2014年6月から、Acrobatのサブスクリプションでの販売が始まりました。サブスクリプションは、Acrobatを一定期間内に使用する権利を購入する形態です。これまでと同様にパッケージやダウンロードによる永続ライセンス販売も行われるので、2つの違いをレポートします。

サブスクリプションとはなにか?

2014年6月から、Acrobatでも、従来のパッケージ製品に加えて、サブスクリプションでの販売が始まりました。これで、Acrobatの購入方法に新たな選択肢が加わったことになります。

サブスクリプションとは、Acrobatを使用する権利を購入する形態です。
Acrobatそのものは、AdobeのWebサイトからダウンロード/インストールして使用します。サブスクリプションは年単位または月単位での一定期間の使用権を購入するものなので、使用期間が過ぎれば使用できなくなります。

家電量販店などで販売されるパッケージ製品は、購入したバージョンに限り永続的に利用できます。このことを、AdobeのWebサイトでは、永続ライセンス(永続ソフトウェアライセンス)として表記しています。永続ライセンスといえば、従来の販売方法の製品と思ってください。なお、永続ライセンス版は、アプリをWebサイトからダウンロードして購入するダウンロード版としても購入できます。
ンソフト激安価格通販、最安値中古ソフト取扱店www.WinOL.net