February 16, 2017

1月5日 夜の挨拶廻り・・・創成川イースト 『丞怜家』 『アシンレラ』

IMG_3901最近毎日のように飲みに行っている近所の酒場3軒。昨年の営業はどの店も30日までだったようだが、オイラは30日夜に自宅に戻ったので最終日に伺うことができなかった。昨日4日から仕事が始まったので、そろそろいつもの3軒にも新年ご挨拶に伺わねば。『アシンレラ』は張り切って1月3日から営業していたようだ。『丞怜家』は本日からの営業だろうか。河岸が休みでは営業できないだろうから、おそらく今日からだろう。『Bar Rens』は明日からの営業かな。ちなみに写真は『丞怜家』のメニューの裏側。定期的に入れ替えるメニューに混じって、なぜか若き日のサブちゃんの姿が。なぜ?(笑)
IMG_3895IMG_3897IMG_3899夜10時前に『丞怜家』をのぞくと、ラッキーなことに座ることができた。新年の挨拶を済ませ、まずは瓶ビールでひとり乾杯。お通しは自家製燻製だ。お隣さんがタコにぎりを注文したので便乗した。タコは大好物。炙られたタコの美味いこと。

IMG_3904IMG_3905IMG_3903次は日本酒だ。今日の品揃えを見せてもらい選んだのは羽根屋 特別純米しぼりたて生。肴はソイのカブト煮。温かいのか冷たいのか訊かれた。普通は温めて出すが、冷たいのは煮こごりが楽しめるそうだ。もちろん冷たいのを貰った。

IMG_3910IMG_3912IMG_3914八仙 新春祝酒 純米吟醸無濾過生原酒なまこポン酢白子ポン酢か悩んでいたら、半々で盛ってくれた。やはり行きつけの店はありがたい。旦 純米無濾過生原酒は懐かしの山梨・笹一酒造の酒だ。カブト煮が意外に食べでがあり、満腹に。

IMG_3917IMG_3919店にはまだまだお客さんがやってくる。マスターの手が空いたのを見計らってお会計。そしてすぐ隣の『アシンレラ』を訪問し、新年のご挨拶を済ませ着席。お腹は満足したので、ゆっくりと赤ワインを頂く。噂の台湾ウイスキーカヴァランを頂く。クラシック・シングルモルトだ。貴重なウイスキーなのに申し訳ない。世界的な評価を得ているらしい。同じアジアながら、日本のウイスキーとはかなり違うという印象だ。

ゆっくり2軒を楽しんだ。
今年も宜しくお願いします。

すし 丞怜家』   札幌市中央区南5条東1-11 

『アシンレラ』   札幌市中央区南5条東1-11

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nicknadiro/52904093