2016年05月

フルマラソン?!

うちの夫くん、フルマラソンに出たいらしいです
病気がわかった当初、身体を鍛える運動を禁止されたんです(過度なスポーツは白血球を増やすので)
服薬続けて、白血球数が落ち着いてきた頃から、ちょっと運動(といっても、フットサルとかプールとかくらい)を再開させてました。

完全寛解を迎えて、フルマラソンに出場したくなったそうです(笑)
実は東京マラソンに申し込みをしていました(私には当選したら言うつもりだったらしい
その時に、主治医に聞いたら「大丈夫だよ〜」と言われたそう。
東京マラソンは抽選に外れたけど、言いたくなっちゃって私に話したみたい(笑)
まぁ、無理しなきゃいいのかな、ヤバくなったらリタイアすればいいのかなと。。。

私に隠れてコソコソと何かいろいろ調べてるようです(バレてるからコソコソではない
さて、フルマラソンに本当に出場するのでしょうか?
乞うご期待 (笑)

休薬

この間、夫くんの通院だったんですが、呼ばれて部屋に入った途端、ドクターから「休薬の話なんだけど……」と切り出されたそう。
こっちから何も言ってないのに、いきなり言われてビックリしたそう(笑)
家族会の主催者さんか、そこに来ていたドクターから何か聞いたんじゃないかなと思いました(笑)

順調に完全寛解を迎えてしばらく経ってるし(その間も不具合はなにもない)、断薬ではなく休薬という形なら、もうちょっとしたら始めましょうと言われたそう。
全く薬をやめる訳ではなく、私が妊娠できれば、また服薬を始めるという形を取ります。

男性の場合は1週間も飲まなければ、精子は薬の影響を受けない形に戻るとも言われているんだけど、確証もないので、休薬して3ヶ月は子作りを待ちましょうということに。
Drによっては、男性の場合は薬を飲んでても子作りしていい!という人がいるのも事実です。
卵子に辿りつけて、授精ができて着床できる精子は薬の影響を受けていない精子だという説もあります。
男性側でなく女性がタシグナやスプリセルを服薬中に妊娠して、妊娠中は休薬して出産後にまた服薬、こどもは何事もなくすくすくと大きくなっているという人のブログもあります。

この辺のことは、さすがに実験できないですからね。
Drの考え方、ご自身・パートナーの考え方でどういう方法を選ぶかでいいと思います。
我が家は3ヶ月あけることに賛成しました。

もし、このブログを見ている人で、精子凍結しなくて後悔してる人がいても諦めないでください!
完全寛解を迎えて、その状況が続けば休薬できる可能性もあります!
休薬を待つか体外受精に取り組むかの判断も、夫婦の年齢や金銭的なこと等、ご家庭の事情を踏まえて選んでほしいです。
完全寛解を迎えるまでに、時間がかかってしまうかもしれませんし。

我が家は本当は体外受精の方がいい年齢(私が)と思うのですが、凍結精子はまだ病院にあるので、一度自然妊娠にチャレンジしてみようと思います!
何度やってもダメで、白血球の値も上がってきてしまったら、またその時考えます〜(^^;

いろいろな事情から、今すぐ休薬ではないのですが、今年中には子作りにチャレンジできそうです!!
いい結果が出るといいんですけどね。
あとは、がんばれ!私の卵子!!です。
卵子の老化は始まってる歳なので


休薬や断薬を考えている人は、自分たちからDrに言ってくださいね。
薬を飲み続けていれば安全なこの病気なので、医者から話が出ることはあまりないような気がします。
どこまでどう治験が進んでいるのかもわかりませんし。

うまく行きますように
ギャラリー
  • 池江璃花子選手
  • 1月血液内科受診
  • 初めてのフルマラソン
  • 凍結精子
  • 着工しております
  • 10月血液内科受診
  • うそやん?!
  • 夏の思い出
  • 夏の思い出
メッセージ

名前
メール
本文