初心者でも簡単!? Creation Kit を使った簡単MOD作成講座第一弾をご紹介します。(*´∀`)

『第①弾: 好きなNPCの顔をプリセットに追加するMODの作り方』

SS63

以前うpしたシセロのプリセットを追加するMOD、これの作り方を応用すると、どれでも好きなNPCの顔をキャラクターメイキングのプリセットで表示させることができます。

プリセット01

あらゆるMODの作成手順の最初、読み込み前に名前を付けてespを保存、続いて親ファイルとしてskyrim.esmとかを指定して起動が済みましたら

① Object ウィンドウの Actors - Actor を選択
② Filter にプリセットに加えたいキャラクターの名前等々を入力して検索
③ 所望のアクターデータを右クリック、Editで編集画面を開く

シセロの場合は3種類アクターデータがありますが、顔はどれも一緒なのでどれでもOKです。
(あれ…3種類だけのはずだよな…?なんで4…まあいいや)

プリセット02

左側に『Is CharGen FacePreset』という項目があるので、ここにチェックを入れます。
チェックを入れたら、OKを押して編集画面を閉じます。

プリセット03

次にプリセットを追加したいキャラクターの種族データを編集します。

① Object ウィンドウの Character - Race を選択
② Filter に種族名(帝国人なら Imperial )を入力
③ 所望の種族データを右クリック、Edit で編集画面を開く

プリセット04

Race 画面のタブを一番右まで「右向き黒▲」をクリックしてみていくと、『 Preset NPCs 』 とかいう項目が見つかります。このタブをクリックするとプリセットとなるアクターデータの一覧表が現れるので、先ほどと同じ要領で Object ウィンドウから編集したアクターデータを表示させ、ドラッグ&ドロップでこの中にデータを放り込みます。

放り込んだらOKを押して編集画面を閉じます。

以上でプリセットMODは出来上がりです。セーブしたのち、このMODをスカイリムのDATA OPTIONでチェックを入れて起動すれば、キャラクター作成画面で所望のNPCの顔のプリセットを選べるようになります。

SS62

私の環境は英語版exe+日本語化を英語しか扱えないCreation Kit製のMODで塗り替えるため、このように変更が適用された帝国人の種族名が英語に書き換わります。日本語版exeでも同様だそうです。

SS63

このようにプリセットでシセロが選べるようになっていることが確認できます。

使い道としては、ニューゲームで1ドヴァーキンとして使用する他にも、既にプレイ中のセーブデータでコンソールコマンド『showracemenu』を用いることでキャラクター作成画面を呼び出して適用することが可能です。

※ただし途中で種族を変更するとステータスがぶっとぶので、必ず上書きセーブを避けてください。

私は特定のNPCにいろんなポーズさせてSS撮ってみたいな、ってときはこの方法で既存のどばきんを整形し、好きな格好をさせて撮っています。プレイヤーのほうが自由に動かせますからね(*´∀`*)

以上です!