October 15, 2019

9月5日 青いカニカマ・・・創成川サウスイースト 『Bar Rens』

IMG_6303この夏限定販売された、噂の「サラダスティック ソーダ風味」を初めて食べた。行きつけのバーで出してくれたのだが、見事に写真がピンボケで、しかも暗くて青色がよく分からない。かなり補正してみた。口に入れると見事なソーダ味に笑ってしまった。発売しているのは一正蒲鉾(株)。あのオホーツクを作った会社だ。でもなぜ青?と思ったが、インパクトのある色と風味の商品でふだん練り製品を食べない人にも売場に寄ってもらいたかったそうだ。昨年黄色の瀬戸内レモン風味を発売したところSNSで評判になったため、今回の青色発売に至ったそうだ。実際売切れ店続出でかなり話題になったらしい。面白い発想をする会社だ。
  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)

October 14, 2019

9月4日 厚揚げと生揚げ・・・創成川イースト『第三モッキリセンター』

IMG_6302『第三モッキリセンター』のメニューには生揚げ厚揚げがある。その違いは?子供の頃から厚揚げと呼んできたが、親父は生揚げと呼んでいた。ということは関西で生揚げ、関東で厚揚げと呼ぶのか?全国豆腐連合会のHPによると、「生揚げ豆腐は、通常木綿豆腐を水切りしてから、高温で揚げたものです。油揚げの別称「薄揚げ」に対して厚揚げ豆腐ともいいます。」だそうだ。厚揚げとは薄揚げに対しての表現だった。尚、がんもどきの指す飛竜頭(ひりょうず)は、ポルトガルの菓子「フィリオース」の製法に似ているかららしい。勉強になった。  続きを読む

October 13, 2019

9月3日 秋晴れの余市・・・余市 『ニッカウヰスキー余市蒸留所』

IMG_6274余市蒸留所にやってきた。蒸留所見学は約1年ぶり。もう何度もやってきているのでよく知っているはずだが、何度来ても心躍る場所だ。他の蒸留所にも行ったことはあるが、余市ほど感銘を受ける場所はない。心酔する竹鶴政孝氏が造ったニッカファンには聖地と呼ばれる蒸留所だから。日本式に注連縄で清められたポットスチルを見ると身が引き締まる思いだ。NHKドラマ「マッサン」が放送されたのが2014年9月から2015年3月まで。もう5年も経ってしまったが、火がついたウイスキーブームはなかなか消えない。ウイスキー好きとしては嬉しいような悲しいような(笑)。

  続きを読む
Posted by nicknadiro at 19:29Comments(0)後志(小樽・余市) | その他

October 11, 2019

9月2日 Pickleback・・・創成川サウスイースト 『アシンレラ』

IMG_6255Picklebackをご存じだろうか。先日NYCに住む義姉が帰国し、一緒に飲んだ時のこと。『アシンレラ』マスターが最近のNYC酒事情について質問すると、姉の口から「ピックルバックを知ってる?」との言葉が。訊けばNYCで流行っているカクテル(?)で、ウイスキーのストレートを飲んだ後にピクルス漬け汁を流しこむ飲み方で、その爽やかな飲み口が人気なのだとか。webで調べても日本語の情報がほとんどないので、まだ日本にはあまり入っていないのか。ところがさすがマスター。知人から情報を貰い早速店で出してくれた。
  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(3)創成川サウスイースト | BAR

October 10, 2019

9月2日 歓迎会・・・すすきの 『孝華』

IMG_6244先日会社の公式行事はなぜか中華料理が多いことを書いた。あれからぼんやり考えていてある程度結論が出た。居酒屋のコース料理も良いが、会社の公式行事だからある程度きちんとした会場が良い。そこでホテルが会場になる。ホテルの宴会プランだと和食、洋食、中華等選ぶをことができる。和食、洋食ともコース料理になるので個々の皿で料理は出される。自ずと予算は上るだろう。それに比べ中華は大皿で供することが可能。予算次第で料理内容も柔軟に対応できる。それにノンベエはそれほど食べない。結果中華が選ばれる。こんな流れだろうか。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)すすきの・大通 | 食系店

October 09, 2019

9月2日 初めての立ち飲み・・・すすきの 『立ち飲み処 大助』

IMG_6241IMG_6240すすきの『大助』は知っている方も多いだろう。すすきので6店舗を展開する居酒屋で、大衆というより中高級店になるだろうか。北海道の食材を使った料理はたいそう美味く、いつもお客さんでいっぱいの。芸能人やアスリートの訪問も多い有名店である。その『大助』に立ち飲み店があるのを最近知った。立ち飲みマニアとしては行かねばの娘である。(G.A.さんすみません。)  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)すすきの・大通 | 立ち飲み

October 08, 2019

8月31日 「家族草子」を見てきた・・・創成川サウスイースト 『Bar Rens』

IMG_6211「家族草子」を観てきた。会場はいつもと同じウィステリア南一条。いつもは8割程度の入りなのに、今回は満席で当日券も売り切れとか。今回は脚本も演出もいつものメンバーだが、演者が地元札幌の劇団で活躍する面々。その彼らのファンが多く訪れたからだろう。家族間の問題を笑いあり、涙ありで描く脚本はいつもの通り。しかし、2幕目のエンディングがたいそう泣かせる展開になり、思わず涙してしまった。後に関係者に訊くと、いつも通り淡々とした演出だったが、札幌の演者の力の入った演技で泣かせる展開になったのだとか。久しぶりに泣いた。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)創成川サウスイースト | BAR

October 07, 2019

8月30日 やはり燗が良い・・・創成川イースト 『第三モッキリセンター』

IMG_6193金曜夜。一週間の仕事を終えたら疲れもたまり、もう飲みに行こうぜ!という話になるのはノンベエ皆同じだろう。今夜も飲みに行くことに。金曜なので混んでいるとは予想していたが、行く店行く店ことごとく満席でふられる。いつも空いている居酒屋も満席とは一体何があったのだろうと驚く。店を探すのに疲れた頃、飲み友からLINEでカウンターの酒の写真が送られてきた。もしかしてこの店は!あわてて席を押さえてもらい合流。無事にカウンターで乾杯できた。『第三モッキリセンター』は回転が早いから、大繁盛だけど座れる確率も高いんだよね。
  続きを読む

October 06, 2019

8月29日 大好きなウイスキー・・・創成川サウスイースト 『Bar Rens』

IMG_6190「家族草子」をご存じだろうか。作詞家であり作家でもある森浩美さんが自らの短辺小説を戯曲・舞台化し、全国で公演している。脚本のテーマは全て家族にまつわる話で、心温まるストーリーだ。演者は脚本を持ったまま演じるため朗読劇に分類されることが多いようだが、ただ座ったままでなく脚本を持ったまま舞台を動き回るという、一風変わった舞台だ。札幌に来てから知り合った関係者に誘ってもらい、今までに二度観に行った。とても良い舞台で、いつも感動している。今週末も公演があり楽しみにしている。

  続きを読む
Posted by nicknadiro at 17:06Comments(0)創成川サウスイースト | BAR

October 05, 2019

8月28日 ワインで乾杯・・・創成川サウスイースト 『アシンレラ』

IMG_6182嫌だ嫌だと散々ごねたが、結局カミサンの説得に負けたNYC行きだった。現地に着いたら物価は高いわ英語は通じないわで散々。おまけに好きな夜のひとり飲みにも思うように行けずがっかりだった。帰国して思わず出た独り言は「はー、疲れた。」。ずいぶん体力もお金も使った旅であった。旅行から10日が経った。なぜか分からないがNYCが懐かしくなってきた。緊急自動車のサイレン、人々の喧噪、飛び交う英語の会話。ドライに思えたニューヨーカーもとても親切だった。何だかまた行きたくなってきた。
  続きを読む
Posted by nicknadiro at 20:19Comments(2)創成川サウスイースト | BAR

October 02, 2019

8月27日 初の浦河飲み・・・浦河 『盛っきり家』

IMG_6148浦河町に出張が入った。浦河町は日高振興局に属する町。日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、様似町、えりも町、そして浦河町は日高振興局に属する。新ひだか町は静内町と三石町が2006年に合併しできた町。町名を読んで詳しい人には分かるだろう。日本を代表する馬産地だ。浦河町には約200の牧場があり、サラブレッドが3,000頭以上育成されているそうだ。G1馬を輩出した有名牧場も多数ある。近年発展のめざましい社台グループに押されている日高の生産者。それでも駿馬を輩出し頑張っている。
  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(2)日高 | 居酒屋/大衆酒場

October 01, 2019

8月26日 今夜も・・・創成川イースト 『第三モッキリセンター』

IMG_6127素麺が好きだ。スーパーで素麺を買う時は種類の多さに驚く。格安品から高級品までいろいろあるが、いつも選ぶのは揖保の糸。少々高いのが玉に瑕だが、子供の頃から慣れ親しんだ味にいつもホッとする。ところで改めて調べて知ったのだが、揖保の糸は単一メーカー産ではなく、兵庫県手延素麺協同組合が持つ手延素麺の商標で、組合員の製造した製品を組合が検査した上で等級を決め管理、出荷しているそうだ。また、同じ揖保の糸でも等級があり帯の色で分けているそうだ。また、揖保の糸には素麺だけでなくひやむぎうどん中華麺まであるようだ。知らなかった。
  続きを読む

September 30, 2019

8月24日 ひとり反省会・・・創成川イースト『第三モッキリセンター』

IMG_61122019年1月1日ゴルフルールが改正された。ゴルフ人口の減少に歯止めがかからない現状で、もっと分かりやすくしようとの趣旨らしく、またプレー時間の短縮の目的もあるという。今回最も大きな変更が、パット時にピン刺したまま打っても良いこと。これはかなりの時間短縮だ。今年初めてのゴルフだったので新ルールは初めて。ピンを刺したままのパットはものすごい違和感だ。それもそのはず、パットをピンにぶつけるのはゴルフのルール上最高に近いペナルティだったはず。それが急にOKになるとは。現実の話をすると、ラインを読んで流しこむより、強めのパットをピンにぶつけて入れるのが得策かも。パット革命が起きるかもしれない。  続きを読む

September 29, 2019

8月23日 歓送迎会・・・札幌 『ニューオータニイン』

IMG_6110最近マツダ車の躍進がめざましい。以前に比べデザインがかっこよくなったというイメージがある。皆同じ顔で鼻がデカいとも感じるが、売れているということはそのデザインが受け入れられているのだろう。ところでこのマツダ。東洋工業からマツダへ社名変更したのが昭和59年だから意外に最近のこと。創業者の名前で松田なのに、なぜツがZなのか知らなかった。マツダの由来はもちろん松田でもあるが、ゾロアスター教の最高神アフラ・マズダー(Ahura Mazda)から取ったとのこと。それでツがZだったのね。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)札幌駅周辺 | その他

September 28, 2019

8月22日 課題店で飲んできた・・・旭川 『のらくら』

IMG_6101旭川で育った得意先からお薦めされていたのが『のらくら』という居酒屋。旭川に宿泊する機会は他の主要都市に比べれば少ない。札幌から車で2時間程度の距離なので宿泊が必要になることが少ないせいだ。北海道の主要都市には月に数回の頻度で宿泊するため現地での行きつけの店がいくつかできたが、前述の通り旭川に宿泊する機会が少ないのでなかなか行きつけができない。また、宿泊するにしても車で行くため会社で仕事を済ませて移動する関係上、チェックインが深夜におよぶことも。11時を回ると飲みに出るのが億劫になる。  続きを読む

September 27, 2019

8月21日 北海道で好きなもの

IMG_6061マムシ。蝮。今までマムシに出遭ったことはないが、ゴルフ場等で「マムシ危険!」等と書かれた看板はよく見てきた。恐い毒蛇だということは子供でも知っている。もし噛まれたら救急車をすぐに呼ばなければならないほど危ない。東京から北に住んだことはなく、西に住んでいたので、ぼんやりとだが西の暖かい地域に住むヘビだと思いこんでいた。ところが先日テレビを見て、マムシは北海道にも生息していることを初めて知った。こんな寒い地域でも生き延びられるとは。北海道にはヒグマはいるわマムシはいるわ、スズメバチはいるわ、危なくて仕方がない。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)その他 | 居酒屋/大衆酒場

September 26, 2019

8月20日 本日も・・・創成川サウスイースト『アシンレラ』

IMG_6055アメリカ旅行の余談。往路はそれほど感じなかったのだが、復路で驚いたことがあった。CA(FA?)の年齢がとても高いこと。おばさんというかもうほぼお婆さんが勤務している。いろいろ調べてみるとデルタに限らず国際線では当たり前のことのようで、特に日本への便は多いのだそうだ。CAのフライトスケジュールは年功序列で年齢の高い方から好きな路線を選んでいくらしく、人気の日本便には年齢の高い人が多くなるのだそうだ。日本人はマナーが良く文句も言わないので日本人の多い日本への便がCAに人気らしい。うーん、本当なのかな?  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)創成川サウスイースト | BAR

September 25, 2019

8月19日 わかもろこしに白ワイン・・・創成川サウスイースト『アシンレラ』

IMG_6048NYCの街を車椅子の義母と歩き気づいたことがある。地下鉄は1904年開通なので115年も経った施設は相当古い。当然バリアフリー設備は作りにくく、エレベーターがあったとしてもなかなか見つからない。車椅子を持ち苦労して階段を下りても、目的地と反対方面行きのホームで反対ホームに繋がっておらず、再び車椅子を持って階段を上がったこともあった。ただ、街の人はとても親切。段差で躓くと誰かがすぐに寄ってきて、タイヤを一緒に持って段差を引き上げてくれる。毎日そんなシーンを経験した。ニューヨーカーは老若男女問わず親切なのだ。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)創成川サウスイースト | BAR

September 24, 2019

8月18日 やっぱり日本が良い・・・すすきの 『さぶろう』

IMG_6041今回のNYC行きには義母を連れて行った。齢のせいで脚が悪く車椅子を借りての旅行だったが、実はこのせいで助かった。空港に着くと職員がアテンドしてくれ、すいすい進んでいく。保安検査も行列なしで進みスムーズ。最も助かったのは搭乗口まで連れて行ってくれること。アメリカの空港は広大で、空港内のトラムに乗らなければ搭乗口までたどり着けないが、アテンドなしではたどり着けなかったかも。乗り継ぎ時に預けたスーツケースを回収し再び預けるのも我々だけでは分からなかっただろう。街歩きは大変だったが、空港内では本当に助かった。  続きを読む

September 23, 2019

8月17日 さようならNYC

IMG_6017出発当日。早朝3時に起床し4時にチェックアウト。呼んでおいたタクシーに乗りJFK空港へ。そのまま搭乗手続きをしたのが間違いだった。空港内では喫煙所は一切なく、もう外に出ることもできない。建物外で一服するべきだった。帰りの便はアトランタで乗り継ぎ。直行便が楽なのでカミサンに文句を言ったら、この時期直行便に乗ると旅行代金が10万円以上違うのだとか。1人10万安くなるのなら、そりゃ乗り継ぎにするわな、と納得。帰りでラッキーだったのは、アトランタ空港には喫煙所があったこと。家族と一旦別れて一服しひと息ついた。再び家族と合流するのに往生しそうだったが、アトランタ空港は広いのに表示が分かりやすく助かった。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)その他