやき坂46(読み:ひらがなけやき)の渡邉美穂(18)が15日、東京・福家書店新宿サブナード店で、初写真集「陽だまり」(17日発売、幻冬舎)の発売記念イベントに出席した。

撮影は昨年秋、渡邉にとって初の海外となるニュージーランドで行った。
「自分の顔のパーツで目が好きなので、草原で朝日を見つめているカットがお気に入りです」と明かした。
出来栄えを聞かれ、「307点です。撮影行く前に、眠れない時があって、ニュージーランドにちなんで羊を数えたら、307匹まで数えたところで寝てしまったので」と独特の自己採点を披露した。

写真集では、初の水着撮影にも臨んだ。
「人生で初めてビキニを着ました。最初は不安や緊張、恥ずかしい気持ちもあったんですけど、実際現地でビキニになると、すごく開放感があって、楽しいという気持ちのほうが大きかったです」と笑った。
報道陣から今後もビキニ姿を披露していくのか聞かれると、「いや、おそらく…ないですね。プライベートで着ることはまずないと思います」と答え、笑いを誘った。

水着撮影などに備えて、ダイエットにも臨んだという。
「撮影が決まってから撮影が始まるまで1カ月もなかったので、急いでやらなきゃな、という感じでした。週に何回もジムに行って、食事制限して。6キロ落としました」と明かした。
「お仕事の時、差し入れでおいしいスイーツとかがあるんですけど、我慢していたのがつらかったです」と笑った。
現在もジムに通い、体重をキープしているという。

渡邉は17年8月、けやき坂46の2期生オーディションに合格。加入前はバスケットボール部のキャプテンを務めており、明朗快活な性格。
「ハッピーオーラ」をウリにするけやき坂46の中でも、特に笑顔が特徴的な元気印だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00447653-nksports-ent

けやき坂46渡邉美穂(わたなべ・みほ)プロフィール
生年月日:2000年2月24日
出身地:埼玉県
星座:うお座
身長:158cm
血液型:A型
 

渡邉美穂1st写真集『陽だまり』より
no title

no title

no title

no title

no title

>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2019/01/08(火) 21:32:26.34 ● BE:599478628-2BP(2500).
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)でのある一幕が物議を醸している。

問題となっているのは6日深夜放送回。番組内では、今年年女になった菅井友香と渡辺梨加を中心にメンバーが2 チームに分かれてゲームバトルが開催された。その中で、各チーム2名がこたつに入り、足の感触でこたつの中に 入っているものを当てるというゲームも行われたのだが、その1回戦目で中に入っていたのは門松。4人のメンバー が門松を足で触り続け、台座から落ちてしまった門松を踏みつけるように触り続けるという光景も放送された。

 しかし、もともと門松には「年神を家に迎え入れるための依り代」という意味合いがあるため、放送後にネット からは「門松足で踏むってどういう神経してるの?非常識というか罰当たり」「見てて胸くそ悪くなった」「罰当 たりだし、正月から縁起悪い」といった批判が殺到。番組制作側に対して、「スタッフの常識を疑う」「矢面に立 つのはメンバーなんだから、もうちょっと考えて」という指摘が寄せられてしまった。

 また、バトル内ではさらに「羽子板マシュマロキャッチ」として、チームのリーダーが3メートル離れた場所にい るメンバーに羽子板でマシュマロを打ち、1分間でメンバーが口でキャッチできた数を競うというゲームも行われ、 「食べ物で遊ぶのもそうだし、いろいろ常識がなさすぎる」「マシュマロを大量廃棄したのも問題でしょ」という 声も噴出。食べ物企画でよく見る「この後、スタッフが美味しく頂きました」というテロップもなかったために、 苦言がさらに大きくなっている状態になっている。

 また、一部ファンは番組の公式ツイッターアカウントに直接苦情を寄せるなどの事態にも発展しているこの騒動。 果たして番組側からの説明はあるのだろうか――。
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-45226/

画像
no title

no title

no title

no title


gif
wBHe71A

xqA1QVO

>>>>> 続 き を 読 む <<<<<

このページのトップヘ