June 23, 2016

5月29日 飲み友来たる ΑΑα論川イースト編

IMG_0447自宅そばにある大通公園では、春から秋まで週末には何らかのイベントが行われている。2月のさっぽろ雪まつりは冬に行われる数少ないイベント。というより、札幌最大のイベントだろう。5月のライラックまつり、最近ではラーメンショーもある。6月はYOSAKOIソーラン祭り、北海道お菓子フェア、7月SAPPORO CITY JAZZ、8月さっぽろ夏まつり。ビアガーデンが有名。9月にさっぽろオータムフェスト。これを最後に札幌は冬支度に入り、長い冬が来る。以上ご覧いただいた通り春〜秋は、冬の鬱憤を晴らすかのように市民の多くがアウトドアを楽しむ。写真もそんな風景。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

June 22, 2016

5月28日 昨夜は失礼しました・・・創成川イースト『Bar Rens』

IMG_0440写真は『Bar Rens』の常連さんからおすそ分けで頂いたゆでたまご。今夜『Bar Rens』で飲んでいたら常連さんがやってきて、「食べますか?」とゆでたまごを袋から出してくれたのだ。なぜゆでたまごを持ち歩いているか訊くと、すすきので売っているのだという。それもタバコ屋で。店のおばあちゃんが毎日作るらしいのだが、意外やこれが人気で、売り切れてしまうことも多いのだとか。たまごは立派な大きさのLLサイズで、味付のはセブンスターの紙で包んでいる念の入れよう。茹で加減もばっちりでたいそう美味かった。ゆでたまごは良いツマミになるんだよなあ。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(2)TrackBack(0)創成川イースト | BAR

June 21, 2016

5月27日 ああ記憶が・・・創成川イースト『Bar Rens』『丞怜家』 

IMG_0401夏に売れ行きが鈍る日本酒を活性化するために、夏酒と呼ばれる夏向けの酒が売られるようになった。さらっとドライな味わいだったり、アルコール度数が低かったりと様々な趣向を凝らし、暑い夏でも快適に日本酒を飲めるよう工夫している。そんな夏酒を真似たのか、焼酎の世界でも夏焼酎と呼ぶ商品が少しずつ増えてきたようだ。水色のボトルやラベルで見た目涼しげ。アルコール度数を下げ、すっきり飲みやすい味わいが多いようだ。日本酒焼酎に限らず、暑い夏は度数の高い酒は敬遠し、ついつい止渇性の強いドリンクを選びがちだが、たまには蔵元さんの工夫を味わうのも良いだろう。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(2)TrackBack(0)創成川イースト | 食系店

June 20, 2016

5月25日 これは美味い・・・美園『春一家』

IMG_0418札幌でおそらく最も人気のあるラーメン屋は『彩未』という店らしい。らしいというのは、オイラがラーメン屋事情にそれほど詳しくないからで、行列するのが苦手のため『彩未』に行ったことがないからだ。「食べログ」ラーメン部門で堂々のトップの人気店に行ってみようと同僚と向かうが、何十人か列を作っているのが遠目でも分かる。こりゃダメだと早々にあきらめ店の前を通過すると、すぐに別のラーメン屋が現れた。お腹が空いているので、ここでいいやと入店することに。『春一家』は大繁盛店『彩未』のすぐそばにある。このロケーションは大丈夫だろうかと心配になってしまう。

  続きを読む

June 19, 2016

5月24日 やっぱりここが良い・・・創成川イースト『第三モッキリセンター』

2603040249Yahoo!JAPANを見ていると、ジャイアントロボの話題が出ていた。ずいぶん懐かしいものが登場したものだ。オイラが幼い頃は巨大ロボットが登場する子供向け番組全盛期で、アニメではなく実写だった。ジャイアントロボもその一つ。主人公の少年が腕時計型の通信機で指令を出し、ジャイアントロボを動かしていたのが印象的。少年は江木俊夫で、いやいや、それはマグマ大使。石橋正次と浜田光夫の豪華キャスティングで、ってそれはアイアンキング。ジャンボーグAなんてのもあったなあ。ずいぶん古い話だ。オイラは決してリアルタイムでは見てない。もっと下の世代だから!(汗)  続きを読む

June 18, 2016

5月21日 昨夜はどうも・・・『アシンレラ』『Bar Rens』

IMG_0368ある本が欲しくて大型書店へ行った。最近めったに本は買わないので書店は久しぶりだ。オイラが買おうとしている本の内容は、お察しの通り酒場本。酒場本は置いてある場所を探すのが難しい。最近でこそグルメ本というカテゴリーが確立したようだが、昔は苦労した。趣味のコーナーだったり、生活の酒、料理コーナーだったり。雑誌の脇にひっそり置かれていることもある。今回は探し回っても見つからず、検索機を使って売場を確認。それでも見つからないということは売り切れたようだ。30分近くかかって探し、結局欲しい本は見つからなかった。時間の無駄。そりゃ、ネット通販で買うわな。

  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)TrackBack(0)創成川イースト | BAR

June 17, 2016

5月20日 ああ疲れた・・・創成川イースト『丞怜家』『Bar Rens』『アシンレラ』

IMG_0367札幌の朝は早い。調子に乗って飲みすぎると、空がうっすら明るくなってくることもある。調べてみると、5月21日の札幌の日の出時刻は4:05。那覇では5:39なので約1時間半も早い。那覇と比べるのは極端かもしれないが、東京4:31と20分以上差がある。昼が最も長い今年の夏至6月21日を見ると、日の出が3:55。日の出が早いから日の入は早いのかと思いきや、驚くことに19:17と那覇の19:24と7分しか変わらない。朝3時半頃からうっすら明るくなり、夜8時近くなっても真っ暗にはならない。夏の札幌が昼間の長い街だった。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(2)TrackBack(0)創成川イースト | BAR

June 16, 2016

5月19日 ああ満腹・・・北18条『ラーメン大将』

430部屋の片づけをしていたら、クリアファイルに集めた芋焼酎のラベルが出てきた。もう何年前になるのだろう。芋焼酎にハマっていた頃のコレクションだ。行きつけの『GOTEN'S BAR』にまだ数百種類の芋焼酎があった頃、片っ端から飲んでは味の感想をメモしていた。あの店の品揃えがすごいと聞けば飲みに行き、入手困難な銘柄があると聞けば買いに走った。そんな頃飲んだ銘柄のラベルを集めていたのだ。次第に面倒臭くなりラベル収集は中断。世の中が芋焼酎ブームに沸いてきた頃にはマニアックな行動からフェイドアウトしていった。今でも芋焼酎は好きだが、昔ほど熱心ではない。  続きを読む

June 15, 2016

5月18日 驚いた・・・白石『蕎傳』

IMG_0312最近ライターに困ることが増えた。昔は飲食店で店名入りライターを貰えたので、お金を出して買ったことがなかった。ところが昨今は不景気のせいか店名入りライターをサービスでくれる店はほとんどない。喫煙率が低下しているのも一因だろう。ところで、北海道に来てから飛行機に乗る機会が増えた。機内に持ちこめるライターは1つだけなので、余分なライターを家に置いてこなければならない。が、これをついつい忘れてしまう。先日もうっかり忘れ、結果ライター2個が没収。貴重なライターがまた減ってしまった。オイラがテロリストのわけないじゃん・・・。  続きを読む

June 14, 2016

5月17日 軽く立ち飲み・・・すすきの『すわ』

IMG_0299以前よりおかしいと思っていたことがある。タクシーの行灯(社名表示灯)は、空車の場合点灯し、実車中の場合消灯しているものだと思いこんでいた。ところが札幌では実車中でも灯りが点いている。つまりタクシーが近づき空車表示灯を確認しない限り、その車が空車かどうか分からない。結果、実車中の車に手を挙げて無視され、恥ずかしい思いをしてしまう。これは変えた方が良いと運転手さんに話してみた。すると実車中でも点灯しているのは札幌だけでなく、他の地方都市でもあるのだとか。調べてみると、首都圏でも千葉、埼玉は同様らしい。これは分かりにくいし、変えるべきだと思う。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(2)TrackBack(0)すすきの・大通 | 立ち飲み

June 13, 2016

5月16日 ようやく・・・すすきの『武鳥』

IMG_0289札幌に来て以来、ずっと行きたいと思っていた店があった。すすきの交差点からすぐの国道36号沿い。古い建物が多い札幌の中でも、ひと際異彩を放つ年季の入った店舗。創業60年の老舗焼鳥屋『武鳥』だ。札幌ローカルタレントの飲み歩き番組で初めて知り、一度飲みたいと度々のぞいたのだが、いつも満席。カウンターのみ14席の小さな店なので、空いていることはまずない。たまに空席もあるのだが、老舗の常連の間に割って入る勇気はなく、断念してしまっていた。今日も半ば諦め気味で店の前を通ると、なんと空席だらけ。このチャンスを逃してはならないと初めて暖簾をくぐった。  続きを読む

June 12, 2016

5月14日 社交場・・・すすきの『トゥッティ ドゥーエ』

IMG_0161写真の植物は何だかご存じだろうか。オイラは初めて実物を見た。これがあの行者ニンニクだ。北海道では自生しているものを採取することも多いようだ。アイヌネギとも呼ばれるこの行者ニンニク、食べたことがある人も多いだろう。オイラは数年前北海道に来た時に初めて食べたのだが、とにかく匂いが強いのに驚いた。ほんの少し食べただけなのに、翌日も口内が匂う。調べてみると強い抗菌・抗カビ作用持ち、強い匂いの元になるアリシンをニンニクより多く含んでいるそうだ。そりゃ匂うわけだ。行者ニンニクは匂うけれど、でもこれが美味いんだよなあ。

  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(2)TrackBack(0)すすきの・大通 | 立ち飲み

June 11, 2016

5月14日 もっと通いたい・・・創成川イースト『第三モッキリセンター』

IMG_0263毎日でも通うことができるように近くに住んだのに、なかなか『第三モッキリセンター』に行けない。ラストオーダーが9時半なので平日はほぼ絶望的。土曜日に行けば良いのだが、休日出勤だったり、前日の酒が残って出遅れてしまったりで、結局行けないことが多い。土曜日は午後1時から営業しているが閉まるのも早く、夜7時20分にラストオーダー。二日酔いから回復し、そろそろ晩酌に出かけようかなあという時間では既に遅い。結果なかなか伺うことができない。最近顔は認知されてきたが、常連にはほど遠い。この店には通ってウン十年の大先輩がごろごろいるからだ。  続きを読む

June 10, 2016

5月13日 ちょいと一杯・・・創成川イースト『丞怜家』

IMG_0260北海道では竹が生えないのでタケノコはない。行きつけの『Bar Rens』で教えられ驚いた。北海道で一般的にタケノコ根曲がり竹姫竹と呼ばれるチシマザサのこと。今夜『Rens Bar』の店主に初めて根曲がり竹をごちそうになった。茹でたものをマヨネーズ味噌で頂く。いかにも自然の恵みという味わいで、身体が浄化されるようだ。緯度が低く札幌とは気候の異なる函館には竹林があるという噂もあるが、定かではない。竹が生えないということは竹林がないということ。本州ではどこでも見られる竹林を、北海道では見たことがない人が大勢いるということだ。これには驚いた。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(4)TrackBack(0)創成川イースト | 食系店

June 09, 2016

5月11日 軽めに・・・札幌『利休』

IMG_0233うなぎ同様、牛タンもたまに食べたくなるものの一つだ。以前も書いたかもしれないが、社会人になりたての頃仙台に1ヶ月間住んだことがある。週末に『太助』牛タンを食べるのが楽しみだった。厚切りの牛タンテールスープキャベツキュウリ塩もみ南蛮味噌漬け麦飯をぐいぐい喉に押しこむ快感。なんぼでも食べられたものだった。当時は当然BSE発生前で、牛タンも庶民的な食べものだった。ところが例の騒ぎで品薄になり驚くほど高級品になってしまった。こうして庶民の楽しみが奪われていく。そのうちもつ焼きも高級品になったりして。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(2)TrackBack(0)札幌駅周辺 | ランチ

June 08, 2016

5月10日 独特の風味・・・南郷13丁目『銀波露』

IMG_0222IMG_0223たまにランチにやってくる『らぁめん銀波露』。2001年江別に開店し、たちまち人気店になったそうだ。この札幌店がオープンしたのは2007年。個性的なラーメンとモダンな店舗、丁寧な接客で人気となり、休日は駐車場に車が入りきらないこともあるらしい。確かにパット見はケーキ屋と勘違いしそうなモダンな建物。外観だけでなく内装も素敵だ。  続きを読む

June 07, 2016

5月9日 ゆるりとテキーラ・・・創成川イースト『harappi』

IMG_0216先ほどまで飲んでいた『5坪』はM'sEastという飲食店ビルにある。ビルというよりコンプレックスと呼ぶべきか。小洒落たデザイナーズ建築風のビルには、狭小な店がたくさん入居している。近所に引っ越してきたばかりの頃は、この建物にある店を制覇してやると意気込んでいたが、今日現在ほとんど進んでいない。あたりは創成川イーストと呼ばれる新興の繁華街で、気鋭の若手が出店したお洒落な店が多い。そんな店を目当てにやってくる若者たちがメインの客層か。気後れしてしまい、とても初老の男がひとりで飲む気になれない。ここらあたりに関わらず、最近開拓が進まないのは齢のせいだ。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(0)TrackBack(0)創成川イースト | BAR

June 06, 2016

5月9日 牡蠣づくし・・・創成川イースト『5坪』

IMG_0199会社のクールビズは5月中旬から始まるが、ネクタイをしないととても楽なのでありがたい。ネクタイといえばいつも結び方に迷う。ふだんはたいていセミウインザー。めったにないが細身のネクタイをする時はプレーンノット、ワイドスプレッドのシャツを着る場合はウインザーノットにすることもある。他にもいろいろと面白い結び方はあるようだがそれ以外の結び方は知らない。結び目のエクボがきれいに出て、ベルトのバックルにかかる程度のちょうど良い結び方ができると気分が良い。一日仕事を上手くできるような気がする。逆に言えば、ベストの結び方ができる日は滅多にないと言うことだ。  続きを読む

June 05, 2016

5月8日 こんなところに・・・札幌『蝦天分店』

IMG_0185札幌での単身生活ではテレビを見るのは週末くらい。昔見ていたケーブルテレビの番組をたまに視たくなるが、今は契約していないので見ることができない。以前はグルメ酒場系や旅系の番組が好きでよく見ていたものだ。『GOTEN'S BAR』で店主と一緒によく見ていたのが「野天湯へGo!」。OLで温泉愛好家の山田べにこ氏が全国の秘湯をめぐる番組だ。山田べにこ氏の愛らしく豊満(失礼!)なルックスと、温泉を愛する気持ちが前面に出ながら謙虚な姿勢が人気で、とても楽しい番組だった。ところで、彼女は結婚・出産を経て現在はメディア出演は休養中のようだ。早く復帰してほしい。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 07:00Comments(3)TrackBack(0)すすきの・大通 | 食系店

June 04, 2016

5月7日 いつもの土曜日・・・すすきの『すわ』創成川イースト『Bar Rens』

IMG_0143この画像は5月6日の扉にアップしていたが、説明するのを忘れたので差し替えて再度アップした。写真は何だか分かるだろうか。ホースラディッシュ山ワサビだ。北海道では自生しており、山ワサビの名前で刺身の薬味にしたり醤油漬けにして食べられている。北海道の酒場で刺身には緑のワサビではなく山ワサビしかつけない店が多くしょっちゅう口にするが、擦り下ろしていない山ワサビそのものを見るのは初めてだ。ホースラディッシュの名の通り、まるでニンジンゴボウ山イモのようなルックスだ。珍しがっていたら写真を撮らせてくれた『丞怜家』マスターに感謝。  続きを読む
Posted by nicknadiro at 19:00Comments(2)TrackBack(0)すすきの・大通 | 立ち飲み