November 28, 2020

6月25日 飲まさる・・・栄通 『玉ちゃん』

IMG_1367何度か書いてきた北海道方言の話。「〇〇さる」を使いこなすのは、道民以外には至難の技。「押ささる」「飲まさる」程度しかオイラには分からないが、道民はそれだけでなく、難解な「〇〇さる」を使う。Wikiによると「進んでそうしようと思っているわけではないが、状況が自動的にそうしてしまう」という状態のことらしい。あくまで主語は自分ではなく、「押させたボタン」や「飲ませるツマミ」が悪いらしい。それって責任転嫁じゃん(笑)。ところで、以前書いたかもしれないが、現代標準語でも残っている「〇〇さる」があった。「川と川が合わさる」という表現は誰でも経験があるだろう。現代では方言だが、昔は標準語だった可能性がある。
IMG_1365IMG_1366今日のランチは『DACK RAMEN EIJI』へ。ここの鴨ラーメンが美味いのだ。DUCK白湯醤油(¥930)のチケットを買い、カウンターでしばし待つ。出てきた丼の美しいこと。エスプーマで泡を作っているのだろうか。の白、鴨肉の赤、春菊の緑が鮮やかだ。いろいろなラーメンがあるのだが、ここに来るといつも白湯醤油を食べてしまう。ラーメンというより、鴨南蛮蕎麦に近い感じ。食べるたびに美味しくなってきているような気がする。

IMG_1369IMG_1371IMG_1372会社帰りに一人で『玉ちゃん』に寄った。ここで1時間1本勝負だ。まずは生ビールでひとり乾杯。おすすめの黒板を眺める。稚内産生ウニ(¥900)、穴子とアスパラの天ぷら(¥850)、エビマヨ(¥850)は無理言って半人前で。

IMG_1375IMG_1380IMG_1382生ビール2杯の後はいよいよ日本酒だ。二兎 純米大吟醸 備前雄町四十八義左衛門 純米吟醸 PREMIUM瓶囲い生、嘉美心 爽やか純米吟醸 冬の門〜Midnight Summer Version〜。


IMG_1378天ぷらにつけて食べたが美味いので訊くと、和歌山みなべの梅塩というだった。お土産で少し頂いた。

美味しい塩をありがとうございます。




『DUCK RAMEN EIJI』
   札幌市東区本町1条9-3-30 三角点通りパーラー太陽苗穂店横

『ちゃんこ定食 玉ちゃん』   札幌市白石区栄通5丁目7-21