1960年1月25日、アメリカのジョン・ウオールは、新しいセスナ機(182型機)に乗って、オハイオ州の上空を飛んでいた。
ゆっくりと旋回をしている時に、向こうの方から一機の飛行機が近づいてくるのが目に入った。

「あれは一体、どこの飛行機だ?」 ジョンは不思議に思った。
向こうから飛んでくる飛行機は、その当時では飛んでいるはずのない古い形の、木製の翼を持ったレアード複葉機(ふくようき)だったからである。

「どうして今頃、あんな古い型の飛行機が飛んでいるんだろう。」ジョンは不思議に思った。
そう思ったとたん、向こうの飛行機も操縦がヘタなのか、ふらふらと機首を曲げ、ジョンの乗っているセスナ機に向かって飛んできた。
「危ない!」ジョンはとっさにセスナ機を急旋回させた。
目前に相手の飛行機が迫ってくる。
このまま衝突か・・!と思われたが、なんとか危ういところで正面衝突だけは免れた。
だが、すれ違いざまに、相手の飛行機の翼とジョンのセスナ機の翼は少し衝突してしまった。
衝撃がジョンの飛行機に走る。

「危なかった・・!」ジョンはひやっとしながらも、そのまま帰路についた。

そしてそれから3ヶ月後、ジョンは連邦航空局が発行しているニュースレポートを見ている時に、ある小さい記事を見つけた。
その記事とは、
「オハイオ州のロークレス村の牧場の、古い小屋の中で30年前のレアード複葉機が発見された」というものである。

先日の件もあってこの記事に興味を引かれたジョンは、その、発見されたという古い飛行機を見に行くことにした。

村を訪れて、その小屋の中でジョンが見た飛行機とは・・
まさにあの時、正面衝突しそうになった、あの複葉機とまったく同じ型だったのである。
そしてその飛行機の翼の部分には、何かにぶつかったような跡が残っていた。

まさかとは思ったが、ジョンは連邦航空局に連絡してその破損している箇所を調べてもらった。

すると驚いたことに、その破損した箇所からは、ジョンのセスナ機の金属片が出てきたのである。
もちろん材質が同じであることも確かめられたし、翼に食い込んでいた破片はジョンのセスナ機の、もぎ取られた部分とぴったり形状が一致した。

また、その古い複葉機の中には飛行日記も残されていて、それに目を通してみると、最後の方の部分に
「1932年、1月25日。見たこともないような、奇妙な形をした金属製の飛行機と空中接触を起こした」
と記載されていた。
連邦航空局がその飛行日記をFBIに送って調べてもらったところ、その日記の筆跡鑑定や、インクの化学テストからも1930年代に書かれたものに間違いないと断定された。

あの時、ジョンの乗っていたセスナ機は、オハイオ州上空で突然タイムスリップし、1932年の過去の世界まで行って、そこで過去の飛行機と接触し、そして再び30年後の1960年に戻ってきた、としか考えられないような事件である。
お勧めサイトPICK UP