インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

2016年05月

来年もあるのか分かりませんが
来年もあったら、何かの参考になるかと思い記事にしておきます

カメラ忘れたのでスマホです、すみません


レースはパレードランから始まります
2016-05-30-09-31-34
パレード開始に間に合わず反対車線からパレードを見守るの図

同志社田辺キャンパス周辺をパレードした後
精華町に舞台を移しレース開始




メイン会場は「けいはんなプラザ」

コースはけいはんなプラザ周辺+陸上自衛隊祝園分屯地周辺

新祝園駅からバスでのアクセスが推奨されています
正直ちょっと不便です

車でのアクセスの場合、会場周辺に駐車場はありませんとなっていますが
ちょっと離れたところに「けいはんな記念公園」の駐車場があります

けいはんなプラザ隣接の「けいはんなプラザ北駐車場」はスタッフの車で埋まります

あと、スーパーやショッピングセンターが近くにあります
買い物ついでの短時間の駐車なら・・・
BlogPaint
会場には地域の自治体の特産品をアピールするブースや
地元のお店、自転車パーツメーカーの出展がありました

会場の一角に
2016-05-30-11-35-23
表彰台なのかな~
レースがフィニッシュするまで滞在できなかったので選手が立つ所は見れず

image
ブラスバンドの演奏もありましたが

初開催なので段取りが遅れ気味だったのかレースがスタートしてからしばらくして演奏開始



そしていよいよレースがスタート


ローリングスタート形式でレースに突入していきます


まずはコースの安全を確認するマーシャルカーやパトカーが走り

次いで
BlogPaint
シマノサポートカー

2016-05-30-10-34-24
MAVICのサポートカー
結構なスピードで激走してましたw


そして大集団
2016-05-30-10-38-04
かなりの至近距離で見れました
さすがに、速い!
2016-05-30-10-38-07
コースは周回コースとなっており6周半

2016-05-30-11-04-02
下りからの迫力ある左コーナー

集団を抜け出した4人がレースを引っ張ります



BlogPaint


BlogPaint
3周ほど観戦して
用事があるため現地を離れました

なのでその後の展開などは知りません・・・


  • 雑感

初開催で認知度がそれほどだったのか、それとも平日開催だからか
思ったほど混雑していませんでした
通行規制以外でそれほど渋滞無し


けいはんなプラザ周辺以外の観戦ポイントも面白そうなんだけど
正直土地勘が無いと厳しい
車で行って駐車するところがあるのか?
早い時間から徒歩で移動なのか?
バイクや自転車ならいけるのか?
全然分かりません


コースの通行規制が一部緩い箇所があって一般車両が流入
選手が通過した後だったのでよかったですが・・・
初開催でオペレーションに不慣れなところがあったとは思いますが
危険ですからここはきちっとやってもらわないといけませんね




そして戦利品
image
無料で配布してました~
 

おしまい



 

ヒマラヤメンバーズのセールが終わりましたね

本来はセール中の早い時期に記事にすべきだったんですが・・・

なかなかヒマラヤに行く時間が取れなくて、終了間際で店舗に行ってきたので
今更のセールの報告になります

ヒマラヤメール会員になれば20%オフのクーポンが受け取れます
手続きはネットで必要な項目に記入していくだけ

とっても簡単

スポオソセールとの違いは1万円未満でも20%割引というところ
そしてスノーピーク商品も20%

スポオソは1万円未満だったりスノーピーク商品だと15%ですからね~


ま、あまり大物を買う予定も
スノピ商品を買う予定も無いので

1万円未満でも20%ってのが本当にありがたいです

で、買ってしまったのがコレ
2016-05-29-23-50-26
コールマンファイアープレイスケトル
容量1.6L

ポイント溜まったら買おうかな~と思っていたケトルなんですが
20%オフの誘惑に負けて?購入
ちなみにセール中はポンタポイントはつきませんでした

トライポッドを買ったらこういった類のケトルが欲しくなるのは人の性
こればっかりはどうしようもないw


しかしどう考えてもユニフレームのキャンプケトルの類似品
特徴・機能はほぼ同じ

でもって価格差は1122円という・・・

この差はでかい
2016-05-29-23-50-39
微妙な違い(蓋が外れるかどうか・荒い茶漉し?みたいなのがついてるかどうか)
はあるものの

僕にとっては全く気にならないところ

箱をあけてみます
2016-05-29-23-50-58
緩衝材は潔く全く無し

ピカピカ
2016-05-29-23-51-30
コールマンのロゴが控えめでカッコいい

2016-05-29-23-56-34
蓋は開閉式で外れません

2016-05-29-23-56-46
実際に水を入れて注いでみたところ

スムーズに注ぎ口の蓋が動いて、こぼれたりすることもありませんでした


で、これ買うと次に欲しくなるのが収納袋なわけですが

ユニフレームのキャンプケトル用がピッタリだと思うわけですよ


収納袋が無いと煤で汚れたときに大変




という事に後で気づいた


やっぱり雰囲気のあるケトルはいいですよね~
お買い物マラソン開催中※記事投稿時点

僕が購入した固体は吊り下げ用ハンドルがゆるく、上の位置でとまらず
ポテッ、ポテッと倒れてしまう状態でした

ヒマラヤにレシートと共に持っていけば交換してくれるようでしたが

試しにグイッと吊り下げ用ハンドルを狭めてやれば当たりが出て止まってくれるようになりました


おしまい




予約投稿していたら内容がほとんど消えていた謎・・・


気を取り直して書き直し

以前作ったお座敷用テーブル

2016-05-26-23-28-18
お座敷用としてだけでなくロースタイルでも使えるように
焚き火テーブルの高さに合わせる脚を製作しました

image
焚き火テーブルの高さは37cmなので
今回作る脚の長さは33.1cmになります

30×30mmの角材にハンガーボルトを埋め込むのが主な作業になります

M6×50のハンガーボルトを使用するので下穴は5mm

下穴を(角材の中心に)垂直に開けることが重要
垂直が取れれば中心がずれても我慢します
image
中心を取り、ドリルがずれないようにキリでまず穴を開けます

ドリルで穴を開ける際は
脚で角材を押さえ込み、ずれないようにして
右手でドリルのトリガーを引き、左手でドリルを抑えながら押し込んでいきます

「真っ直ぐ、真っ直ぐ」と念じながら
2016-05-26-23-50-05
はい、やり直し

2016-05-25-15-44-17
失敗した部分を切り落として

何度か挑戦

長さが足りなくなる前に妥協して終了~

先に脚の長さを切ってしまうと、穴あけに失敗したとき材料が無駄になるので
先に穴をあけたほうがいいと思います


実際に使ってもらった
2016-05-27-20-10-10
脚入れはこれが限界
カーミットは座面の前方が上がっているのでちと厳しい

コールマン コンパクトフォールディングチェアなら子供は脚入れできるかも


お座敷用の脚は
2016-05-26-23-59-07
家に転がっていたスキーゴーグルの収納袋に
これまた家に転がっていたコードロックを組み合わせて収納

これも一応テーブルセットにまとめておきます


おしまい




 

↑このページのトップヘ