大道棋 奇策縦横
ヤフオクでめずらしい棋書をゲットしました。だいぶ昔に絶版となった詰め将棋本で10件以上の入札がありましたが、3100円で落札(ゼーハーゼーハー)。

「大道棋」とは街道で通りかかった人に詰め将棋の問題を出して生計を立てていた人たちのことで、戦後から昭和後期にかけて流行していた娯楽を提供する商売です。 当時の大道棋にとってこの本は大事な大事な飯のタネだったんですね。  

そして大道詰め将棋の最大の特徴であり、また面白い点は『見た目は簡単そうだけど、解くのは超絶ウルトラ難しい』ことです。なぜなら、簡単そうでなければ客は寄ってこないし、また難しくないと商売にならないからです。

例えば代表的なのが下の香歩問題。

2014-08-25g
(答えは下の空白行をドラッグ反転させてね)
▲8九香△8三銀合!▲8二歩△9一玉▲9二歩△同銀▲8一歩成△同銀▲9二歩△同玉▲8三香成△9一玉▲9二歩△同銀▲8二とまで、15手詰め
何もないところから意表の合い駒が飛び出してきて初めて見た人はびっくりすると思いますが、これは最も初歩の基本形。実際はこの筋を下敷きにして平均20~40手を超える複雑なバリエーションがいくつも生まれます。香歩だけにまさに恐怖の詰め将棋ですね(笑)。詳しくは湯川博士著『蘇る秘伝大道棋』を読んでください。

蘇る秘伝大道棋



さて能書きはこの位にして、絶大な終盤力のなさに定評がある私が実際に『大道棋 奇策縦横』の問題に挑戦してみます。いざ、参らん!

2014-08-25a

ふむ……これが第1問目か。
まあ初手はとりあえず▲6二飛成とボロッと金を取りますよね(A図)。
 
2014-08-25b

以下、△9三玉と逃げるのは▲8二竜△8四玉▲8三竜△9五玉▲8六金(B図)で詰み。

2014-08-25c

なんだ、めちゃくちゃ簡単じゃないか。

いや待てよ。▲6二飛成のときに7二の地点に合い駒をする手がまだあるか(A´図)

2014-08-25f

まず8三に利きのない駒(飛・桂・香・歩)は▲8二金~▲8三金で簡単。
そして8三に利きのある駒(角・金・銀)も▲8二金から8三でばらして最後に▲8二竜で詰み。

今度こそ証明終了?

…………

……あ。


ああ、そうか。▲6二飛成に△7二飛(C図)のタダ捨てがあるのね。

 2014-08-25e

△7二飛以下、▲8二金△9三玉▲8三金は飛車を引いた効果で△同馬と取られていけないから、▲7二同竜△9三玉に▲8三桂成△同馬▲同竜△同玉(D図)と後手玉を丸裸にする。

2014-08-25d

えーと、このとき先手の持ち駒は飛角金歩で、▲6五角は△7四合▲8二飛△7三玉……いかん、これは6四に抜けられてしまう。じゃあ▲5三飛△7三合▲8四歩の筋かな……いや、これも上部へ逃げられると押さえる駒が足りないか……。

うーんうーん……(30分経過)





[本](ノω・ヽ*)チラッ



(答えは下の空白行をドラッグ反転させてね)
▲6二飛成△7二飛▲同竜△9三玉▲8三桂成△同馬▲8二銀不成△同馬▲8四金△同玉▲8二竜△8三歩▲7五角△9五玉▲9六歩△同玉▲9七飛△8五玉▲8三竜△7六玉▲8六竜△6五玉▲6六竜△5四玉▲5七飛△4三玉▲4六竜△4四角合▲4二角成△3四玉▲3五歩△同角▲4三馬△2三玉▲3三馬△同玉▲3五竜△3四角▲5三飛成△4三歩▲4四角△2三玉▲4三竜△同角▲3三角成△1二玉▲1三歩△同玉▲2四竜△1二玉▲2二竜まで






51手詰め


星一徹
解けるかこんなもん!!!!!


あまりに奥が深すぎる詰め将棋界への入り口

秘伝 将棋無双―詰将棋の聖典「詰むや詰まざるや」に挑戦!

王様殺人事件―極上の詰将棋ミステリー (MYCOM将棋文庫SP)


お知らせ
◎大好評・ ボナンザさんシリーズ を無料で全話一気読み!
◎noteで「二歩千金のブログやTwitterでは書けない話」を月1ペースで更新中!