「石田流三間飛車」は江戸時代の盲目の棋士、石田検校が考案した積極的な三間飛車です。
早石田、石田流本組み、升田式(角交換型)など作戦のバリエーションが非常に幅広いのも特徴で、プロアマ問わず非常に人気のある戦法です。


初手からの指し手
▲7六歩△3四歩▲7五歩(第1図)
2013-12-15a
お互いの角が向かい合った形で3手目に▲7五歩と突くのが石田流の骨子です。
このあと先手は飛車を7八~7六と二段活用して下図のような形を目指します。

isidaryuu
この浮き飛車の構えは「石田流本組み」と呼ばれる振り飛車の理想形で、通常の飛車先を7七角で受ける振り飛車に比べて、
①左桂が活用できる
②角の動きが自由
③飛車を横(3六など)に動いて相手への揺さぶり

など数多くのメリットがあります。

後手がこの「石田流本組み」を嫌うならば2手目に△3四歩でなく△8四歩も考えられます。
つまり▲7六歩△8四歩▲7八飛△8五歩(A図)で▲7七角を強要すれば浮き飛車にできないだろう、という意味です。

2013-12-15c
A図以下も▲7七飛として強引に石田流に組むこともいちおう可能ですが、手損になるため私はおすすめしません。

参考記事:初手7八飛(猫だまし戦法)からの無理やり石田流

よって2手目△8四歩には▲5六歩(B図)が力戦振り飛車党におすすめの一手で、このあと先手中飛車升田流向かい飛車を目指せば主導権を持って戦えます。
2013-12-15b


第1図を再掲載します。
2013-12-15a
初手から▲7六歩△3四歩▲7五歩――この3手が石田流の基本形です。
このあと後手は石田流本組みを許すかどうかで作戦の大きな枠組みが決まります。

(下のA~C のお好きな所をクリックしてください)

A.石田流本組みを許さない――(例)△8五歩早突き型
B.石田流本組みに組ませて反撃する――(例)右四間、棒金、左美濃など
C.4手目で変化し、乱戦に持ち込む――(例)相振り、4手目角交換など

石田流の基本―早石田と角交換型 (最強将棋21)

石田流の基本―本組みと7七角型 (最強将棋21)

石田流を指しこなす本“相振り飛車編” (最強将棋21)


◎ユーチューブで気になる将棋の話題を配信中です!