2018年09月

よく思うこと

夫くんが慢性骨髄性白血病と診断されて4年が経ちました。
長男くんの2歳の誕生日に確定診断もらったんだよなぁ。

それからタシグナを服薬し始め、大きな副作用に悩まされることもなく、仕事も行けているし、ありがたくも服薬している以外は診断を受ける前と変わらず生活をしています。
本当、白血病であることを忘れるくらいです。


でも、私はよく思うことがあります。
「きっと私は置いて逝かれるだろうな」と言うこと。

これはパートナーが病気になった人がみんな考えるんじゃないかな〜とも思いますが、やっぱり病気は体の中にあり、副作用があまりないとは言え強い薬を毎日飲んでいる。
子どもたちが自立するまでは元気でいて欲しいとは思っているけど、きっと私たちは残される。
もしその時が早く訪れるのなら、私は子どもたちを一人で自立させなければいけない。
そんなことを常々思っています。
 
そのためには、私も手に職をつけたほうがいいんだろうなとか、
今はマイホームに向けて動いていて、今何か起こったら(変異とか…)どうなるんだろうとか、
たまに夫くんが「◯◯が痛い」とか体の不調を訴えてくると、「副作用かな?」とか「ガンかな?」とかすぐ思ってしまいます。
普段、あっけらかんと生活しているんだけど、一度考え出すと悪い方に悪い方に思考がどんどん止まらない。
今がそんな時っていうわけじゃないんだけど、実は常々そんなことを考えていたりもします。
パートナーが病気になるって、そんな気持ちです。


まぁ、そんなことを思っていても、私が進行性のガンになる可能性もあるし、明日事故に遭うかもしれないんですけどね。 
いろんな意味で自立・自律しなきゃいけないなと思っています。
よし、がんばるぞ〜!! 

夏の思い出

昨日・今日と涼しい関東地方ですが、今年の夏は暑かったですね。
暑かったというより、熱かった。
痛かった。

そして自然災害を思い知った夏でした。
自然には勝てないとは思っていますが、災害はいつ降り注ぐかもわかりませんからね。
備えあれば憂いなしの精神を常に持っておきたいと思います。


さて、今年の夏は、赤ちゃんがいるので、外での遊びは長男くんとパパさんに任せて、私と次男くんは家でゆっくりしていることが多かったです。
散歩なんて行けません!
ショッピングモールに行って散歩代わりにウインドウショッピングをしたりしていました。
でも、買っちゃうのよね〜。
経済的によくなかった。。。。


でもそんな中、帰省はしました。
海やら川やら行ったり、花火大会に行ったり、短い日にちでガッツリ楽しみました。
やっぱり自然があるといいですね。
災害は怖いけど、人の心を潤してくれるのも自然ですね。
IMG_7930

IMG_7980
いや〜楽しかった。
次男くんは、親戚やら地元の人にもみくちゃにされておりました。
リフレッシュリフレッシュ

家族との思い出をたくさんたくさん作っていきたいと思った今年の夏でした。
ギャラリー
  • 10月血液内科受診
  • うそやん?!
  • 夏の思い出
  • 夏の思い出
  • 出産記録⑤
  • 出産記録④
  • 出産記録②
  • 出産記録①
  • 臍帯血と胎盤
メッセージ

名前
メール
本文