IKEA

この家のダイニングテーブルの素材はそう、あの憧れのウォールナットです^^。
1階床フローリングもウォールナットですが、これは中国産でやや黄味が強いものです。
テーブルの方は高級材料の代名詞であるブラックウォールナットです。
もちろんの無垢材ですが、流石に1枚板というわけにはいきません^^;。
ですが通常の集成材ではなくはぎ材です。はぎ材は集成材と違って長手方向はジョイントがないので一枚板に近い迫力があります。説明はここが分かりやすいかも。
予算が厳しくてもかけるところにはかけるという施主の方針です^^。
無塗装で板だけ買って仕上げのオイルはみんなで塗りました。
で、脚は前から目をつけていたIKEAのこれ^^;。
この価格落差が注文住宅の醍醐味ではないでしょうか?
脚なんてまたお金がたまったら改めて作ったっていいじゃないですか。
ベンチと椅子についてはHPで説明していますのでそちらをご覧ください。
ベンチも椅子も塗装というかオイルや蜜蝋の刷り込みをこれもまたみんなでやりました。
年数が経てば経つほどいい味わいになって行くことでしょう^^。
あ、ペンダント照明もIKEAです。
これも数百円のものですが、ダクトレールに取り付けているので、あとから施主が自由に交換できます。
家は自分たちで作っていくものだという意識が大切なのではないでしょうか・・・楽しいし^^。

で、ダイニングテーブルの椅子を反転させるとスタディコーナーがあります。
STUDY1

お子さんが小さいうちはダイニングテーブルあたりで勉強させるのが、お母さんも目が届いていいんですが、テーブルの上が散らかりがちになります。
で、椅子を共用できる位置にデスク状のものを作っているのです。
上部には本棚^^。
本棚の底板には薄型のLEDを手元灯として付けています。
引き出しは必要に応じて天板の下に積むか、キャスター付きのものだとサイドテーブルにも使えますね^^。

STUDY2

更に机の下には床下点検口を設けています。
人の通行がないところという狙いもありますが、基礎断熱工法を採用しているので、床下の温熱環境は部屋内と同じになります。なので収納として使えないこともないわけです(重いものは腰をやっちゃうので気をつけましょう)^^。