2015年07月

いろんな検査

夫くんではなく、私の検査です

体外・顕微受精で第二子を授かろうと決めた我が家。
それに向けて、私のいろんな検査が始まりました。
で、私の方にも問題(ってほどじゃないかな?)が見つかりました

まず多嚢胞性卵巣症候群がわかりました。
卵巣で卵子が作られすぎてるってやつです。
普通は片側ずつ排卵するので、片方が5・6こ、もう片方が1こくらいらしいんだけど、私の場合、両方とも25以上あった
排卵がうまくいってない可能性があるそうです。
でも基礎体温は2層になっているので、測ったときは排卵はしてるだろうと。
確かに症状を調べて見ていると、当てはまる当てはまる
ただ、体外受精か顕微受精の我が家にとっては、特に何の心配もないそうです(苦笑)

次に経血について。
私の行っている病院は子宮エンドトキシン検査というのをやります。
これが陽性だと着床しにくいというデータがあるそう。
あまりこの検査をやる病院はないそうですが。。
これが陽性だったんです。
なので抗生物質を服薬しています。
次の生理の時に、陰性になっていればいいんだけど、なっていなければ他の抗生物質を飲んで、陰性になるまで待つそうです。

これは問題なかったんだけど、子宮鏡の検査もやりました。
ポリープなく、子宮はとっても綺麗なようです。
ただ、麻酔で耳が聞こえなくなるわ、唇はしびれるわでした
ここでこれじゃ、卵子を取り出す時、どーなるんだろうとちょっと不安になってしまいました

ってなわけで、本格的な体外受精に向けた動きはまだ先になりそうです。

ちなみに夫くんの精子のデータは(タシグナを服薬する前に冷凍保管したもの)非常に元気でいいものでした。
顕微受精じゃなくて、体外受精でいける可能性もあるよと言われました。
なるべく自然に近い形で、という希望はあります。
でも、冷凍精子は限られた資源なので、確実にやらないといけないなら、そこはお医者さんの判断に任せようと思っています。

まずは私がいろんな検査をクリアできますように!
それにしても、検査で引っかかると、よりお金がかかります

世代交代

去年くらいから、身内がいろいろ亡くなっています。
私が子どもを産むということは、新しい世代が誕生しているわけで。
ということは、一つの世代が終わりを迎えるってことなんだなと目の当たりにしています。


私が産まれた頃からめちゃめちゃかわいがってくれました。
自分に子どもがいなかったからか、すごくかわいがられました。
いろんなとこにも連れて行ってもらい、いろんな思い出があります。

私と同じ環境で同じ人たちに囲まれて息子くんが育つわけじゃないとわかっているんだけど、この人ともっと一緒にいさせたかったなぁとか思います。
私がいろんな人にされてきたことを、息子くんにもしてくれる人がいるのか?と考えると、いない気がして。

来週は会える予定だったんだけどな。
とても切ないです。

天国からも見守っていてください。
今までありがとう。
大好きです。

体外受精説明会

夫婦で参加しました。
参加してみて思ったのは、体外受精・顕微受精に対する敷居が下がりました。

お金もかかるし、そこまでして二人目がほしいのかと話し合いをしましたが、「10年後くらいに、あの時お金かけても産んでよかったと思うことはあっても、あの時お金かけて産まなきゃよかったと思うことはないだろう」と言う夫くんの言葉でした。

この先、私に何もないとは限らない。
明日、事故にあって死んでしまうかもしれない。
そしたら息子くんは一人取り残されてしまう。(全然、夫くん生きてるけど(笑))
きょうだいで助け合って生きていってほしいと強く思っています。


お金と時間をかけて二人目出産に向けて動くのだから、なるべくリスクは減らしたい(障害とか)
その為には、私の年齢が大きいみたいなので、動き出すことにしました。


まずは人工受精をしたいと思っていたけど、解凍した精子は運動率が50%くらいまで下がるそう。
保存するときに、そんなこと一言も言ってなかったじゃないか!という思いはありますが(笑)人工受精にこだわるのはやめました!
ただ、なるべく自然に近い形でという希望はあるので、できるようなら顕微ではなく体外で行きたいと思っています。
幸いうちの病院は解凍したあとの精子の様子を見てからどっちにするか決めてくれるそうです。

この1ヶ月、基礎体温をつけていますが(息子くんが先に起きた時、体温計を私の口に突っ込んで私を起こすようになりました )綺麗な体温してます♪
会社の健康診断の結果も、中性脂肪の値も落ち着きました。
1年間、思い当たる節を治して気をつけた結果が出たかしら。
まだ私は間に合うはずと自分に言い聞かせております。


ってなわけで、いよいよ始まります。
また経過を書かせてくださいね。

副作用?状態の変化

先日、血液検査で全然フィラデルフィア染色体が検出されなかったそう。
ありがたいことに薬が効いていて、助かっています。
そう思う度に、今まで白血病(CML)でたくさんの人が亡くなって、それと引き換えに薬が誕生して、認められてきたおかげだと痛感します。
薬に携わった、たくさんの人に本当に感謝です。

が!!
ここにきて夫くんの体調に変化が出てきました。
すぐ消えるんだけど、蕁麻疹が出るようになりました。
それと共に、食事をすると胸やけして気持ち悪いとのこと。
至急、予約なしで病院に行きました。
大きな病院に予約なしで行くと、ハンパなく待つね
予約してても待つけど、それ以上に待ちました

蕁麻疹の写真を撮っておいたので、それを見せて、症状を話す。
1年近く薬を飲んでいるので急に副作用ということは考えにくいとのこと。
血液検査をしたら、アレルギーの値が高くなっていました。
今まで何のアレルギーもなかったんだけど、急に何かのアレルギー持ちになった様子(何に反応してるのかまでは調べませんでした)

胸やけの方は、逆流性食道炎ではないかとのこと。
ただ胃がんや食道がんの可能性もあるし、まだがん検診受けられる年齢でもないので、今度胃カメラを飲むことになりました。
初めてなので夫くん、ビビってます(笑)
何事もないといいんだけどね。

とりあえず、アレルギーと逆流性食道炎の薬をもらい、蕁麻疹が出たときは食べた物をメモして共通の物がないかチェックすることになりました。
こちらについても、薬を飲んでからは落ち着いているようです。
暑かったりもしたので、なるべく清潔に肌に優しいものを身に付けさせようかなと思います。

本当、何事もないといいんだけど……

乳がん検診

市で行っている乳がん検診に行ってきました。
結果は……
今んとこ異常なしのようです!

夫くんの病気がわかってから、健康診断の大切さを知りました。
受けられる検診は受けています。

二人目妊娠に向けて、子宮頸がん検診と乳がん検診が大事なこともわかってたしね。
子宮頸がん検診は2月に受けて、問題ありませんでした。

健康診断で悪いところが見つかるのは悪いことではないと思います。
見つかればちゃんと病院にかかって、やれることをやればいいのだと思います。
精密検査が必要なのに、放置してしまうのがいけないと思います。

職場の健康診断も始まります。
去年は中性脂肪が高く「気をつけましょう」と言われました
多少は気を使って生活していましたが、どうでしょうか??


これで、二人目に向けて、事前準備は整いました。
あとは、私たち夫婦の気持ち次第!!
どうしよう……(笑)
ギャラリー
  • 10月血液内科受診
  • うそやん?!
  • 夏の思い出
  • 夏の思い出
  • 出産記録⑤
  • 出産記録④
  • 出産記録②
  • 出産記録①
  • 臍帯血と胎盤
メッセージ

名前
メール
本文