2008年03月20日

パンチェンのほう

近頃あったことについて前から疑問だった事を書く。

タイトルでぴんと来た人は通です(笑)。


かの地の指導者は菩薩の化身らしい。

が、位置的に二位の人、パンチェンは如来の化身らしい。


なんで?


如来の方がエライんじゃないの?

菩薩の方が上なのか?

大乗とは違うのか?
まあ違うだろうがそんなに違うのか?


いろいろ考えた上で敢えて菩薩って意味か?


一人で完璧なタイプより
皆で頑張ろうぜ!的なタイプの方が人気があったって事か?


とは言え、指導者には前者の方が良いんじゃないのか?


まあその辺は歴史的、政治的背景が大きいんだろうが疑問ですな。



パンチェンさん(11世)問題は
ダライさん問題と将来リンクするだろう事は必至なので
この辺で終ろう。知りたい人は自分で調べよう(いないか)。


それはそうと先日何気なく知ったんだが、
俺がライブのMCや普段の会話でもたまに真似をしたり
話題に出す広川太一郎氏が今月亡くなった。


俺世代には『Mr.Boo』でおなじみの声優さんだ。

俺個人では、昔見た『ルパン3世』のパイロットフィルムと言うやつで
ルパンの声をやっていたのが印象深い。

それはアニメ化する前に業界関係者に見せるための
紹介フィルムのようなものらしかったが、
広川さんバージョンと野沢那智さんバージョンがあったのが
面白かった。


広川さんと言えば芸能人ゴルフ大会のような番組で
今で言うプロ野球名珍プレーの、みのさんのようなアフレコをしていた。

駄洒落のオンパレードなのに何となくフランスっぽいお洒落さが
とても面白く好きだった。

今思えばオヤジギャグは広川さんが第1人者なんじゃないだろうか。



他にも思い出すがキリがないのでこの辺で
ご冥福を祈ろう。


Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字