インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

2017年03月

待望の春休み
3月27日~28日にスキーとキャンプに行きました
2017-03-27-10-22-16
春休みの予定を立てる際に




子供達にどこ行きたい?と聞くと

「スキー!」「キャンプ!」
なんともパパ孝行の答え

「スキーとキャンプを一緒に楽しめるとしたらどう?」
とそそのかしてみたら・・・


2人そろって
「それがいい!」


「ふ、子供なんてちょろいもんさ」

積雪量・休みの日程とも好条件の今年
かねてから計画しているプランを実行に移すチャンス到来


問題は嫁様

プレゼンは何とか成功

あとは次につなげれるように何としてもスキー+キャンプを良いものにしなければなりません

それには
入念な下調べと
事前の計画が大事

あと手抜きと妥協も必要


設営して料理もするとなると大変なので
朝食以外は外食で済ませることにしました

そうなると夕食時の飲酒ができないですが、そこは妥協


食事をするお店、温泉、リフト料金を含めてスキー場のリサーチは入念に


そして出来上がったキャンプスケジュール
1日目
  • 6:00        出発
  • 9:00        スキー場到着
  • 9:00~15:00   スキー場で遊ぶ
  • 15:00      スキー場出発
  • 15:10      キャンプ場到着
  • 15:10~17:00 チェックイン&設営
  • 17:00~19:00 夕食・温泉
  • 19:00      焚き火
  • 21:00      就寝
2日目
の計画は起床以外は1日目が終わってから考える流動的なものでしたが
  • 6:00     起床、朝食
  • 7:00~10:00   撤収作業&場内でソリ遊び
  • 10:00      チェックアウト
  • 10:00~11:00 周辺散策
  • 11:00~11:45 昼食
  • 11:45~12:15 移動
  • 12:15~15:00 スキー場で遊ぶ
  • 15:00      スキー場出発
  • 18:30      自宅到着、公文へ
結果こんな感じになりました


荷物も多いので
積み込みも早めから準備

 万が一、雪が降った時の事も考えて幕はピルツ15
2017-03-27-05-42-33
寒いのでハードクーラーボックスは不要だから荷室にピルツ15が積めました

ルーフボックスの中は
スキー板×4、スキーブーツ×4、ストック×2、そり、スキーウェアのジャケット×4、薪

一応持っていきたいものはすべて積めました(※忘れ物は除くw


後は計画通りにこなすだけ


当日の朝、6:10出発
2017-03-27-08-45-08
道中、全然雪もなくキャンプ場の雪が無くなってやしないか心配しましたが

白鳥ICを超えたあたりから山の中腹以上に雪が見え始め一安心
「嫁様的にはキャンプ場の雪なんかなくなってしまえばいい」だそうです

予定通り
9:00頃スキー場到着
春シーズンで駐車所場料金が無料になっていました
2017-03-27-09-00-46
高鷲ICを降りて数分で到着してしまいます

コンビニでおにぎりやカップ麺を調達したい場合
ICからスキー場までの道中にコンビニはないので経路をそれて寄り道するか
途中のSAにあるコンビニに立ち寄るかしたほうが良いですね

今回、なんとなくSAのコンビニに寄るのが億劫だったのでパスしました


ちなみに駐車場は微妙に傾斜しており
駐車方向も傾斜に平行なので、車中泊する場合は結構気になると思います


リフト券は
子供のレベル的にホワイトピアまで遠征することもないので
鷲ヶ岳スキー場限定リフト券で大丈夫(少し安い)
2017-03-27-09-22-04
2016~2017シーズン
月曜日がレディースデイで女性はリフト券無料

この日は月曜日、リフト券代を回収できるか疑問な嫁様と娘が無料になりすごく助かります


男チームは事前にヒマラヤ(かな?)で店頭配布されていたクーポンで
大人平日1日券が4300→3100円、子供平日1日券が2000→1500円に

土日祝だったら親子券を買うのがお得かな~
2017-03-27-16-13-53
ICチップ入りのカードで保証金が必要ですが
ここは1000円もかかります、紛失したら泣けますw


鷲ヶ岳スキー場は今年で45周年
奥美濃エリアでは老舗のスキー場ですが古さは感じませんね
2017-03-27-09-12-17
そういえば来るのは15年ぶりくらいかな

2017-03-27-09-36-45
前に来た時は広い一枚バーンとちょっと派生したコースしかないゲレンデといった印象でしたが・・・

今回滑ってみて

子供と滑るのに適した斜面と
ちょっとした時間に一人で滑るのに適した斜面
我が家が丸1日滑るには規模や斜面構成などちょうどいい感じでした


※酔いに注意

2017-03-27-11-25-31
しんちゃんを見つけて子供は大喜び


2017-03-27-09-37-01
非日常の景色とザラメ具合がたまらんっすね~


続く







今度の休みに予定しているキャンプの荷物が多く

荷物全部を積み込むことができるのか不安だったので

ちょっと早いけど大体の荷物を積み込んでみることにした


そしたら

インフレータブルマットがひどく臭い!








多分、猫におしっこかけられたんじゃないかな


インフレータブルマットは庭の物置に置いてあるんですが・・・

物置と言っても屋根はあるけど扉はないので猫の出入りはできるんですよね


物置の一番低い所に大きなバッグみたいなのを置いて
その中に放り込んでいたんです
0757894318062
大きなバッグっていうのは↑のグレーのやつです
中の3色のバッグは別で使っていて

中身が空っぽだったのでマット類をいくつか放り込んでいたんです

そのせいで猫にとって入りやすく
この中でおしっこしたとしか考えられない


中にあったスノピの座椅子はもうあきらめて捨てましたし
他の物は洗うのに苦労しましたが

キャンプ行く前でよかった
image
絶賛乾燥中

気づかず持って行ってたら臭くて寝られなかったでしょうねw


キャンプ道具の保管法は今一度考えないといけないな


現行はこれ



何があるか分からないので早めの積み込みが吉ですね!

おしまい


 


 

3月20日、冬休み以来家族そろってのお休み

スキーがしたいという子供らのリクエストに応えてめいほうスキー場へ
image
雲一つない快晴で絶好の春スキー日和となりました


朝は6時ごろ自宅を出発(珍しく予定通り)
渋滞もなく8時45分ごろスキー場に到着



2016~2017シーズンは
この日(3月20日)から春割デイズとなり
  • 駐車場無料
  • 大人リフト券が4500→3500円
3月1日からは学割デイズで
  • 中学生、高校生、大学生、専門学校生etcは2500円
  • 小学生以下は1500円
なのでリフト券代は家族4人で10,000円
image
前回来たとき(2015年3月)は紙のリフト券だったのが
ICチップ内蔵のカードになりました
※保証金500円掛かります
カードを返却すれば500円戻ってくるので、帰る前に忘れず返却しましょう

「嫁様と娘に1日リフト券は要らないかも~、回数券でいいんじゃない?」と思いましたが
リフト1日券・午後券があればキッズパークも入場できるので購入
※リフト券が無ければキッズパークの入場に600円必要

個人的には未就学児にリフト券代がかかるのはちょっと・・・


あと、変わっていたのは
2017-03-20-09-18-53
センターハウス前にスナックコーナーとデッキテラスができていました

センターハウス内には
サンドウィッチの「SUBWAY」とスポーツショップの「ムラサキスポーツ」もあります


でわでわ早速4人乗りクワッドリフトで山頂を目指しましょう
2017-03-20-09-49-30
クワッドリフトを2本乗り継げばすぐに山頂
2017-03-20-09-55-04
眺望のいい山頂から初級コースが麓まで伸びています

しかし娘にはちょっと斜度がきつかったのと、コースが長すぎたため
2017-03-20-10-33-00
「山がでっかすぎる!」
と文句を言われてしまいました
2017-03-20-10-33-10
40分かけてようやく中腹のレストランに到着

もうこんな時間

比較的雪質のいい上部を繰り返して滑ろうと思ったのですが・・・
こんなにペースが遅いもんなんですね

娘と嫁様は休憩&おやつタイム
その間に僕と息子は数本滑りました


12時ごろ合流し麓を目指して出発
2017-03-20-11-53-33
疲れのせいと緩んだ雪で頻繁にこける娘

でも、暖かいのとキティちゃんのおニューの手袋のおかげで上機嫌^^

小さい子にとってα5000コースは1日に1回か2回ぐらいが限度らしぃ

麓についたら昼食
2017-03-20-12-14-27
スナックコーナーで「鶏もちコッコちゃん」という餅と鶏の串を購入
2017-03-20-12-32-08
そして駐車場でカップラーメン

この日は初めて西駐車場に駐車したんですが
キッズパークに近く
スペースもあるので椅子とテーブルを出してご飯を食べてる人も多かったですね

西駐車場には
2017-03-20-13-18-05
夏はキャンプ場の受付となる「めいほう高原自然体験センター」があり
2017-03-20-12-54-07
スキーシーズンはキッズルームと託児所が入っています

その隣にレストランの「mogumogu家」そしてキッズパーク
2017-03-20-13-18-15
そういえばムービングベルトの稼働はこの日まで
リフト券が割引されて、駐車場が無料で、なおかつムービングベルトが稼働してるという絶妙な日程でした
2017-03-20-15-18-19
キッズパークの受付にはこんなポスターが
マイクロSDカード持参すればいいのかな?


パーク内にはそりコース
2017-03-20-13-33-49
ムービングベルト

2017-03-20-13-21-46
チュービングスライダーコース
※チューブ専用コース

チューブは2時間500円でレンタル

2017-03-20-13-32-31
ふわふわ

2017-03-20-15-10-16
スノーストライダーコース
スノーストライダーは2時間2000円でレンタル可能
2017-03-20-15-06-09
ストライダーを満喫するにはコースの距離が短いですけどね

なおキッズパーク内はエッジの付いた滑走用具はダメです


午後からは息子と二人で滑ったり、一人で滑ったりして
4時まで久しぶりにガッツリ滑りました


ゲレンデ内に数か所TIKEI PARKというものがあり
ちょっとしたキッカーやウェーブ、スパイン、バンクなどが設置されていて
パーク初心者でもエントリーしやすくなっています

ちょこっと跳ぶだけでも楽しいですね


滑りのほうは下手になるのを食い止めるのが精いっぱいで、もう上手くはなりませんね・・・
2017-03-20-16-54-35
帰りは道の駅めいほうに立ち寄り

18時までやっています
2017-03-20-16-54-18
ここの端っこにある肉屋さんで売ってる明宝フライがお目当てです

めっちゃおいしいのでオススメ

どれも美味しくてリーズナブルなのでカオレキャンプ場に行く際に立ち寄るのもいいかも


3連休最終日の渋滞は
2017-03-20-18-23-27
一宮JCTで渋滞してたものの名古屋方面に分岐する車線だけで
京都方面に向かう車線はスイスイ



しかし優越感に浸っていたのもつかの間
八日市から大津まで断続的に40㎞渋滞とか・・・マジか



結構疲れましたが最高の天気の中、春スキーを満喫しとても楽しい一日でした

めいほうやっぱり好きです!


おしまい 



 



 

↑このページのトップヘ