October 29, 2007

ブームに乗って。

ボクの出身地九州でもJRがIC乗車券を導入する運びだそうだ。今日、JR九州がそのIC乗車券の名称を発表した。
JR九州は「スゴカ」、ICカードの名称決定
 九州旅客鉄道(JR九州)は29日、2009年春に導入予定の前払い式ICカード型乗車券の名称を「SUGOCA(スゴカ)」に決めたと発表した。九州弁の「すごか(すごい)」にちなんで新たなサービスの利便性を表現したという。

 カードは09年春以降、福岡県を中心とする北部九州の計144駅で順次導入し、初年度33万枚の発行を見込む。電子マネー機能も付け、売店などでの利用も促す。

 福岡県内に路線を持つ西日本鉄道、福岡市交通局(地下鉄)との相互利用に向けた準備も進める。(19:25)
(NIKKEI NET)

絶句である。Suicaを始めとして「CA」で終わるIC乗車券がやたらと多いような気がする。そこで、全国で導入されているIC乗車券の名前を調べてみた、と。。。

JR東日本 「Suica」 (スイカ)
JR西日本 「ICOCA」 (イコカ)
関西の私鉄 「PiTaPa」 (ピタパ)
北陸鉄道 「ICa」  (アイカ)
高松琴平電気鉄道 「IruCa」 (イルカ)
鹿児島市交通局等 「RapiCa」 (ラピカ)
伊予鉄道 「ICい〜カード」
富山ライトレール 「passca」 (パスカ)
岡山電気軌道等 「Hareca」 (ハレカ)
静岡鉄道 「LuLuCa」 (ルルカ)
JR東海 「TOICA」 (トイカ)
関東の私鉄 「PASMO」 (パスモ)
岐阜乗合自動車 「ayuca」 (アユカ)
西日本鉄道 「nimoca」 (ニモカ)(2008年春導入)
JR北海道 「Kitaca」 (キタカ)(2008年秋導入予定)
伊丹市交通局 「itappy」 (いたっぴー)(2008年春導入予定)

やっぱり、「〜CA」が多い。Suicaの成功例にあやかろうと、みんなで談合したんじゃないかと思うくらい「〜CA」である。「ICOCA」は関西弁だろう、とか、「KITACA」は"北"だろうとか所以を想像できるが、「ayuca」など意味不明だ。
そんな中で、「ICa」の工夫のなさはピカイチ。伊丹市の「itappy」は「〜CA」ブームに乗らないgoing my wayな感じがいいが、「痛っぴー」にも読めて残念。

ここに来て何でJR九州も「〜CA」ブームに乗ってきたのか?
朝日新聞にはJRの社長のコメントが。
…記者会見したJR九州の石原進社長は「うちもCAで終わる形にこだわったが、九州らしさを考えると『すごか』しかありませんね」と笑った。
(asahi.com)

「SUGOCA」を止めて、「BAKACA」でどうだろうか?



nicholas_k at 23:36│Comments(0)TrackBack(0)clip!ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔