【怖い話Cクラス】投げ穴

昔の体験です、絶対信じてくれないだろうけど書くわ、
口止めされてるけどこの事実は世の中に広めないとダメだと思うから。
万一、俺が殺されないとも限らないので詳細は端折って超粗筋しか書かないからリアリティは死ぬ訳でオカ板の皆にとっては超全然つまんないと思うけど勘弁な?ただこれは「実話なんだ!」とだけ覚えておいて欲しい。

詳しい場所は伏すが「四国のどっか」とだけ言っておく。
俺が住んでた町は超すんげード田舎だったんだけどお祭りが凄く賑やかつうか勇壮だったんだよ。

そんで祭りの時が毎年すっごく楽しみでなその日の為に小遣い貯めておいて菓子とか大人買いしたんだよな。
んで、両手に袋いっぱい買った所でお祭りやってる寺で休憩してたんだよ。

そしたら寺の裏から女の娘のうめき声が聞こえて来るんだよな。
んで、何だろうって思って近づいたんだけど、何と井戸の鉄蓋がひっくり返ってる、その井戸の中からうめき声が聞こえてる。
寺の裏側には古代に罪人とかを投げ込んで処刑する時に使ってた「投げ穴」って言うデッカイ井戸があるんだけど今は使ってなくて普段は鉄の蓋がしてある。

俺はスグに大人を呼んだんだけど、話を聞いた大人達が血相変えて30人位井戸に集まって来て騒ぎにつられて野次馬もいっぱいやって来たんだけど、どうなったと思う?
まず数人が足音を立てずに鉄蓋に近づいて持ち上げようとしたんだけど、残り1m位近づいた所で刺されて全員井戸の中に引きずり込まれた。

中からは「痛い痛い」「ぎゃあああ」とか悲鳴が聞こえて来て野次馬は大パニック。
俺は泣きながらそれを聞いてた・・・
次に猟銃持った大人が5人位来て一斉のセで井戸に近づいて全員で井戸の中に向かってドンドンドンと何発も発砲するんだけど何かバイオのリッカーみたいな触手だか舌みたいなので脳天ブチ抜かれて全員井戸の中に引きずり込まれてまたうめき声が…。
その後、警察みたいなのが来て俺を含めた野次馬目撃者全員そこから追い出されて隣町のホテルに全員隔離されて1ヶ月缶詰状態。

ホテルではカウンセリング補助治療だとかとか何とか称して変なデッカイ注射を首にバンバン打たれまくって催眠術みたいな尋問をされた。
その後は全員釈放されて普通の生活に戻ってる。

その後、俺と俺の家族は町から引っ越したからその井戸がどうなったのかは知らない。
噂では最終的にはクレーンとか重機使って前の蓋の数十倍の重さの蓋をした上でコンクリで埋めたらしい。

ちなみにその寺は今でも存在してる。

全て事実ですからね?特定機密で消される前に投下しとく。

【怖い話Bクラス】ずっと見てる

H県K市の某集合住宅で母親と二人暮らしをしていたアキちゃん(仮名)の体験した話。
当時小学3年生だったアキちゃんは母親と集合団地の一室で二人暮らしていた。
両親は離婚調停中であり、去年までは父親と三人で暮らしていたのだが、今は別居状態であり父親のみ勤務先の近くで暮らしているためだった。

両親は二人共親権を強く主張しておりどちらが親権を得るかを近々話し合うことになっていたが、その時点ではまだ去年まで三人で暮らしていた団地に母親とアキちゃんのみで生活していた。
母親は女手一つでアキちゃんを育てるため昼はパート、夜は自宅での内職を行い、毎晩遅くまで働く生活を送っていた。
続きを読む

【怖い話Bクラス】最後のメール

一人で部屋の片付けしてたら、昔のパソ通時代に使ってたモデムが出てきた。
今のPCにつないでダイアルUPしたらつながった。
1440の低速度で文字列がタタタタって出てくる。
まだパソ通生きてたんだ。昔のIDとPSWDでログインできちゃった。
見たらメールがすんげーたまってる。
そういやメル友になりかけてアボーンした基地外女がいたっけ。

1996年の夏、俺がパソ通を使わなくなってから今日まで、
毎日俺あてにメール出してた。
「返事がない」
「無視?」
「会わない?」
「死ね」
「昨日手首切った」
「返事ちょうだい」
  :
  :
昨日づけの最後のメールまでみんなこんな調子。
と思ったら今またメールがきた。
「やっと読んでくれたのね」
俺の背後で人の気配がした。

【幽霊よりも人間の方が怖い話】イケメンな彼

学生時代、喫茶店でバイトしてた。
まだ若い店長さん(30歳位?)だったけど優しいし仕事は楽だしお給料も悪くない。
良いバイト見つかったな~なんて思いながら半年位働いてた。

お店には店長の友人が時々遊びに来た。(以下Aさんと呼ぶね)
店長と同い年で、礼儀正しくて優しくて寡黙で、全盛期の堂本光一をちょっと切ない雰囲気にした感じの人。
営業時間終わりギリギリに来て、店閉めた後店長と遊んでたみたい。

Aさんはいつも犬を連れて店に来てた。
白い小型犬で、手提げゲージに入れられてたから顔しか見えなかったけどめっちゃ可愛い犬だった。
毛並も綺麗で、大切に飼われてるんだな~なんて思ってたのね

で、ある日も閉店間際にAさんが遊びにきた。
お客さんもいない事だしその日はもう店を閉める事にし、私は先に上がったのね。
でも帰り道で店に忘れ物をした事に気が付いた。
続きを読む

【怖い話Bクラス】心霊写真に写ったものは

俺の話じゃなくて、大学の同級生っていうか、知り合いの話なんだけどさ。

友達って言わないのは、そいつがちょっと最低な奴でさ。
なんでかって言うと、趣味が盗撮なんだよ。
無音カメラってあるじゃん?
あれでところ構わず他人を撮るんだよ。バカッターに上げないだけマシだけど……
時々、ニヤニヤしながら写真を俺に見せてきて、赤の他人に対して好き勝手言うの。最低だろ?

で、そいつがある時、「心霊写真が撮れた!」って、鼻息荒くしながら言ってきたんだよ。
いつもならこいつの写真話には適当に応じるんだけど、ほら、俺はオカルト好きだから。
今回だけは食いついたんだ。

んで問題の写真なんだけど……
普通の記念写真(こいつには珍しく、盗撮じゃない)だったんだ。別に変なもんは写ってない。
そいつが言うには、「髪の長い、すごい形相した女がはっきり写ってる」らしいんだけど……
これが何度見ても、どこにも写ってない。
ただ、そいつが所属するサークルのメンバーとそいつが、笑顔で並んで写ってるだけ。

だから俺は、気のせいだろとか適当に言っておいた。
そいつもその時は、ちょっと機嫌を損ねながらも引き下がった。
でもそいつは、それから何度も、俺に心霊写真(そいつ曰く)を見せてくるようになった。
続きを読む

【怖い話Bクラス】あやつり人間

『あやつり人間』って遊びが小学生の四年生の時流行ってた。
遊びとしてはエアー紐を手首足首に結び、引っ張ると自分の意思に反して手足が動くというもの。
多分、自分暗示的なものだと思う。

ある日、あやつり遊びをしているとき、誰かが「首に結ぼう」と言った。
私達は迷うことなくあやつられ役の子の首にエアー紐を結び引っ張った。
次第にあやつられ役の子は苦しみはじめ、エアー紐を解こうともがきはじめた。
私達は怖くなり、エアーバサミで首の糸を切って遊びを終えた。

帰り道、誰が「首に」と言ったか聞いても誰も答えない。
そこではじめて気づいた。
あやつり人間遊びをはじめたのは誰で、何故私達はいつも放課後に、同じメンバー・同じ教室でこの遊びをしていたのか。
そして、私達以外にもう一人 赤いプリーツスカートの女の子は誰なのか。
誰も知らない。

私達はあやつり人間遊びを二度としなくなった。

【怖い話Cクラス】メール

友達と遊んだ時の話なんだけど
暫く会ってなかった友達と久しぶりに飯でも行こうとなって居酒屋で待ち合わせした。
俺は仕事で少し遅れそうだとメールすると先に飲んでると返信が来た。
約束の時間から30分くらい遅れて店に入り、店員に待ち合わせと伝えると仕切りのあるボックス席の方へ案内された。

あいつはどこかなときょろきょろすると手前の席は頭が二つ見える。
あ、違うなと思って奥へ行ったら後ろからここだよ!と声を掛けられた。
振り返るとさっき頭が二つ見えた席で友達が俺を呼んでた。
不思議に思いながら悪い悪いと席に入ると、やはり友達一人しか居ない。
見間違えたかと気にせず飲みはじめた。

暫く飲んでると友達がこないだナンパしてさーと話出した。
ちょっと変わってる子なんだけど今度おまえも一緒に遊ぼうぜと誘って来た。
俺は彼女居たし、うーんとか言ってお茶を濁してると友達がちょっと小便ってトイレに立った。
続きを読む

【後味の悪い話】通勤電車の女の子

三年前の話。当時21歳の俺は、高卒で就職して3年目に突入していた。

その会社がいわゆるブラック企業で、技術系に配属された俺は月1~2休暇の毎日が8時出勤、殆ど毎日終電帰りという状態でかなり疲れていたので
今思うと、幻覚、幻聴の類だったのかもしれないと思う。

その日も、現場での仕事を終えて会社で資料を整理。
結局資料はまとめきれず、しかし家には帰りたかったので終電で帰宅しようとした。
するとその日は遅延が発生していたらしく終電ではなかった。

人のまばらな電車で毎日同じ時間、同じ車両に乗り続けていると
有る程度見知った顔ぶれというものができる。
目が合っても会釈もしない関係だが「この人も毎日遅くまで大変だな」くらいにはお互い思っている事だろう。

その日も座っている客が少なく、いつも座っている場所が空いていたので腰を下ろした。
気付いたら眠っていたようだ。
続きを読む
About
twitter-icon rss-icon

はてなブックマークとツイッター始めました。
フォローやブックマークして頂けたら有難いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加




相互リンクやお問い合わせは↓下記フォームまで

お問い合わせフォーム

スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング