2015年04月

遺伝性

子どもについての話で、一番心配したのは遺伝性があるかないかってこと。
結論からいうと、現代の医学の段階では「ない!」だそうです。

現代の医学の段階と書いたのは、もしかしたらこれから先、研究が進んで、弱い遺伝子が特定されて、何らかの遺伝的な物が発見される可能性はあるそう。

白血病は遺伝子の突然変異っていうのはわかっているけど、どの遺伝子が弱いのか、なぜ突然変異が起こるのか、そういったことはまだわかっていません。
なので、その弱い遺伝子の遺伝性っていうものもまだわかっていません。
ただ、白血病の人の子どもは白血病になりやすいというようなデータはないそうです。


もし遺伝性が認められたら、もう子どもは諦めるのかなと思ったりもしますが、今の段階ではもう一人はほしいと思っています。
この先、私に何かないとは限らない。
事故や事件に巻き込まれる可能性もある。
病気になってしまう可能性だってある。

両親が死んでしまったら、息子くんは一人ぼっちになってしまう。
だから、きょうだいで助け合えるように、もう一人は産みたいなって思ってます。
もちろん、みんなでいつまでも生きているのが一番だし、そうでありたいとは思っていますが。

生きていたいなって気持ちが、とても大きなものになりました。

精子保存

私たち夫婦には子どもが一人います。
もちろん夫くんの慢性骨髄性白血病の発症前に授かり産まれた子どもです。
二人目もそろそろ視野に入れようかなと思っていたところの病気でした。

血液と精子は作るところが違うので、白血病でも子どもは正常に授かれるそうです。
(というのが正しいのかはわかりませんが、障害のある子どもが産まれる確率は白血病であってもそうでなくても同じと言われています)
ただタシグナを飲んでいたら話は別です。
多分グリベックでも同じです。
薬の作用で奇形の子どもが産まれる確率がとても高くなるそうです。

夫くんは病気がわかってから服薬開始までに約1ヶ月ありました。
なので、1回は子どもを授かろうとチャレンジしました。
が、あえなく撃沈

で、その1ヶ月の間にお医者さんから勧められたのが精子保存でした。
服薬前の精子を冷凍保存しておいて、必要な時に解凍して使うってやつです。
本当、思います!
病気がわかったら、精子保存・卵子保存はしておいた方がいい!!!!
使わなかったらそれは廃棄されるけど、自分の子どもがほしいって思った時に、なすすべがないよりはあった方がいい!!!!
しかも今の自分より若い時の遺伝子を使える!(笑)
何ヶ月か前に、高校生の時(10年くらい前だったかな?)に卵子保存した人が無事に出産したとニュースになってました。

保存の前に夫くんの精子の運動量とかも調べるんだけど(不妊治療と一緒ですね)お医者さんに「とっても優秀な子たちだよ。これなら何本でも保存できるよ」と言われました(笑)
体外受精・顕微受精の前に人工受精を試したかったので(体外・顕微はめちゃくちゃお金がかかるのとなるべく自然な形で妊娠したかったため。お医者さんには顕微だとすぐ妊娠できるよとは言われました)4本保存しました。
2本は人工受精用、授かれず体外・顕微になった時のためにあと2本。

保険外だから、めちゃめちゃお金はかかりました。
8万弱だったかな。
服薬・抗がん剤治療前の精子・卵子保存は確定申告の医療費控除の対象になりますので、領収書はとっておいてください!


結局は私が健康でいて、なるべく若いうちにした方が授かりやすいってことなんだよね。
実は今年中に授かるのが私の目標です。挙式も終わったし、そろそろ妊娠しやすい体づくりをして、人工受精に踏み切りたいと思います。
その辺のことも、ブログに書いていけたらいいなと思っています。

医療費控除

少し遅くなりましたが、確定申告のことについてです。
去年1月〜12月までの医療費が10万円以上だったら、3月に申請を出して、後日税金が少し戻ってくるやつです。
この10万円は一人の額でなく世帯の額なので、夫・妻・子も入れた額になります。

入ってる健康保険の還付金とかを除いて10万ですが、我が家は余裕で超えました(笑)
まさか慢性骨髄性白血病になって医療費がこんなにかかることになるとは思わず、去年前半の領収書はほぼなく(^^;
でも医療機関に電話をしたら、イヤな顔されたとこもあったけど、再発行してくれました。

それで、我が家の医療費にかかった合計額は約58万円!!(還付金除く)
ネットで申請用紙や医療費を入力するやつを手に入れて、自宅で記入してから税務署に持っていきました。
ネットで申請もできるみたいだけど、特別な機械を購入しないといけなかったので、やめました(笑)

初めての作業だったので、めちゃめちゃ時間かかったし、わかんないし…でしたが、ある程度入力して、税務署に持って行って、これでいいのか相談。
そしたら優しくはないけど(笑)教えてくれました。

医療費控除だけだと1月から受け付けてるみたいなので、来年からは1月中に相談に行こうと決めました。
とにかく混んでる!!!!


そして後日、我が家に戻ってきた額は約2万円でした。

思ってたより少ないけど、あれだけの手間をかけたから、1万は超えて欲しかったので、よしとしましょう。

また来年、申告することになると思うので、今年はファイルを作って全部領収書を取っています。
ドラッグストアでかった薬も対象になるというので、それも忘れずに取っておかねば〜

挙式

実は挙式を挙げました〜♡
挙式を挙げていなかった私たち夫婦。
元々お互いに披露宴っていうものに重要性を感じていませんでした。
なので、やっても二人だけで海外挙式とか程度だねって昔から話してたんだけど、何となく話もしないまま子どももでき、日々を過ごしていました。

ただ、ウエディングドレスは着たいなという思いは少しあり、去年の夏くらいに周りの挙式が立て続けにあって、やっぱりドレスは着て「誓います」ってのはやりたいなと思うように(笑)
で、やるならできるだけ若いうちがいいなと思っていたところに、夫くんの慢性骨髄性白血病発覚!
病気で動けなくなる前に、後悔したくないし、挙式をしよう!ということになりました。
そこからはトントン拍子に決まりました。
夫くんが動けなくなるようなこともなく、焦らなくても全然大丈夫でした(笑)


夫くんの病気もあるし、子どももまだ小さいので海外はさすがに無理!と判断。
選んだ先は沖縄で、私たち家族と、私たち夫婦をずっと見守ってくれていた友人とだけの小さな小さな挙式をしました。
天候にも恵まれて、とってもとっても幸せなステキな時間を過ごしました。

これからも病気に負けず、楽しく笑い声の絶えない家族でいたいと思います♡
(帰ってきて早々、大ゲンカをしましたが(笑))
ギャラリー
  • 10月血液内科受診
  • うそやん?!
  • 夏の思い出
  • 夏の思い出
  • 出産記録⑤
  • 出産記録④
  • 出産記録②
  • 出産記録①
  • 臍帯血と胎盤
メッセージ

名前
メール
本文