元インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

2013年09月

「古い幕を洗うとどうなる?」という記事の続きをワクワクして待っていた方
お待たせしました~

きっと、ご期待に添えると思います(何w


その前に
NIKWAX
Loftテックウォッシュ
アウトドアウエアは意外に汚れています。汗や体脂、埃や泥などが付着したウエアは撥水性が著しく低下しています。撥水性が低下したウエアは通気を妨げ、内側には水分が結露し、結局その下に着けているインナーウエアを濡らしてしまいます。通常ご家庭で使われている粉末や、液体の合成洗剤は汚れの成分は落とす事が出来ますが、良くすすいでも目に見えない洗剤成分が残ります。そのため、多くのアウトドアウエアに施されている耐久撥水加工(DWR)の効果を著しく低下させます。NIKWAX Loftテックウォッシュ洗剤成分をウエアに残さない非合成洗剤です。ウエアの生地が元々持っていた撥水性能を蘇らせる効果もあります。またその成分も、自然界で分解されにくく川や海を汚染する、合成界面活性剤は使用していませんので安心してお使いください。


というわけで前回
商品説明の太字部分に期待をして洗うところまで書きました
画像 2276
15分浸けこむ予定だったのが
急用で1時間ほど浸けこんでしまったので、慌ててすすぎ取り出すと

アクティブタープのほうは
浸け込みすぎたからなのか、もともと幕体の寿命が風前の灯だったのかわかりませんが
どうやら

蘇らせるどころか息の根を止めてしまいました

シームシールはほとんど浮いてしまい、思い切って剥がしました
画像 2278
このへんは想定内ですね~シームシーラーも買ってますし


そして幕の裏側のコーティングはどうなったかというと・・・










衝撃映像となっておりますが、準備はよろしいでしょうかw







では


どうぞ~


画像 2277
正直これはやっちまったかな・・・と

高齢の方に、しなくてもいい手術をして体調を崩させてしまったようなものです

もともとコーティングが剥がれてきたわけでも、臭いがしてきたわけでもないので

余計な事をしてしまいました

その指摘は甘んじて受けます


ちなみに

一緒に洗ったメッシュタープウィングトップのほうは
比較的幕が若いのか、使用回数が少ないのか、保存状態がよかったのか

とりあえず天幕にダメージはありませんでした

それでも地面との摩擦があるスカート部分にはコーティングへの物理的ダメージがあり
部分的に多少剥がれましたけどね


思うに
このテックウォッシュというのは

比較的経年の少ないものに使うもので
しかも長時間浸け置くのはあまりよくなさそうです

そもそもPUコーティングのタープに使ってもいいとは一言も書いてありませんでしたねw

あまりにもひどい幕の状態を見て
どうしようかと悩んだものの

この状態では日よけとして使うのも見苦しいので
とりあえず重曹に浸けこんで2時間くらいかけて、だいたいのコーティングを剥がしました
画像 2327

画像 2328
幕の重さがすごく軽くなり、ペラペラです

数日後のデイキャンプに、天気が良かったので使用してみて
(念のためパラウェットとシームシーラーは塗布済み)

「晴れの日専用タープとしてアリ?」とか考えたりもしましたが

コーティングがなくなると幕自体の薄さ、強度の低さが目に付き
思いっきりテンションをかけることが出来ません

「コーティング込みで幕として成り立ってるんだなぁ」としみじみ思い知り
何とか自分で復活させることはでき無いか、調べてみました


知恵袋などでは
「コーティングを剥がしたあとはどうすればいい?」との質問に

「元には戻せません、諦めましょう」という回答ばかり

多少覚悟はしてたものの
剥がしてパラウェットを塗るぐらいの記事しか見当たらず

かなり凹んでました


しかし晴れの日専用タープとして使うとしてもあまりにも生地が薄くて心配なので
せめて強度を上げたいとの思いから

皮膜・柔軟性・塗装・コーティング・伸縮・防水をいろいろ組み合わせて
数日検索

そして行きついたのは・・・
コレ

日特 プラスティデップスプレー 415ml クリヤー
ゴム状の伸縮性のある薄い皮膜を形成する優れものです
防水・絶縁にバッチリ


しかし、コレだと何本も必要なので
やっぱり買い替たほうがいいと言う結論になってしまうんですよね・・・ 


これは、ほんと詰んだ








と、そんなときに
家の工事をしていると

アクリル樹脂でできたシーリング剤(隙間を埋める目的のもの)が
洋服につきました

隙間を埋めるものなのであまり薄い状態で使うことは考えていませんでしたが
生地との密着もいけそうだし、伸縮もするので

「ひょっとしてこれはイケるんじゃない?
と、調べてみると

フロアーのコーティング解説ページだったんですけど
アクリル樹脂コーティング
ウレタン樹脂コーティング
シリコン樹脂コーティング

というものが出てきました

それぞれの長所や欠点などを比較して
思い切って、コーティングしてみることにしてみることにしました

それが


コレ!
画像 2333
え、コレ?w

って言う声が聞こえますね~

その反応は当然だと思います

僕がおかしいんだと思います


ちなみに1本300円ぐらいです、アクティブタープのコーティングに2本半使いました

画像 2334
塗るときはコレも必需品ですね

まぁする人は居ないと思いますがw

何かの人柱になるかもしれませんので

続く 



 
 

前回の続きです

BBQが終わりまったりしていると
炭をくれた親切なキャンパーさんのお仲間さんが、こんどは食べ物の差し入れをしてくれました

他のグループの火熾しも手伝われていたりしてたので
キャンプ場でお世話をするのが好きなんだな~と感心しました

あ、ちなみに差し入れはたこ焼きで、美味しくいただきました


さて、食事も終わったのでゴミを分別したり洗い物をするついでに
施設撮影

ノンブロガーの家族と一緒だと撮影ってしにくいですよね?
一人リズムをぶった切って撮影とかしにくいし・・・

この時は洗い物を持って行きつつ、さりげなく写真撮りましたよ
さりげなかったかは怪しいですがw

炊事場はどこもきれいに手入れされていて気持ちよく使えました
画像 2297
ここは増設したのかもしれませんね、隣に古いタイプの流しがありますし
ピカピカです


画像 2298
こっち側は小学校にある流し場みたい

それから
野外炉が場内にいくつも点在しています
画像 2299
焚き火でダッチオーブン料理とかしやすそうです
器具を使った焚き火は一応OKをもらえましたが、できれば野外炉を使ってほしそうでした
もちろんこの日は焚き火してません

そしてトイレ
画像 2300
水洗です
洋式か和式かチェックし忘れました
受付の向かいにしかありませんので、一番奥のサイトからだと少し遠いです



さて、洗い物も終わったので
子供たちは公園組とプール組に分かれて遊びに行きました
もちろんそれぞれに、大人が数名ついていきます

うちの子はキャンプ場の隣にある公園に遊びに行ったので
プールの写真は撮れませんでした

そして僕はその間に撤収作業をしてたので公園に関するコメントもできません
画像 2315

BlogPaint
ロープのジャングルジムに


BlogPaint
ローラー滑り台2種類

画像 2308

画像 2314
あと遊具がいくつもw

この日は暑くて、自動販売機の飲み物がひとつを除いてすべて売り切れていました
公園で遊んでいた子供達の喉が渇いたので、そのひとつをしかたなく購入しました

そのひとつというのがこれ
画像 2338
見たことも無い飲み物です









中身は驚きの真っ青w
画像 2339
あまりの青さに、超不人気

子供達も嫌がってあまり飲もうとしませんでした

あまり分かっていないうちの下の子だけが気に入って飲んでたようですが・・・

親としてもあまり飲ませたくない色なので、途中でやめさせましたw


そんなこんなで16時45分まで利用を延長してデイキャンプ終了

デイキャンプ利用料金は
大人ひとり270円+延長料金70円、未就学は無料
滋賀県民は更に割引があるって言うからやっすいですよね~

矢橋帰帆島公園は料金も安く、公園の遊具もたくさんあるのでオススメです~
今度はもっと身軽な装備でデイキャンプに訪れたいなと思いました




そしてこの日の晩御飯は
画像 2326
たこ焼き!

デイキャンプでおやつとして出そうかと思っていましたが
まさかのたこ焼きカブリで出番なく持ち帰ることになってしまいました~ 




おわり 

いや、そろそろ知名度も上がってきたでしょうか?

新しくできたアウトドアブランドの

ネイチャートーンズでセールしてますね~

我が家は買えませんが・・・
nt

nt2

このクーラーボックススタンドが欲しいです



特殊なコーティングって
鉄で作ってプラスティディップにドボンさせたら似たようなの作れたりしますかね~?w 





よく見るとセール商品の値引率・・・ 

この3連休は天気が良く、キャンプに行かれた方も多いようですね~

あーやっぱ泊まりでキャンプがしたいです

キャンプに行けないとついつい道具でもメンテナンス・・・

で、今回は余計なことをしてしまったなぁと思う今日この頃ですw

そんななか

9月23日
矢橋帰帆島公園でデイキャンプしてきました~

嫁様のお友達4家族でBBQ

それぞれに未就学の小さいお子様が居て何食べるのか分からないので
食べ物は各家庭で持ち寄ってBBQしようってことになりました

我が家は途中にある「やまむらや」で購入してから向かいました

画像 2280


瀬田西ICから一号線に向かい、一号線から湖岸方面に向かうとほどなく着きます
思ってたよりも近くて、今まで来なかったのが不思議なくらいです
画像 2282
公園には湖岸道路から直接アクセスは出来ないので、この橋を渡ることになります

島に渡って左に進むと大駐車場とプールがありました
画像 2283
大駐車場の一角にキャンプ場専用駐車場の入り口がありますが
「ここ入っていっちゃって、良いの?」という印象の入り口です

しかし注意書きにある夕方の5時に閉門っていうのは宿泊の場合、結構厳しいですね
買出しなどに行く予定がある場合は大駐車場に停めて置けばいいのでしょうか?
画像 2284
9時20分に到着時点では専用駐車場はまだ空いていました
デイキャンプ利用は一応10時からなので、まだ混んでいませんでした

BlogPaint
しかし、お昼ごろには満車になり、大駐車場に停めて歩かないといけません
大荷物だと悲惨です

画像 2285
キャンプ場内に入ると、まず個人エリア(区別が謎
があり、その奥に受付とゴミ置き場とトイレがあります

9時30分に受付を済ませ
※デイキャンプ利用は10時からですが9時の受付開始から空いていれば順次サイトに案内してくれそうです

受付の裏側に停めてあるリアカーを借りて荷物を運びます
BlogPaint
駐車してるところから指定されたサイトまで200mほど

デイキャンプですが設営関係は一任されているので荷物は多く、2往復しました

このくらいの距離だと、まだ楽しめますw

画像 2287
指定されたのはキャンプ場奥の団体エリア(でも3人で使ってる人も居ましたし、区別が謎

さっそく孤独に設営です

ヘキサを建てるのに4箇所ペグダウンして
片一方のポールを立てて振り返ると


そこには



一人で設営してる僕を哀れに思ってくださった親切なキャンパーさんが2人立っていました



しかし・・・1本のポールがすでにしっかり立ってしまっているのを見て

「手伝わなくて大丈夫かな?」と言って引き上げていかれました

き、気まずい・・・

設営に集中してて気配に全然気づかず、申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいました
画像 2289
で、まぁこんな感じで連結設営して

あ、アクティブタープの状態は・・・
また今度でw

サイトの広さは、区画割がはっきりと分からないので不明ですが
使える場所は結構広そうな感じでしたよ~
区画の前も「ここにはサイトがないから自由に使ってね」と管理人さんは言ってくださいました
写真だと6m×9mは確実に使ってそうですよね

それでも狭いというのなら
ここの利用料金は人数次第なので、2区画とろうが3区画とろうが値段は一緒です
管理人さんと相談してみてください~

設営が終わってまったりしてると、皆さん続々と到着したので

さっそくBBQです

チャコスタで火熾ししていると
設営ではちょっと申し訳ないことをしてしまった親切なキャンパーさんが炭の差し入れをしてくださいました

おかげで楽が出来ました、ありがとうございます


無事炭も熾して
久々にデュアルグリルを使ってみたら
画像 2290
空気取り入れ口を開けるのを忘れたまま、しばらく使っていました
そりゃ火力も落ちるわけです

送料無料 新富士バーナー デュアルグリル ST-930
送料無料 新富士バーナー デュアルグリル ST-930



こちらも久々のユニセラ
画像 2291
ぱかっと開いたときに灰まみれになっちゃいました
前回片付けた自分に苦情を言いたいですw

ユニフレーム ユニセラ TG-3 [ 615010 ] [ uniflame ユニフレーム プレミアムショップのニッチ♪ ][ オートキャンプ バーベキュー 焚き火台 焚火台 BBQ 関連品]【送料無料】[P5]
ユニフレーム ユニセラ TG-3 [ 615010 ] [ uniflame ユニフレーム プレミアムショップのニッチ♪ ][ オートキャンプ バーベキュー 焚き火台 焚火台 BBQ 関連品]【送料無料】[P5]



こちらはレギュラー組の炉端大将
画像 2294
さすがの安定感ですw





BlogPaint
椅子組はマーベラスで焼きそばなど~

ウマウマ~でした、続く

↑このページのトップヘ