「鬼殺し向かい飛車」は2002年刊行の『島ノート』ではじめて紹介された作戦です。序盤から桂馬を跳ねる指し方が鬼殺し戦法に似ていることからそう名付けられました。

初手からの指し手
▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角(第1図)
2017-02-07a
先手の早い飛車先突き越しは最近増えてきている指し方で、△3三角上がりを強要させることで後手の戦型選択の幅を大きく制限(ゴキゲン中飛車角交換四間飛車横歩取りなどができない)する意味合いがあります。

第1図以下の指し手
▲7六歩(第2図)
2017-02-07a
▲7六歩では▲4八銀と角道を開けずにがんばる指し方もあります。

関連記事:対振り飛車・角道不突きの戦法一覧(鳥刺し、飯島流引き角など)

上図は次に▲3三角成△同桂と形を乱す手段があるので、左銀を(2二、3二、4二)どこかに上がるのが自然な発想ですが……。

第2図以下の指し手
△2二飛(第3図)
2017-02-07c
ブン!と向かい飛車に振るのが大胆な一着。
▲3三角成~▲6五角の筋が見えますが、果たして大丈夫でしょうか。

第3図以下の指し手
▲3三角成△同桂(基本図)
2017-02-07d
上図が鬼殺し向かい飛車の基本形です。
基本図では①▲6五角、②▲4八銀(▲6八玉)、③▲9六歩が有力です。

なお、先手が角を換えるのはこのタイミングがベストで、▲6八玉△4二銀のあとでは形良く△同銀と取る手が成立します(参考図)。
2017-02-07e
参考図以下▲6五角△7四角▲4三角成△4二金の斬り合いは通常のダイレクト向かい飛車と比べて後手が一手得しており振り飛車十分でしょう。

島ノート 振り飛車編

変幻自在!! 窪田流3三角戦法 (マイコミ将棋BOOKS)

角交換振り飛車 (スーパー将棋講座)