nicoya Library

”すき” と ”大切” と “楽しい” を集めて。

回復。


年明けから始まった父の治療も、今月でようやく終わりを迎えます。


大きな手術をした3月、

それから後すぐに店の営業を再開しました。

痛みやしんどさ、思うように動けない不甲斐無さを抱えながらも

当たり前の いつも通りのことをしていたい、あるいは

それが出来るということが父にとって、ひとつの安心だったのだろうと思います。

まず病気を治そう

本当はそのことに専念してもらいたかったのだけど…



けれど周りが心配していたよりずっと、父の身体にはチカラがあったようです。

病院でも驚かれるほど、術後も身体の機能がしっかりしていて

おかげで順調に回復しています。

4月からは、投薬での治療を約20日程の入院で、それを X 3回。

それが今やっと3回目、これで最後です。

手術ほどではないけれど、この治療も本人にとっては辛いものです。

ずいぶん回復していたのでね、

やらなければ身体も楽で、もっと元気でいられるのだけれど

この投薬は予防のために欠かせないと説明されているので

この2ヶ月は病院を出たり入ったりしながら治療を続けてきました。



私はというと、入院日程と店の仕事の合間をみて、篠山と呉を行ったり来たり

強い風の日もあれば、雨降り、夜道…

高速道路 長距離運転 かなり上手くなりました(笑)

父の治療も思ったよりうんと長くなっているので、私も長い帰省に

呉に帰りたいなぁと思うこともしょっちゅうです。

けれどそれもこうして、

手術が無事に終わり、大きな不安を手放せたからこそのことで

何に対して言えばいいのかわからないけれど、ありがたいなと思うのです。

それは父本人も一番感じているはず。

まさか父が病気になって、しかも神経質でよそに長くなんていられない人が

病院でおとなしく過ごす様子など想像できなかったけれど。

今ではすっかり病院慣れして、同室のおじいちゃんたちの世話まで焼いているんだから(笑)

病気だけでなく、父自身の気持ちもずいぶんと落ち着いているのです。

そんなふうに、良くなっていくことと併せて父の気持ちや様子の変化にもうれしいことが増えています。




父の病気は思いがけずのことでしたが、

父と過ごす時間と、毎日たくさん話もできました。

でも父とは実家の あの店の古い調理場で

手を動かしながら話してるのがやっぱり一番いい。

もう少しです。

がんばれ!父さん。

 



ココロネ。



またずいぶんと久しぶりのUPになりました。


昨年末、イベントを終えてから

しばらく故郷の町で過ごしております。

里帰りには少し早過ぎ、長過ぎ

本当ならRePSで暮らしているはずの今ですが、

父が病気になり

入院手術を受けることとなり、

こんな時ばかりは傍に居て、私にも出来ることがあるのです。


父の病気がわかってから

心配やら不安やらいろんなことを思いましたが、

一番考えたのは父自身の気持ちでした。

今まで大きな病気をしたこともなく、

今なお、現役で働いている父ですが

こうして病気になったことで

父の今までを改めて振り返っています。

自営業で店を営んできて

何十年とひとり、板場に立ち続けてきたひとです。

代わりのきかない体で働くということには

大きな責任と自分に対しての厳しさが常に必要です。

自分がやれてこその仕事ですから

休むこともできず、倒れることもあってはならず

無理しないとできないことも多かっただろうと思います。

けれど、

無理をしてでもこなしてきたからこそ持てる自信もあります。

どんな大変な時も、越えるためにそこにあることだと

父は言うのです。


私としては、

”もう” 体を壊すほど働く歳じゃないと思っていました。

でも父にとって働くこと、店というのは

ただ収入を得るための仕事ではないのです。

暮らしのためというのはひとつに過ぎず、

父はこの店で働くことで色々な人と繋がり

喜んでもらうことで自分がまた喜びをもらって。

慣れないよう、飽きないよう

変化や工夫を自分に課しながら

そしてまたそれをクリアしながら

常に向上させてきた店のカタチは

いわば父の成長記録そのものなんだと気付きました。

だから

”もう” なんて言葉を簡単に言ってはいけないんだなと。


親とはいえ、

ひとりの人の人生と思ってそれを見ると

あまりにも健気でひたむきな生き方に胸が熱くなります。

これからはもう少しのんびりと

仕事ばかりでなく楽しむ時間を持ってもらいたいなどと思うのだけれど

きっとそうもできない人だと思う。

けれどそれもまた、父の人生。

働くことを通じて感じていたいのかもしれない。

そこから得るものが父の一番の財産なのかもしれない。

今まで得たものをお客さまにお返しするまで

”まだ” 仕事を続けてゆく

そんな気がします。

心配だから

どこかで止めてあげないとと思うのは

単なる私のエゴなのかもしれません。

早く良くなって、

気の済むまで働いたらいい

今は敬意を込めて、そう思うのです。




病気と向き合うってどんな気持ちでしょうか?

そう思うと、

日々、しなければいけないことや

やりたいことに向かえることが

どれほど幸せなことかと思うのです。

父を通して病気と向き合いながら

生きていることへの感謝と

この時間を

私はどう使って、何を得たいのだろうと

自分に問いかけてみました。

応えは ”喜び” です。

ひとつでも多くのそれを感じてゆけるように

雑に過ごしてはダメ

改めて自分に言い聞かせながら

これからの歩き方を探しています。

今までより、少し本気で。



PAP_0560


 




love letter。



SN3J0396


前略、皆さま。


すっかり放置状態にしてしまい、ずいぶん久しぶりのUPですが。。

元気にしています

そう、RePSでの暮らしがはじまりました。

引っ越し荷物を運ぶため、11月に入り広島、兵庫を行ったり来たりしているうちに

RePSオープニングイベントが間近に迫り、

準備も腰を据えてやらないとなかなか進まん。。

と、

いつからともなくRePSに住み着いたという感じです(笑)

緑たちも愛車に積み込んで連れてきました。


引っ越し前に、友だちが会いに来て

素敵なお茶碗と湯のみを揃えてくれました。

こちらへ来てからも変わりはないかと

友だち達からメールが届きます。

うれしくて、もう懐かしく思えるせいで恋しくて

じんと胸が疼いたりします。





SN3J0392


今月の23日、写真展を皮切りに

約ひと月間のイベントがスタート

と同時に、RePSも始動。

私の管理人としての日々もはじまりました。

いろんなひとに手を添えてもらいながら出来上がった空間 RePS。

これから、この場所で

いろんな方といろんなことができたらいいなと思っています。

ここはお店というよりは空間。

ただ心地良い場所として整え、

ここにやって来る人やモノ、企画などを

気持ち良くお迎えするのが私の仕事です。

いえ、でもそれはもう、オープンするよりずっと前

カズさんがこの古いビルを借りた時からはじまっていたように思います。

この建物を活かしたい

私たちがそう決めた時から

補修や造作に多くの方が関わってくれました。

そう、あの頃からこの場所には既にもう

来るべきひとがやって来ていて

会えるべきひとたちに出会えているんだと、そんなふうに感じています。


今までとは畑違い、不慣れなこともあるけれど

毎日、はじめてのことやはじめてのひとを

こうして気持ち良くお迎え出来るのは

人が誰かと出会う前、身支度するのとおなじように

RePSもまた、ひとを迎え入れる準備が整ったからです。

この場所を共に作って来た

いろんな方の手作業のあとを見ながら、

なんて温かい場所なんだろうと

この空間が心地良い理由に改めてうれしさや感謝の気持ちが溢れます。




SN3J0407



RePSの3Fからは

少し色付きはじめた山を見ることができます。

周りをぐるりと山に囲まれた私の故郷の山々も

もうとっくに あの、

素晴らしく美しい彩りに染まっているはず。

友からのメールが届く時、併せて

そんな田舎の風景が浮かんで

ぐるりの人や眺め、匂い、手触り

ちょっと退屈であたりまえにあった環境の中で

知らず知らず私を癒し支えてくれていたもの、

今まで、いったいどれだけのものに抱かれていたのかと

今さらながらそれに気付き

ありがたくて愛おしい気持ちでいっぱいになります。


そんな今までの時に愛をこめて、

これから暮らしてゆくこの場所からラブレターを送ります。


”ありがとう だいすきだょ。”


毎日、新しい気持ちで

新しい自分にも出会えるように

RePSと一緒にこれからを作っていきます。

傍らにはいつも、カズさんが居ます。

そう、もうはじまったのだから。


はじまりの展_チラシ表_最終ol2



こちらが只今、RePSにて開催中のイベント

はじまりの展 ”feel so good"。

RePSのHPもできました。

こちらのブログではカズさんと代わるがわるに日々を綴っています。

Twitterも併せて覗いてみてくださいね。

このnicoyaもぽちぽちと続けてゆきますので

変わりなくお付き合いくださるとうれしいです。

いつもご訪問ありがとうございます!


ではでは、また。




livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ