現代振り飛車ナビ

角交換好きな振り飛車党による将棋定跡研究ブログ


前回の記事:ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―ごく自然な▲4八銀

第8図以下の指し手①
▲8八玉(第9図)
2018-12-14a
▲8八玉は囲いに入城する自然な手。プロの実戦例も最多です。

ただ、この瞬間角で王手がかかる形なので、
△2四歩▲同歩△同銀▲3六歩△2六歩▲同飛△4四角の王手飛車が気になりますが▲7七角と切り返して大丈夫です(参考図)。
2018-12-14e

第9図以下の指し手
△4四銀▲5八金右△3三桂▲6六歩△2一飛(第10図)
2018-12-14b
後手は△4四銀~△3三桂と持久戦を選択します。
あともう一手△4二金と陣形を引き締めて△2五桂ポンが間に合えば振り飛車面白いのですが……。

第10図以下の指し手
▲6七角(第11図)
2018-12-14c
▲6七角が本戦型で頻出の自陣角。
狙いは3四歩取りだけですが、なんとこれで手になっています。

第11図以下の指し手
△4二金▲3四角△5五銀▲7七銀△7四歩▲1六歩
△8四歩▲1五歩△7三桂▲7八金
(結果図)
2018-12-14d
結果図は次に▲1四歩△同歩▲1二歩△同香▲2四歩が厳しく、これを嫌って△8五桂と先攻するのも▲6八銀△6六銀▲8六歩で先手良しです。振り飛車側はもっと早い段階で工夫が求められます。

もっと知りたい人のためにおすすめの関連本

最強アマの即戦力戦法 ~スズメ刺しから丸山ワクチンまで~ (マイナビ将棋BOOKS)


将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車

これだけで勝てる ゴキゲン中飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)










前回の記事:石田流vs左美濃(銀冠)―軽い捌きを狙う現代的な▲7七角型

第6図以下の指し手③
▲9六歩△9四歩▲9八香(第7図)
2018-11-15b
▲9六歩~▲9八香は菅井新手。

以下、最も無難なのは△8四飛でしょうが7二や6二に飛車をまわる筋がなくなるので、▲4五銀の急戦▲4六歩~▲4七銀引の持久戦どちらを選ばれても振り飛車の言い分が通り後手はつまらないでしょう。
【関連棋譜】
・2012-11-13 菅井竜也 vs. 斎藤慎太郎 順位戦(▲4五銀)
・2012-11-20 久保利明 vs. 澤田真吾 朝日杯(▲4六歩~▲4七銀引)

【参考棋書】

最強最速の将棋 (マイナビ将棋BOOKS)


第7図以下の指し手
△5五歩▲4五銀△2三玉(第8図)
2018-11-15c
先手の攻めを呼び込むようで怖いですが△5五歩が最強の手です。
当然の▲4五銀に△2三玉が肝心な受けで、同じようでも△2三銀は▲6五歩△4四歩(△6五同歩は▲3六飛)に▲4四同銀!が妙手一閃(参考図)。
2018-11-15e
参考図以下△同角に▲4六飛△3三銀▲4四飛△同銀▲7一角で先手の攻めがつながります。

第8図以下の指し手
▲6五歩△4四歩▲3六銀△5三金(第9図)
2018-11-15g
さて、本譜の△2三玉には銀を引くよりありません。後手は金を5三に盛り上がるのが力強い好手で、かえて△6五歩は▲7四歩△同銀▲5五角と暴れられて危険です。

第9図以下の指し手
▲5五角△5四金▲8八角△6五金▲4六飛△4三銀(結果図)
2018-11-15f
結果図まで進むと後手の押さえ込みが成功しています。

どうやら左美濃を相手に漫然と駒組みをしていては振り飛車が作戦負けになってしまうようです。そして先手は3九玉型+端桂と工夫を凝らす指し方が主流になっていきます。

もっと知りたい人のためにおすすめの関連本

石田流破り 左美濃徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)

菅井ノート 先手編 (マイナビ将棋BOOKS)

これだけで勝てる 石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)



前回の記事:石田流vs左美濃(銀冠)―軽い捌きを狙う現代的な▲7七角型

第6図以下の指し手②
▲4六歩△5五歩▲4七銀引(第7図)
2018-11-15a
▲4六歩~▲4七銀引はダイヤモンド美濃の堅陣に組み替える持久戦志向の手。

手順中△5五歩に▲4五銀と前進するのは△2三銀で後続手段がなく先手失敗です(A図)。
2018-11-15b
もし▲4六歩と突いてなければ▲6五歩△同歩▲3六飛と転換して先手面白いのですが……。

第7図以下の指し手
△7二飛(第8図)
2018-11-15c
6七銀の配置換えで角頭の守りが薄くなったので△7二飛がいやらしい揺さぶり。

以下▲8六歩には△7四歩(△8二飛も有力)▲8五歩△7五歩▲8六飛△7六歩▲8八角(▲5九角は△8八歩▲同飛△5六歩が厳しい)△7四銀▲8四歩△7五銀で先手の角が捌けず後手有利(B図)。
2018-11-15e
B図で▲8五飛には△9三桂がぴったりで、飛車を渡すと△8七飛が激痛です。

第8図以下の指し手
▲9五歩△7四歩▲9四歩△7五歩▲9六飛△9二歩
▲3六歩△7四飛▲5六歩△5四銀
(結果図)
2018-11-15d
△7二飛に対して定跡書では▲9五歩△同歩▲同香と端から手を作って振り飛車戦えると書かれています。
【関連棋譜】
・2011-12-09 高崎一生 vs. 三浦弘行 王位戦
・2012-07-19 安用寺孝功 vs. 北浜健介 順位戦
しかし▲9五歩を手抜きで△7四歩と攻め合ってどうか。結果図は一局ながら後手の駒の方が伸び伸びしている気がします。

次回は第6図で②▲4六歩~▲4七銀引にかえて③▲9六歩~▲9八香の変化を見ていきたいと思います。

もっと知りたい人のためにおすすめの関連本

石田流破り 左美濃徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)

菅井ノート 先手編 (マイナビ将棋BOOKS)

これだけで勝てる 石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

↑このページのトップヘ