人生0手の読み

将棋と読書を愛するヒキニートの日常

20年ほど前、「To Heart(トゥハート)」が社会現象を巻き起こしました。 恋愛ゲームとしてはすでに「同級生」や「ときメモ」などの先行作品はありましたが、18禁から全年齢対象に移植したことや当時流行していたサウンドノベルの手法を取り入れた点などが評価され、幅 ...

その1はコチラ「棒銀」は飛車を軸に銀を棒のようにまっすぐ繰り出す積極的な作戦です。棒銀の使い手としては加藤一二三九段が有名ですね。それでは、まず成功例から見ていきましょう。◎Level.1 初級者向け講座▲3八銀△6二銀▲2七銀△4一玉▲2六銀△5二金▲1五銀( ...

8月24日、棋聖戦一次予選で里見香奈女流四冠 vs 藤井聡太七段という夢のカードが実現しました。序盤考察としても非常に興味深い一局でしたので早速並べていきます。画像引用元サイト:https://book.mynavi.jp/shogi/detail/id=91852先手:里見香奈女流四冠 後手:藤井聡 ...

前編はコチラ箱に同梱されていた説明書を読んでもイマイチ理解できなかったのでグーグル先生の力を借りることにしました。以下はWikipediaより抜粋。(軍人将棋は)1907年(明治40年)に書かれた書物「世界遊戯法大全」には「いくさ将棋」の名で紹介されている。 世界遊戯 ...

先日、ご近所の雑貨屋さんに何気なく立ち寄ると変わったボードゲームを見つけました。軍人将棋!!パッケージの絵柄がめちゃ古い!!気になるお値段は300円(税抜)でわりとお手頃。しめしめ、これは良いブログネタになりそうだぞ、と即購入を決意しました。レジへ清算に ...

◎第26~30話はコチラ「飛車は振るもの、角は換えるもの…ククク」× × ×第31話:早繰り銀の強襲炸裂!―羽生善治vs中村太地 王座戦第4局 棋譜検討▲腰掛け銀VS△早繰り銀から一直線の攻め合い。本局の進行は後手が指しやすいということで、先手は▲3七桂を保留 ...

前編はコチラ▲『将棋平手読本』の土居八段・著者近影では新型矢倉(▲6七金左)の歴史を追っていきたいと思います。最も新しいところでは今年5月に行われた叡王戦で登場しました。2018-05-26 高見泰地 vs. 金井恒太 叡王戦決勝七番勝負 第4局記念すべき新棋戦の大舞台で ...

――う~~~っ(寝転んでずっとスマホいじり)このごろ更新が減ってますね。夏バテですか?――いや…まあそれもあるんですが、最近どの将棋も角換わり腰掛け銀の同形ばかりでさすがに飽きてきちゃって……。まあ、後手にとって角換わりは「ナッシュ均衡」状態ですから仕方 ...

羽生さんのタイトル100期獲得と、豊島八段の初タイトルが懸かった棋聖戦もいよいよ大詰めを迎えようとしています。挑戦者の豊島将之八段(28)はこれまで4回タイトルの舞台に登場し、4度とも敗退……。僕はなるべく特定の棋士に肩入れしない記事作りを心がけていますが ...

↑このページのトップヘ