元インドア家族の「とりあえず外でてみよっか」

面倒臭がりな性格でも、やってみよう!失敗したら記事にすればいい的なノリで
次やるときは上手くやるぞという気持ちだけはあるブログです。

 

2017年11月

リサイクルショップの片隅にひっそりとたたずんでいたこの商品
2017-11-06-18-27-50
火起し器?魔法瓶?
なんだろうと思って手にとって見ると

つくりの良さがなんとなく分かる

取っ手の意匠はイマイチだとしても・・・

なんとなく伝わる「良い物」感


検索して初めてコレが「アルポット」と知りました


付属の収納袋とアルコール用ボトルが無かったけれど未使用品
2000円でお釣りが来る値段に釣られてお持ち帰り
収納袋は作ればいいしね

恥ずかしながらアルポット、知りませんでした

アルコール燃料で湯沸し、炊飯が出来る防風内燃構造の調理器
内燃構造なので風に強いし
アルコールランプなので比較的安全
2017-11-06-18-30-58
構成は
  • 本体
  • カップ兼外蓋
  • 内蓋
  • アルミカップ
  • アルコールランプ
2017-11-06-18-31-08
水は800cc
炊飯は2合まで
目盛りが付いています

2017-11-06-18-31-23
本体は2重構造になっていて
断熱と空気の通り道になります
アルミカップががたつきも無くピッタリと収まります

2017-11-06-18-31-33
2つのレバーをつまんでアルコールランプ部分を分離させます
しっかりとくっつくので、取り付けたまま持ち運んでも問題なし

2017-11-06-18-31-50
アルコールランプ部分
燃料キャップで消火します
小学生のころ理科の実験でアルコールランプを消すのにかなりビビってました
2017-11-06-21-56-12
底面も二重構造になっているので熱くなりません

2017-11-06-18-32-02
タンク容量はさほど大きくないです
※燃料の入れすぎ注意、注ぎ口の底に燃料が見えたら注入をストップ
2017-11-06-18-32-08
実際にお湯を沸かせて見ましたが
純粋な沸騰時間はハイカロリーバーナーと比べると見劣りします

ただ
風が強かったりすると安定して使えるアルポットの方が優位
燃焼音も極小
側面も熱くならず、テーブルの上でも気兼ねなく使えます
2017-11-06-21-56-35
アルコールランプから分離させた本体の底面も
熱い所が触れないような構造になっていて、気が利いてます

早朝のコーヒーの際の湯沸し
ご飯は少しでいい

という用途なら

安価なアルコール燃料が使えて風にも強いアルポットは良いですね!


DAIWA版は赤!




おしまい



 


 

2017 12月16日


2006年に営業を停止したARAIリゾートが帰ってくる


韓国のロッテが運営をするようですね
arai
リゾートとしてのサービスの質などはまだ分かりませんが

スキー場のスタイルは
以前のような「オフピステを管理の元、安全に楽しめる」ゲレンデのようです 


いやー嬉しいっすね

リフト終点からハイクアップして
大毛無山山頂から滑るオフピステがまた滑れるなんて垂涎ものです


年越しのキャンプ地からそう遠くないので
お正月の予定にねじ込んでもいいかもね



しかし1日券が6000円ってのは今のご時勢、強気過ぎないですか?

降雪のタイミングと合えば価値はあるとは思いますが・・・


詳しくはHPをご覧ください 



おしまい






 

↑このページのトップヘ