January 27, 2008

"Because they are stupid."

フランスの大手銀行、ソシエテ・ジェネラルで、一トレーダの不正取引によって49億ユーロ(≒7,600億円)の損失があったそうである。

以下、同行の日本のサイトに掲載された、不正取引に関するプレスリリースからの抜粋である。
不正取引およびポジション隠蔽に伴う損失
ソシエテ ジェネラル グループ(以下「当グループ」)は、異例な規模および性質の不正取引を発見した。欧州株式市場の指数を対象とする比較的単純な先物を担当するトレーダー1名が、2007年および2008年に自己の権限を逸脱して大規模な不正な偏ったポジションをとっていた。当該トレーダーは、ミドル・オフィスでの業務経験から管理体制を熟知していたため、架空取引を巧妙に捏造してポジションを隠すことができた。
<中略>
当該トレーダーのポジションについて調査が実施され、また、彼の所属部門のポジションすべてについて徹底的な分析を行なった結果、当該不正取引は単発的かつ異例な性質のものであることが確認された。不正取引を認めた当該従業員は停職処分とされ、解雇手続きが進められている。当該従業員の監督責任を有する上司も当グループを退社することになる。
一従業員の不正取引によって損失を出した事例には、1995年に発覚した旧大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件での960億円や、同じく1995年の旧ベアリングス銀行巨額損失事件の約1,380億円という事件があったが、それらを遥かに超える損失だ。

しかし、損失を発生させることを可能にした背景は全く一緒だといえそうである。
今回の事件でトレーダはミドルオフィスの経験があったために、損失を隠すことが可能だったという。旧大和銀行事件の井口俊英も、旧ベアリングス事件のニック・リーソンも、自らの権限を大きく逸脱して取引を行った。そして井口もリーソンもバックもしくはミドルオフィスの経験を活かして、損失を隠し続けた。

それを可能にしたのは、管理体制の甘さである、と当人達は語っている。井口はその著書『告白』のなかで、本店の監査、大蔵の監査、NY連銀の監査と度重なる監査のたびに「見つかるのではないか」と恐怖を抱いたそうだが、監査担当者は事務処理が適切になされているかを監査するだけで、取引が適切に行われているかということは監査されなかったという。
リーソンはBBCのインタビューに対し、何度もあった監査では何も見つからなかったと語り、その理由を"Because they are stupid."と語り、管理側が管理する能力がなかったと断言していた。

大和の事件では、ディールを行う担当者が決済まで全て行っていることが、不正取引を可能にした。ベアリングスの事件では隠し口座にあからさまに損失を隠していたにも拘らず発見できないことが可能にした。いずれの事件も、管理体制が不十分であったことがその原因であったのだ。

報道によると今回のソシエテ・ジェネラルのケースでは、不正を働いたトレーダは同僚のパスワードなどを使って決済システムに入り、損失を隠したという。大和の事件と違い、ミドルやバックとディーラは分離されていたものの、パスワードの不正入手でその意味が全くなくなったわけである。本来は、決済システムには特定の端末からしか入れないようにするとか、IDカードによる認証を行うなどの対策を行うべきであったのだ。
組織そのものは不正を働かないように設計されていたものの、実質的には何の意味もなかったわけである。その点では、管理体制や組織分離の意味の実効性が不十分であり、大和やベアリングスの事件の背景とは何ら変わりがないといえる。

せっかくディーラになって高給を取っているのに、些細なミスでその職を失うかもしれない― 何をしてでも、何とかミスを取り戻したい、と思うのは人間として普通のことである。不正ができる環境であれば、不正が起きることはやむを得ない。従業員を信頼している、とかそういう問題ではなく、このような事件は人間が取引を行う限りおいては、起きるのである。

組織や規則がいかに不正を防ぐことを意図して作られていても、実効性が伴わなければ何の意味もないのだ。ソシエテ・ジェネラルは「当該不正取引は単発的かつ異例な性質のもの」と断言しているが、実行が可能だったということは、想定可能であり、反復する可能性もあったのだ。想像力をフルに働かせて、どんな不正が起きるのかを考え抜き、それをスパイクするような対策が必要なのだ。徹底的に厳しい不正防止システムができない限り、同じことは必ずまた起きる。

nicholas_k at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ニュース 

January 06, 2008

One Dentist Too Many 〜歯科医が多すぎる

2007年のiTunes Store Japanでの総合ランキングに、Greeeenの「愛唄」が2位でランクイン。彼らは、奥羽大学歯学部の学生だとか。
歯科医のタマゴならば音楽なんぞに血道を上げてないで、ベンキョすればいいのに、と思う向きもあると思う。しかし、これは彼らなりの危機感の表出、もしくは日本歯科医師会の差し金ではないかとハタと思ってしまった、というのが今回の話。

歯科医が多すぎるそうである。

厚生労働省の「医療施設動態調査」によると、2007年9月末の概数で全国には、67,807もの歯科医院があるそうだ。

これがどれだけ多いかというと、同じ2007年9月末時点での日本全国のコンビニ軒数が40,918軒(出典:日本フランチャイズチェーン協会「コンビニエンスストア統計調査月報」)であるから、歯科医院の数は実にコンビニの約1.6倍なのだ。

増えすぎた原因としては、歯学部の増加により市場に出てくる歯科医師の数が増えていることが言われている。日本歯科医師連盟(日本歯科医師会の政治団体)は現在、約90,000人いる歯科医師の20%減を主張している(日本歯科医師連盟「主な活動」)。
自分達の市場を守るために、歯科医の供給量を制限しようとしているのだ。これって独禁法的にはどうなんだろうと思ってしまうが。。。

で、Greeeenの話。歯科医師会はGreeeenのデビューをバックアップしたのではないか、と妄想した。供給過多を少しでも減らすように、彼らを歯科医師の道から遠ざけているのでは??更には、全国の歯科医のタマゴに、「道は歯科医だけじゃないゾ」とメッセージを送り、足を洗わせるべく暗躍したのかもしれない。そして、巷では「パクリ」と名高い『愛唄』があれだけ売れたのは、全国の歯科医師や歯科医師会が金を出してダース単位で買い占めたのではないか、、、

という妄想なのだが、月収20万円の「ワーキングプア」歯科医師がいると聞くと、強ち妄想に終わらないかもしれない、と思う2008年の年始でした。

nicholas_k at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!an umbobical day 

November 24, 2007

なんでもオッズ「ホームレス中学生」

田村裕『ホームレス中学生』(ワニブックス)が、発売2ヵ月で100万部を突破。ギネス申請を、と意気込んでいるようだ。(デイリースポーツ「麒麟田村“貧乏本”ギネス申請も検討」)

『ホームレス中学生』が2ヵ月後に、ブックオフで「200円コーナ」で平積みになる確率
500―1

nicholas_k at 23:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

November 20, 2007

Smith List

NY Timesを読んでいたら、面白い記事を見つけた。
In U.S. Name Count, Garcias Are Catching Up With Joneses

11/17にアメリカの商務省国勢調査局から発表された、「アメリカの苗字ランキング」の記事だ。2000年の国勢調査の結果が2007年に出てくるあたりがいかにも国勢調査でもめまくるアメリカらしいが、さて、その結果は。。。

1. Smith
2. Johnson
3. Williams
4. Brown
5. Jones
6. Miller
7. Davis
8. Garcia
9. Rodriguez
10. Wilson

なんと言っても注目は8位と9位。GarciaとRodriguezはヒスパニックの姓である。前回1990年の国勢調査では各々18位と22位だったもので、アメリカにおけるヒスパニックの存在が非常に大きくなっていることを物語る。

ちなみにこのランキングを"Smith List"というそうだ。
"Smith"は日本語で言えば「佐藤」のようにもっともありふれた姓で、多い順に並べると常にトップにSmithが来る為、この名前がついたそうだ。

では、日本ではどうかな、と思いググってみましたが、日本では公式統計がないようである。Googleで一番最初の検索結果に出てきた静岡大学人文学部言語文化学科比較言語文化コース城岡研究室による「日本の姓の全国順位データベース」(滅茶苦茶重たい)によると、、、

1. 佐藤
2. 鈴木
3. 高橋
4. 田中
5. 渡辺
6. 伊藤
7. 山本
8. 中村
9. 小林
10. 加藤

NY Timesの上記の記事には、5000位までの姓を検索できるようなFlashがくっついている。そこで日本で1位の「佐藤」を「Sato」で検索してみるとアメリカでは4726位だそうだ。"Tanaka"が4170位、"Yamamoto"が4289位、"Nakamura"が4203位。そのほかの苗字はランク外のようだ。日本で一番の佐藤さんも、アメリカでは田中さんに負けたわけだ。
そんな日本のランキングTop10に、日本語以外の苗字が入るような時代は来るのでしょうか???

だからと言ってなんていう事はない、秋の夜長。

nicholas_k at 00:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!ニュース 

November 07, 2007

Yokoso! Unexpected Terrorists

11月20日から、日本に入国する外国人の入国審査手続きが変更されるそうだ。(法務省「新しい入国審査手続(個人識別情報の提供義務化)の概要について」)
これまではパスポート・出入国カードの審査のみだったものが、指紋を機械で読み取り、更に顔写真を撮影するそうである。ちなみに2005年の旅館業法施行規則改正により、日本国内の旅館・ホテルは、外国人を宿泊させる際には、パスポートを提示させ写しを保存することが義務付けられている。(厚生労働省「旅館業法施行規則の改正について」)
アメリカも日本に先立って、入国審査において指紋と顔写真の取得を行っている。(Department of Homeland Security"US-VISIT: How It Works")

国土交通省の「Yokoso!JAPAN」に入り口からハードルを設けている間もあるが、日本もアメリカもテロ対策が大義名分であり、仕方あるまい。
しかし、どのように対策になるのだろう。法務省によれば「指紋,顔写真という個人識別情報を利用して,別人の旅券を使っている人やテロリスト等の要注意人物を見つけることが可能となり,テロの未然防止に役立つからです。」とか。テロリストの側だって、要注意と目されているであろう人物を外国に送り込んだりはしないんではないのだろうか。
それに、この入国審査の手続きには日米共に、この手続きを踏まなくても良い、「例外」が存在する。
日本
(1)特別永住者
(2)16歳未満の者
(3)「外交」又は「公用」の在留資格に該当する活動を行おうとする者
(4)国の行政機関の長が招へいする者
(5)(3)又は(4)に準ずる者として法務省令で定める者


アメリカ
- Visitors admitted on an A-1, A-2, C-3, G-1, G-2, G-3, G-4, NATO-1, NATO-2, NATO-3, NATO-4, NATO-5, or NATO-6 visa
- Children under the age of 14
- Persons over the age of 79
- Classes of visitors the Secretary of State and the Secretary of Homeland Security jointly determine shall be exempt
- An individual visitor the Secretary of State and the Secretary of Homeland Security or the Director of Central Intelligence Agency jointly determine shall be exempt
- Taiwan officials who hold E-1 visas and members of their immediate families who hold E-1 visas.
- Applicability to Canadian citizens
- Applicability to Mexican citizens


つまり、日本には
「16歳未満」のテロリストを

アメリカには、
「14歳未満」もしくは「79歳以上」もしくは「カナダ国籍」もしくは「メキシコ国籍」のテロリストを

送れば、捕捉される可能性が低くなることになる。

16歳やら14歳やらのテロリストがいるはずがない、とは言わせない。イスラエルでカナダやメキシコにだって過激派はいるだろう。
何だかよくわからない例外を作るのだろう??やるなら徹底的にやるべきではないのか。テロやハイジャックなどの事件の経緯を見ると、「大丈夫だろう」と高を括っていた間隙をついて発生しているように思うのだが、どうだろう?



nicholas_k at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ニュース 

October 29, 2007

ブームに乗って。

ボクの出身地九州でもJRがIC乗車券を導入する運びだそうだ。今日、JR九州がそのIC乗車券の名称を発表した。
JR九州は「スゴカ」、ICカードの名称決定
 九州旅客鉄道(JR九州)は29日、2009年春に導入予定の前払い式ICカード型乗車券の名称を「SUGOCA(スゴカ)」に決めたと発表した。九州弁の「すごか(すごい)」にちなんで新たなサービスの利便性を表現したという。

 カードは09年春以降、福岡県を中心とする北部九州の計144駅で順次導入し、初年度33万枚の発行を見込む。電子マネー機能も付け、売店などでの利用も促す。

 福岡県内に路線を持つ西日本鉄道、福岡市交通局(地下鉄)との相互利用に向けた準備も進める。(19:25)
(NIKKEI NET)

絶句である。Suicaを始めとして「CA」で終わるIC乗車券がやたらと多いような気がする。そこで、全国で導入されているIC乗車券の名前を調べてみた、と。。。

JR東日本 「Suica」 (スイカ)
JR西日本 「ICOCA」 (イコカ)
関西の私鉄 「PiTaPa」 (ピタパ)
北陸鉄道 「ICa」  (アイカ)
高松琴平電気鉄道 「IruCa」 (イルカ)
鹿児島市交通局等 「RapiCa」 (ラピカ)
伊予鉄道 「ICい〜カード」
富山ライトレール 「passca」 (パスカ)
岡山電気軌道等 「Hareca」 (ハレカ)
静岡鉄道 「LuLuCa」 (ルルカ)
JR東海 「TOICA」 (トイカ)
関東の私鉄 「PASMO」 (パスモ)
岐阜乗合自動車 「ayuca」 (アユカ)
西日本鉄道 「nimoca」 (ニモカ)(2008年春導入)
JR北海道 「Kitaca」 (キタカ)(2008年秋導入予定)
伊丹市交通局 「itappy」 (いたっぴー)(2008年春導入予定)

やっぱり、「〜CA」が多い。Suicaの成功例にあやかろうと、みんなで談合したんじゃないかと思うくらい「〜CA」である。「ICOCA」は関西弁だろう、とか、「KITACA」は"北"だろうとか所以を想像できるが、「ayuca」など意味不明だ。
そんな中で、「ICa」の工夫のなさはピカイチ。伊丹市の「itappy」は「〜CA」ブームに乗らないgoing my wayな感じがいいが、「痛っぴー」にも読めて残念。

ここに来て何でJR九州も「〜CA」ブームに乗ってきたのか?
朝日新聞にはJRの社長のコメントが。
…記者会見したJR九州の石原進社長は「うちもCAで終わる形にこだわったが、九州らしさを考えると『すごか』しかありませんね」と笑った。
(asahi.com)

「SUGOCA」を止めて、「BAKACA」でどうだろうか?



nicholas_k at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ニュース