キリがないのでそろそろ最終回です^^;。
mazikiri

箱階段の家の2階には主寝室と、将来子供部屋2室分のスペースが設けてあります。
この子供部屋スペースは間仕切りを兼ねた収納で区切っています。
シナランバーでコの字のつい立を作って、補強もかねて上部にハンガーパイプと棚板を設けただけなので収納というとちょっと大げさかもしれません^^;。
こうしておくことで二室の面積比率を変えることができますし、将来的には大きな1室としても使えます。

ちなみに2階の床フローリングは杉板です。
フローリングの種類は星の数ほどありますが、無垢材で最も安価なものは杉でしょう。
やわらかくて歩行感が良く、また国産材を使う事ができます。
(一方で材料としてはやわらかいので傷が付きやすいです)
無塗装のものを敷いてもらって、施主と一緒に蜜蝋(ミツバチが巣を作る際に分泌する蝋と油を混ぜたもの)を塗りました。
床の塗装を自分たちですることは、予算の節約にもなりますが、将来的なメンテナンスの予行演習にもなります^^。自然塗料だからこそ自分たちで簡単に塗れるし、経年的な木の変化も楽しめます^^。

最後なので貼ってなかった画像をいくつか・・・
karari

浴室はユニットバスです。
デザイン的には一から建築工事で作りたいところなんですが、性能優先という建て主の場合はユニットバスという選択もやむなしと思います。でも、TOTOの新しいカラリ床は良くできてますね^^;。水の切れも良ければ、冬場には肌触りが冷たくもない・・・。魔法瓶浴槽も在来工法ではまねのできない技術です。この家は工事中にラッキーにもキャンペーン対象になって、工事金額の増なしに(ちょっとあったかな?)浴室乾燥機を入れることができました^^。

sen

前の洗面台のところで書き忘れました。
洗面台のボールはお約束の病院用流しです^^。
本当はボールは二つあると便利なんですが、予算やスペースの都合で一つしか設けられない場合も多々あります。その時は大は小を兼ねるです(更に大きい割には安い)^^。深いので水はねも気になりません。
弱点は置き型と一緒で、カウンターとの接合部に出っ張りが出ることで、ここに水が溜まりやすいです。
しかしそこは施主提案で、手前から操作ができる水栓を採用することで水栓を操作した時の水垂れを最小限に抑えています^^。

sen2

洗面の手前にはタオルハンガーを付けていますが、実はこれは特注サイズです^^;。
通常サイズだと大体60cm幅までしかないので、タオル2本をかけるのがギリギリです。
特注サイズで80cmまで作ってもらえます。
タオルを掛けるぐらいなので荷重的にも問題ありません^^。

最後に外装の話を書いておきます。
NORTH

この家の外装材はガルバリウム鋼板ですが、よく使う縦ハゼ工法ではなくガルスパンという成型材です。
理由は敷地のある地域が準防火地域であり、通常より高い防火性能が要求されるためです。
このガルスパンという材料は内部に断熱材が入っているので、断熱性能も上がります(お値段も上がります^^;)。難点は角部分(役物といいます)がでかくてごついところなんですが、そのあたりは板金屋さんに同色のガルバを曲げ加工して製作してもらっています^^。
また塗装部分はセラタイトSiというものすごく汚れに強い塗料を使っています。