気合で何とかなる

スマブラ for WiiU/3DSを全般に記事を書きます。 システムやテクニック、ただの日記など

にえとのあかぶち宅オフ募集します
初心者でも初見さんでも大歓迎!!

来る人は↓を見てください
http://blog.livedoor.jp/nietonotkr/archives/cat_897802.html

21日
にえとの
あかぶち
しゃすぼ
シャドウ
うめき
らっちー
めんま

22日
にえとの
あかぶち
シャドウ
らっちー
Qoo
めんま
うめき
bambi

23日
にえとの
あかぶち
シャドウ
Qoo
Rain
真央
うめき
シキ
ケイソン
しゅごしゅぎ
アツシ
らっちー

24日(ウメブラ)
にえとの
あかぶち
シャドウ
Qoo(朝まで?)
しゃすぼ(夜から)
うめき(朝まで)
シキ(朝まで)
ケイソン(朝まで)
らっちー(朝まで)

25日
にえとの
あかぶち
シャドウ
しゃすぼ

26日
にえとの
あかぶち
シャドウ

27日
にえとの
あかぶち
シャドウ


日帰り15人
泊まり9人ぐらい

今ではめっきり減ってしまいほぼ絶滅状態のシークについて書いていきたい。(放送でよく聞かれるからね)
文章の書き方とかめちゃくちゃなのでメモの書きなぐり程度に思ってください。

ランク的には上の下から上の中ぐらいで、単キャラだと多少キツイ部分があるかもしれないキャラだと思っている。
今のシークは下投げ空上が無くなったことによりバースト力が無くなり、今作のホカホカ補正のせいで気づいたら先にバーストされていることが多い。
でも立ち回り自体は対して弱くはなっていない。
一つ前verみたいに少し立ち回りで無茶して状況動かして下投げ空上という立ち回りは出来ないわけだけど。
立ち回り徹底して相手がバースト%になったら少し無茶するぐらいは全然出来る。
バースト手段は%貯めまくって横強か空N、空前、または針跳魚、空N跳魚、スマッシュ、横強or下強空上、崖奪い空後、復帰阻止と意外に多い。
なので今のシークでも侮りがたいキャラではある。
上位の人達皆スッパリやめちゃったから日本では終わりみたいな風潮あるけど。

ただやっぱり今のシークで勝つのは結構難しい。
立ち回りが強いと言ってもXのメタみたいにダントツで強いわけではない。
なので立ち回り常に勝てるわけでも無く、その場合前までの頼みの綱の下投げ空上が無くなった今、辛くなる。
先にバーストされたとなれば心が折れそうになるのもわかる。
火力も投げから減るのは減るが前verよりも鉈、横強、空N始動ではないと減らない時も多い。
確認や操作精度も大事になってくる。
そして何よりバーストが辛い、バーストが辛いのはホカホカ補正のある今作は結構痛い。
釣り行動を上手く使って針跳魚や空N跳魚を当てるか、反確などで横強を入れて二択で倒すか、復帰阻止で相手の復帰を回避読みなどを絡みつつ狩る。などなど。
大体この上の立ち回り、火力、バーストの3つの弱体化で勝ちにくい。
でも逆に言うと立ち回りで負けてても勝てるビジョンを持ってぶれない精神、確認や精度がある程度あって、火力がそこそこ取れてバーストがどこかしらで出来るのであれば全然まだまだ勝てる。

まとめると、
理論的にちゃんと立ち回れるのであれば驚異なキャラには違いない。
ただ一発のパワー的な要素は無いので立ち回り以外の基本的なスキルが結構求められる。
立ち回りは針打って鉈振って投げてれば相変わらず強い。強すぎる。

相変わらず上級者が使えば強いけど初心者辺りが使ってもあまり強くないキャラなのかなって感じではあるね。
でもプレイヤーが強くなればシークもついてきてくれるのは良いキャラ。

17日にいきなりのスマブラアップデート!!
しかも結構変わってるとのことで色々書いていきたい。

今回のアプではバランスを整えてきたって感じ。
主に即死系の連携をできなくするような調整(ベヨはコンボがコンセプトだったので除かれたのかな?)
一強だったシークの弱体化って感じかな。
後は中堅以下のキャラ達が結構な強化をされていたようで。
ダウン調整が目立つとこではあるけどアップ調整もちゃんとされてたね。

キャラの情勢は。。。
個人的にシーク、メタはランクダウン。ゼロサムはまだわからない
全キャラ不利キャラが一体はいるって感じでバランスはいいと思う。
いじられてないキャラでも相対的にDD、CF、ソニック、ロゼッタ、狐、ピカ辺りが強くなってる。
個人的にクラウド、ベヨネッタ、ソニック、ロゼッタ辺りの4強で
その下に色々いる感じだが・・・中堅キャラとかで強化されたやつがどれぐらいかわからないので詳しくはわからない。

いきなりのアップデートすぎて今後キャラどうしようかな・・・
またキャラ難民になりそうで不安だけど2キャラぐらいに絞りたいね

それではまた

↑このページのトップヘ