LEDテープライト照明


※以下施主から頂いたリポートですが、プライベートに関する部分は削除しています

建もの探訪などを見ているとなんだか欲しくなってくる間接照明。
しかもKO邸ではLEDテープライトを使われているということで
自分も欲しくなって作ってみました。

LEDテープライトだけであれば、幅1cm程度で、両面テープで張り付け
られるので、まさにアイデア次第でどこにでもという状態なのですが、
子供部屋を仕切っているロールスクリーンにカバーを付けて
そこに間接照明を付けることにしました。

板はホームセンターでサブロク板を買ってきて、床と同じオスモを塗って
それらしく作りました。
ポイントは板のつなぎ目を空けて隙間を作ることで、アクセントとしています。

 ロールスクリーンボックス


さて、ここからLEDの選定ですが、色は当然電球色を選ぶとして、
5メートルで300個の普通のLED(SMD3528)が付いているテープにしました。

更に明るい物はあるけど、LEDなのに消費電力が高くなりすぎるのも
違うように思えるし、これだと24Wだから、LED電球2〜3個分ということで
そんなものかなと思います。
電源は余裕を見て50W(12V/4.3A)のスイッチング電源を使用。

購入はamazonからで、LEDテープ 電球色などで検索すると、
なんと送料込みで450円。安すぎです。
(ただし中国から届くので約1か月ぐらい待つことになります)

因みに、LEDテープを直接木材に張り付けると熱でダメになるそうなので、
放熱対策としてアルミL字アングルに張り付けて置いてみました。

 LEDテープライト照明2


実際に点灯してみると、部屋全体が柔らかく明るくなるので
とても気に入って使っています。

照明はダクトレールもあることですし、時々変えていますが、
ダイニングテーブルに演色性の高いLEDスポットライトを付けて、
ご飯をおいしく見えるようにしたりしています。
照明一つで部屋の雰囲気が変わるので、これからも楽しんでいければ
と思います。