2015年08月25日

仕事で疲れて帰ってきて

一番癒されていいはずの家が

今、一番のストレス…


随分久しぶりなのに、更新したと思ったらこんな愚痴かょ

2014年11月09日

前回、ウサギを飼い始めたって記事を載せたけど、あれから早いものでもう4ヶ月余りが経って、両手のひらに収まっちゃうくらいだったルビーも大きくなったよ。

この前、FBの「うさぎを飼おう」っていうサークルで面白いアプリを教えてもらったので早速やってみた。

それがこの写真

ルビー4ヶ月
現在生後4ヶ月、人間で言うと10歳なんだって。

先週、初めて外にうさんぽ(うさ飼いの間で使われてる言葉、うさぎの散歩だから略して”うさんぽ”)させてみたら、最初は初めて見る外の世界に緊張してたけど、その内に慣れてきて全力疾走で走る走る!それが結構早くってね、リードを持って追いかけるんだけど、犬や猫と違って行き先が一方向じゃないからまぁ〜大変
だけど、運動不足のメタボ要注意の身体には良い運動になったよ

人間の子供と同じで、昨日まで届かなかった場所に今日はいつの間にかジャンプして飛び乗ることが出来てたり、毎日仕事から帰ってきて癒されてるよ

自分の孫誕生のお知らせはまだまだ先になりそうだから、ルビーに精一杯の愛情を注いであげようと思う。
犬や猫ほどあからさまには懐いてはくれないけど、前に比べたら懐いてくれるようになったしね。
そうなると余計に可愛くなってくるよね〜


2014年08月05日

函館旅行記の最後にお土産編を書くつもりでいたんだけど、すっかり忘れててそのままになってたよ
もう今更って感じだからやめとくね。

そんな事はどうでもいいが・・・

この度、我が家に新しい家族が出来ました〜

え?ご懐妊?!とか思った?
んな訳ねぇだろ。もう来週には51歳だよ、あり得ないでしょ
孫なら大歓迎だけどさ。

実はね・・・


うさぎ1うさぎ2

ジャ〜ン!

うさぎ、飼っちゃった。
アパートだから本当は生き物NGなんだけどね
でもね、めっちゃ可愛いんだよ

車で5分くらいのところにあるうさぎ専門店に見に行ったら¥38000とか¥42000って書いてあって、こりゃビックリ
まぁ確かにちゃんとした血統のうさぎならそれくらいするのかなぁ?って思ったけどその値段はちょっと無理。
この時はまだ私も飼おうかどうしようか、色んな面でお悩み中だったし。

でも結局、意を決して飼うことにしたわけさ。

家の近くのホームセンターのペットショップに何羽か居るうさぎの中で一番可愛かったから、ほぼ一目惚れ
やっぱりどうせ飼うんだったら気に入った子を飼いたいしね。
長い付き合いになるわけだし。
ってことで¥8000でお買い(飼い)上げ。

うさぎ 草食べるうさぎ 足伸ばし寝

私の娘と一日違いの7月3日生まれだから、現在生後1ヶ月のまだまだお子ちゃま。
一応、女の子らしいから7月生まれの誕生石をとって、ルビーって名前にしたよ。
女の子「らしい」ってのは、うさぎはオスメスの判断が難しいんだって。
小さい頃にオスとかメスの特徴を見せていても成長するにつれて、違う性別と判別される事もあるらしいよ。まぁそれは稀らしいけどね。

で、一応ルビーって名前にしたんだけど、餌の干し草を食べてる時の姿はまさに「じゃがりこ」のCMそのものだから、私がそれを見ててつい「じゃがりこじゃがりこ・・・」って呟いちゃうのさ。

それと、後ろ足をびろ〜んと伸ばして横になる姿がめっちゃ可愛くて癒されるんだよねぇ〜

昨日友達に写メを送ったら「とうとう動物に癒しを求める年齢になっちゃったね」だって
お互いにね

もう今はルビーLOVEの私だよ。

2014年07月06日

こっちにも貼り付けちゃう。

私のアメブロ記事

2014年06月20日

前回のお話はこちら

一度ホテルにチェックインして部屋で名物だんごを食べて少しゆっくりしてから、また大沼公園の近くに出直し。
何で?っていうとホテルには朝食だけの予約だったから夕食は何処かで済まさないといけないんだけどホテルの近くにはなぁ〜んにも無いから、予めネットで調べておいた大沼公園の近くの居酒屋に行く事にしたわけ。

喜らくワカサギの筏焼き

最初に入った「呑むべぇ喰うべぇ喜らく」さん(長い名前)。

大沼名物と聞いたワカサギの筏焼きってのを頼んでみたら意外な小ささにビックリ
聞いたら大沼湖のワカサギはこれ以上大きくなれないんだって。だから大沼で出てくるワカサギは皆この大きさらしいよ。

お店に行く前に地元の人から「一癖も二癖もあって気難しい人」と聞かされていたお店の大将(ウチの親よりちょっと若い位のお歳)が妙に饒舌で、大沼の良い所とか若い頃に東京でバイトしていた頃のお話とかいっぱい色んなお話をしてくれて、ちっとも気難しい感じは受けなくて結構楽しかったよ

結局この日は乗れなかった遊覧船の会社の社長さんが、たまたまその時隣のカウンターでお知り合いの方たちと飲みに来ていて「遊覧船乗れなかったぁ〜」って言ったら「ごめんなさいねぇ」って言ってくれたよ(笑)

午前中に霧が出ていても昼過ぎには晴れて午後の遊覧船は出せる事が殆どで、一日中霧が晴れずに欠航になるなんて事は年に数回しかないって聞かされて、ホントにツイてないんだなぁって思ったよ

「喜らく」さんを出て、他のお店にも行ってみたかったからすぐ近くにある「こぶし」さんに行ってみたよ。
あ、お店の写真撮るの忘れた

こぶし お通しサイコロステーキ


お通しにワカサギの甘露煮が出てきたよ。やっぱりこの小ささだとまるで小女子の佃煮を思い出しちゃうけどね、まぁこれはこれで美味しかったよ。

お勧めメニューにあった何とか牛(大沼牛だっけ?すっかり忘れた)のサイコロステーキは普通に美味しかったよ。

帆立刺身

お刺身の帆立はめっちゃ甘くて美味しかったなぁ。
あと他にもアスパラのバター焼きも〆のラーメンも美味しかった

何だか今回の函館旅行は呑んでばっかりだなぁ
まぁ、いっかぁ〜


次回のお土産編で終わりだよ。

2014年06月15日

楽しく飲んで食べて笑った一夜が明けて函館の朝を迎えたよ。
朝ご飯はホテルの食堂と、ホテルのすぐそばにある朝市で食べるのとどちらかを選べるようになってたから勿論、朝市で食べる方を選んだよ。
朝市の中にある、ホテル指定のお店に行ってお店の人に券を渡せばいくつかのメニューの中から好きな海鮮丼が食べれるようになってるわけ。

朝市丼
普通はみんな、ここぞとばかりに雲丹とイクラがたっぷり乗ってる海鮮丼を選ぶんだろうけど私は雲丹もイクラも嫌いだからぼたん海老とイカと帆立が乗った海鮮丼にしたよ。
そう言えば何年か前に初めて北海道に行った時、旅行の数日前に友達に「雲丹とイクラが嫌いで北海道に何しに行くの?」って言われた記憶があるなぁ
雲丹とイクラなんか食べれなくたって他にも美味しいものはいっぱいあるから全然平気だよ〜

まぁそんな昔の話はこの際置いといて・・・
朝ご飯を食べたらまたレンタカーに乗って出発したよ。まぁ運転はいつものごとく私だけどね

次なる目的地は大沼国定公園なんだけどね、途中車で走ってる時にすっごく不気味で気になる雲っていうか靄が掛かった山の一部があったんだけど、まさか自分がその中に向かってるとは思わなかったよ

大沼国定公園大沼公園の藤

藤の花が綺麗に咲いてたから撮ってみた。

辺り一面濃霧
ここでの一番の目的ってか楽しみにしてた遊覧船が、この日に限って濃霧の為に運休になっててめちゃショック〜

霧が晴れない事には運行の目処が起たないって事で、霧が晴れるのを待ってる間にハイキングコースをゆっくり散歩する事にしたよ。
簡単な15分コースと約1時間のコースがあったから、どうせ他にやる事もないし暇だから1時間のコースを霧が晴れるのを祈りながらゆっくり歩いてたよ。

それにしても北海道には何であんなに東洋人の観光客がいっぱい居るんだろう?前に旅行した時も思ったけど、パッと見は日本人と区別が付かない東洋人の観光客がホントに沢山いてちょっとウンザリ

大沼公園のつつじハリーポッターが出そうな森

入り口付近の藤も綺麗だったけどハイキングコース途中に咲いてたツツジも綺麗だったから撮ってみた。
右の写真は水面に周りの木が映ってまるでハリーポッターの映画の一場面に出てきそうな場所だって思ってつい撮ってみたけど気のせい?

約1時間のハイキングコースを歩いてから遊覧船のチケット売り場に戻ってみたけどやっぱりまだ運休のままだったから仕方なく公園外の周りを散策する事にしたよ。

旅行前にネットで調べた猫好きの為のお店があるらしく、早速そこに行ってみた。
そのお店は猫関連の雑貨があったり軽いお食事もできるカフェになってたよ。
お店の真ん中に大きめのゲージがあってその中で可愛い猫ちゃんが寛いでたから写真を撮らせてもらったけど、あんまり上手く撮れなかったからここには載せない
そのお店に入る前はそこで軽く腹ごしらえもいいなって思ってたけど、思っていた以上の生き物のニオイに「この中で食事はちょっと・・・」と思ってやめたよ

もう一つ、旅行前に調べておいて是非ここだけは外せない!と思っていたのが

大沼ビール外観

大沼ブリュワリー、つまり大沼地ビールのお店だよ
今「またビールか」って思っただろ?(-_-;)その通りまたビールだよ。

アルトとソーセージスタウト
1杯目は通常メニューにある「アルト」、2杯目は限定商品の「スタウト」を飲んだよ。
やっぱり私はスタウトが好きだなぁ。ここのスタウトは今まで飲んだ事のある何処のスタウトより濃い感じがしたよ。

公園の周りを散策したりビールを飲んだりしながら時間を潰して最後にまたチケット売り場に戻ったけど結局この日の遊覧船はずっと運休のままだったよ。
聞けば前日は暑いくらいのめっちゃ良い天気だったらしく、またこれだけの濃い霧が1日中晴れないってのは年に1、2回だって言うんだからどんだけツイてないんだよって感じだよね

結局遊覧船は諦めて前日の居酒屋で教えてもらった大沼名物の三色だんごを買ってホテルの部屋で食べたよ。

三色だんご
だんご一つ一つが小さくて楊枝で食べるんだけど、袋井の法多山にある厄除けだんごを思い出したよ。


今日はここまで。続きは次回ね。


2014年06月14日

「ヤマタイチ」さんの他にジンギスカンが食べれるお店にも行ったよ。
いままでちゃんとしたジンギスカンを食べた事がなかったからやっと念願叶って食べる事が出来て嬉しかった
その店にヘンなカップルがお客さんで居たんだけど、まるで漫才でもやってるかの様にず〜っと喋ってて賑やかかったんだけどね、その会話を聞いてるだけでも可笑しくてこっちまで笑えてきちゃって結構楽しかったよ

函館に来たら塩ラーメンを食べなきゃって事で〆に同じ横丁内にあるラーメン屋さんに入ったんだけど、思ったほどじゃなかったな

楽しかった横丁を後にしてホテルに戻り、チェックインの時に貰った「カクテル1杯無料券」を使いたくて(この辺が田舎もんだよね)高いと解っていながらBarに入っちゃったよ。

Barはカウンターの向こう側がガラス張りになってて、部屋からと同じ夜景が見えてとっても綺麗で、後から入ってきたお客さんも「わぁ〜綺麗」って言ってたよ。

ホテルのバーからの夜景カクテル1杯目

流石に無料券の1杯だけで出るのも悪いかと思って2杯目をついつい頼んじゃったんだけど、2杯目に飲んだイチゴのカクテルはイチゴが串に刺さって5個も付いてたからイチゴ好きな私には嬉しかったな

それとカウンターの目の前で店員さんが生ハムを原木からカットして出しているのを見ていて、ついつい食べたくなって頼んじゃったんだけど、久々に食べた生ハムは美味しかった〜

イチゴのカクテルBar生ハム



今日はこの辺で。続きはまた次回に。


2014年06月13日

五稜郭を出てからも、日が長くてまだ全然明るいから早い時間なのかと思っていたら時間的にはもう夕方になっていたからそろそろホテルに行ってチェックインをすることにしたよ。

エレベーターで受付の人に言われた通り13階まで上がって部屋に行こうとしたけど、Barとマッサージルームしか見当たらなくて部屋らしきものが無い
「たしか13階って言ったよねぇ」と言いながらまたフロントがある1階まで戻ってみたり、また13階まで上がってみたりと何回か行ったり来たりした揚句やっと見つけた13階の夜景ルーム入り口。
「ここか?」と思いながら恐る恐る開けたドアの向こうにまた廊下があって一つ一つのドアに部屋番号がふってある。
フロントで渡された部屋番号を探しながら歩いていたら「あった!」
またまた恐る恐る鍵を開けながらドアを開けて部屋に入って第一声が

「わぁ〜お!すげぇ〜!」

眼下にJR函館駅が一望で、夜になったらめっちゃ夜景が綺麗に見えるんだろうなって想像できちゃうくらいめっちゃ景色良くて部屋も広くてウチら貧乏人には勿体無いくらいの部屋だったよ

出来ればこの素敵な部屋で日暮れから夜になる景色も堪能したかったけど花より団子の私はもう飲みたくてウズウズしてたもんだから、ホテルから歩いて数分の「大門横丁」に出掛けたよ。

大門横丁入り口大門横丁入り口2

この大門横丁は何軒かのお店が集まってる場所で、静岡でいう「青葉横丁」みたいな感じ?まぁおでんは無いけどね。

ガイドブックに載ってたお店に入ろうとしたら「イカが無い」って言われてイカを食べに来てイカが無いんじゃ話にならないって事で他のお店を物色。
かろうじてカウンターが二席開いてた「ヤマタイチ」さんに入ったよ。

生チューイカ刺し
生ビールのジョッキにも「大門横丁」って書いてあったよ
まずはお目当てのイカちゃんのお刺身から。
イカ漁がまだ解禁になったばっかりで、この時期はまだ大きいイカは市場に出回らないんだって。だからサイズはちっちゃかったけど味はバッチリ美味しかったよ

次に食べたのがサーモンとニシンのお刺身。

最高のサーモンニシン刺し

このサーモンがめっちゃ美味しくて今まで食べたサーモンの中でダントツ一位の美味しさだったよ
それと、ニシンのお刺身は50年生きてきて初めて食べたけど、「ニシンってこんなに美味しい魚だったんだ」って実感するほど脂のノリもちょうど良くてめっちゃ美味しかった。
さすが函館!新鮮で美味しくてやっぱり来て良かった!

2014年06月11日

札幌酒精厚沢部工場の工場長さんにお礼を言って次に向かった先は...

五稜郭タワー五稜郭一望

かの有名な五稜郭だよ。
ここには8年くらい前に一度訪れてるんだけど、その時は今の五稜郭タワーを建設中だったんだよね。だからせっかくだから新しい五稜郭タワーにも上ってみたいって事で行くことにしたよ。
前のタワーより少し高くなって五稜郭が一望だよ〜。

函館山
正面に見える山は函館山って言って、かの有名な例の函館の夜景をあの山の頂上で見れるんだよ
本当に綺麗でめっちゃ感動するから一度は見てみる価値はあると思うよ。私は前回来た時見たから今回は行かなかったけどね。

今日はこの辺で終わり。続きはまた今度ね。




2014年06月10日

6月4日〜6日にかけて2泊3日で北海道は函館に行ってきたよ〜

初日、函館空港に着いてすぐに予約していたレンタカーで、函館より北西に1時間半くらい走った所にある厚沢部町という所に行ったよ。
そこには北海道で唯一造られている「喜多里」っていう芋焼酎の工場があって、そこの工場見学をさせてもらいに行ったのさ。

何で?っていうと、6年前旭山動物園に行った後に美瑛のホテルに泊まった時、ホテルの中に入ってた居酒屋のオヤジさんが「面白い物があるから飲んでみるか」って言って出してくれたのが、その喜多里っていう芋焼酎だったわけ。
まだその頃は発売されたばっかりで、薩摩芋を作ること自体北海道では初の試みだったらしく当然芋焼酎造りも道内初ってか、その札幌酒精っていう会社でしか造られてないらしい。
ただちゃんはそれまでは芋焼酎は飲まなかったんだけど、その時初めて試しに飲んでみた芋焼酎がすごく美味しかったらしくそれ以来芋好きになったし、北海道で唯一と言われるその工場を観てみたい!って思ったのが今回の工場見学に至ったという長いいきさつがあるわけさ。

喜多里看板喜多里工場

事前に予約しておいた時間に行ったらもう工場長さんが待っていてくれて、たった2人の為に1時間以上も時間を割いて工場内を丁寧に説明して見せてくれたよ。
お忙しい中、ありがとうございましたm(__)m

全部の種類(芋、麦、じゃが芋、昆布、試作段階だと言ってた紫芋、芋の甕貯蔵)の試飲までちゃんと用意してくれてあって私も試飲してみたかったけど2人で飲んじゃったらこの後移動が出来なくなっちゃうからここはぐっと我慢してただちゃんが嬉しそうに試飲するのを眺めてた優しい私(自分で言うか

今まで見学させてもらった他の殆どの醸造所や蒸留所が工場内撮影禁止だったからここもそうかな?と思って一応「撮ってもいいですか?」って聞いてみたら「何も隠すようなモノはないから」って快く承諾してくれたから、その中のほんの1枚だけ公開〜

甕貯蔵
最後に地下室みたいな所で見せてもらった甕(かめ)貯蔵の写真。
ずらっと並んだ甕に圧巻され、ほのかに香るお酒の香りだけで試飲しなくても酔えそうだったよ

写真整理していて気が付いたんだけど、北海道内で唯一ここにしか無いっていう精麦機の写真を撮ってなかった。あ〜残念

とにかく、ただちゃんがずっと前から見てみたい、行ってみたいと言ってた喜多里の工場を見させてもらえて良かった良かった


北海道旅行記、これからしばらく続くので気が向いたら見に来てね